タイ各地?で、プミポン国王陛下を偲ぶ哀悼イベントが開かれています。

10月13日に崩御されたタイ・プミポン国王陛下を偲び、タイ各地では、哀悼のイベントが開かれているようです。

 

22日には、バンコクの”サナームルアン広場”に10万人以上のタイ国民が集まり、”国王賛歌”を繰り返し歌う哀悼イベントがひらかれました。

     ”サナームルアン広場”を埋め尽くす10万人

     以上のタイ国民。

     人々は、手に手に国王陛下の肖像写真(中には

     タイの紙幣)を持ち、国王賛歌を斉唱していました。

25日には、サラブリ市で、タイ文字「9」を人文字で描き、国歌、国王賛歌を斉唱する哀悼イベントが開かれました。

このイベントと同様の式典が、26日朝、バンコク都庁前でも開かれました。

                バンコク都庁前で開かれた哀悼式典。都庁職員、

    都議会議員達により、タイ文字”9”の人文字が描かれ

    ました。

昨夜(27日)は、ここウドンタニーでも同様の国王哀悼イベントが開かれました。(私は体調不調の為、参加はできませんでした。)

これらの哀悼イベントを見るにつけ、改めて、タイ国民の国王陛下に対する崇拝・敬愛心の強さを感じましたね。

コメントをお書きください

コメント: 20
  • #1

    SUZUKI (月曜日, 31 10月 2016 15:51)

    個人的には、どうも、この手の偶像崇拝は苦手ですね。
    日本でも戦前は各家庭に天皇陛下の写真が飾られていましたが、敗戦と同時に一掃され、今では見ることはありません。
    中国や旧共産圏諸国でも偶像崇拝が強制されていましたが、民主化で今はほとんど見られません。
    タイ国も経済的には、発展途上国から中進国へ発展し、若いタイ人を見てると、王室や仏教への畏敬の念が急速に薄れているのを感じます。お寺に参拝に行っても、50代以上(義務教育が6年制だった時代の)の御婦人ばかりで、若い女性を見ることは少ないです。
    貧困が国家体制を揺るがすのをラマ9世が国父として抑圧していた、ということかもしれません。
    今後、ラマ10世の時代になると、王室への崇拝・敬愛心は急速に薄れていきそうです。
    しかし、そういう事態は世界的にはごく普通の状態であり、これまでがやや過剰だった、ということなのかもしれません。

  • #2

    MK (土曜日, 12 11月 2016 16:46)

    NAOさん、こんにちは、お元気でしょうか?
    ブログが更新されてないので………
    プミポン国王は、タイ国民に人気でしたね……
    日本の皇室とも良好だったし……
    只、年末年始 訪タイの組みとしては、
    今年の年末年始は、静かなのかな?…と思ってしまいます。

  • #3

    ガッピィーちゃん (月曜日, 14 11月 2016 19:30)

    こんばんは NAOさん大丈夫ですか? 更新ないと心配です!!
    忙しいのかな? 妻の実家も稲刈りが始まって忙しいとLINEが届きます。

  • #4

    NITTAYO (火曜日, 15 11月 2016 11:47)

    NAOさん

    いつもブログ更新ご苦労様です。

    友人の雑誌記者さんも取材ではなく在日タイ王国大使館に弔問に行きました。私は訳があって行くことが出来ませんでした。
    詳しくはお会い致した時にご説明いたします。

    訪ウドンタニー決定しましたEチケット入手済。12月中旬です!
    もちろんラー王醬油味を持参致しますヨー。お楽しみに!
    でもジンクスでタイに向かうと仕事が追っ掛けてくるいつものパターンがない事を祈るだけです。

  • #5

    ガッピィーちゃん (日曜日, 20 11月 2016 20:30)

    お~~い!!

  • #6

    NAO (水曜日, 23 11月 2016 17:43)

    SUZUKIさん。国王陛下崩御に関するSUZUKIさんのご意見には、>貧困が国家体制云々・・を除いて、大体のところ同意しています。
    ですから、1年後(ラマ10世)のタイ社会がどうなっていくのかが、とても心配ですね。

  • #7

    NAO (水曜日, 23 11月 2016 18:15)

    ガッピーちゃんさん。NITTAYOさん。MKさん。ご心配頂き、ありがとうございます。
    実は、私、9月上旬より、持病の腰痛の悪化と、胸痛に悩まされ、15分とパソコンに向かい、ブログ更新の為、座ってることができません。(少しは良くなっていますが・・)
    ですから、コメントの返信が、できませんでした。
    悪しからず、ご了承のほどお願いいたします。

  • #8

    ガッピィーちゃん (水曜日, 23 11月 2016 19:00)

    そうでしたか、心配してました。

    ミサにNAOさん家探して、確認してもらおうと思ってました。

  • #9

    KAZU (金曜日, 25 11月 2016 09:39)

    NAOさん
    ブログの再開、少し安心しました。

    無理をせずに、腰痛、胸痛と 共存して生きましょう!

    私も、腰痛、時々胸痛 持ちです。

  • #10

    aki (土曜日, 26 11月 2016 21:50)

    ご無沙汰しております。
    最近ブログの更新も飲み会のお誘いもないので、心配しておりました。
    そうですか?
    腰痛と胸痛ですか。
    腰痛は内臓から来る事もありますから、一度精密検査をされてもいいかもしれませんね。
    いずれにせよ、御身体御自愛下さいませ。
    またお会い出来る時を楽しみにしております。

  • #11

    ガッピィー (日曜日, 01 1月 2017 18:27)

    NAOさん あけましておめでとうございます。

    元気ですか?
    今年はウドンタニに帰りますのでとろしくです。

  • #12

    酔っ払い (土曜日, 07 1月 2017 11:01)

    つい今しがた、NAOさんがお亡くなりになったとの連絡を
    受けました。
    謹んでご冥福をお祈り致します。
    在タイ中はお世話になりました。有り難うございました。

  • #13

    KAZU (日曜日, 08 1月 2017 10:22)

    えー!  ほんとにー、、、、、

    信じられない。

  • #14

    HIDE (日曜日, 08 1月 2017 10:53)

    NAOさんが、1月6日朝 お亡くなりになりました。

    ご冥福をお祈りします。

    死因は肺がんで、骨にも移転していたとのこと。

    お葬式は、奥さんの実家のあるノンブアランプー県の村で、明日1月8日執り行われるそうです。

    とりあえず、お知らせします。

             合掌

  • #15

    HIDE (日曜日, 08 1月 2017 11:04)

    訂正

    お葬式は 1月9日{月曜} です。

  • #16

    KAZU (日曜日, 08 1月 2017 11:37)

    あー、 本当だったのですね。

    非常に残念に思います。

    安らかに、お眠り 下さい。

                南無阿弥陀仏

  • #17

    メンカーム (日曜日, 08 1月 2017 11:52)

    息子さんは未だ高校2年生。
    早過ぎますよ。とても残念です。
    ご冥福をお祈りします。

  • #18

    土肥 (日曜日, 08 1月 2017 20:59)

    去年の夏までは、普通に会っていたのに・・・
    言葉になりません。
    ご冥福をお祈りいたします。

  • #19

    ガッピィーちゃん (日曜日, 08 1月 2017 21:31)

    ショックです。
    あんなに元気だったのに肺がんですか。

    本人は病気のこと知っていたんですかね?
    私と会ってるときは一言もそんなこと言ってなかったのに。

    本当にショックです。

    ご冥福をお祈りいたします。

  • #20

    taka (木曜日, 23 3月 2017 15:07)

    ご冥福をお祈りいたします。
    ありがとうございました。合掌