朗報です。年金受給資格期間、10年に短縮=関連法案閣議決定。

9月26日付けの”YAHOO!ニュース”に下記のような朗報というべきニュース記事が掲載されました。

記事の全容を転載しますね。

《年金受給資格期間、10年に短縮=関連法案閣議決定。

 政府は26日の臨時閣議で、年金の受給資格を得るのに必要な

 保険料納付期間を25年から10年に短縮する関連法案を決定

 した。

 

 同日開催の臨時国会に提出、成立すれば、来年10月から支給を

 始める。

   新たに約64万人が年金を受け取れるようになる。

 来年10月に9月分を支給し、それ以降は偶数月に2か月分を

 一括支給。予算は年間約650億円を見込む。

 

 年金受給資格の短縮は消費税率の10%の引き上げと同時に実施

 する予定だった(約2年前)が、引き上げ延期で一時実施が不透

 明になっていた。

 。安倍首相が7月の会見で「無年金問題は喫緊の課題」と表明し

 、実現が決まった。》 以上

これは、年金保険料の支払い期間が25年に満たず、60歳を超えても年金受給できなかった無年金者にとって、たいへんな朗報と

いますね。

未だこの制度の詳細が判りませんから、いったい一個人が受け取れる年金額はいくらぐらいになるのか判りませんが、約64万人の無年金者の人々が、年金を受け取れるのは確実。

たいへん結構なことですね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    メンカーム (土曜日, 01 10月 2016 11:23)

    ナマホより安い年金を理由に、ナマホ拒否の為でしょう。海外在住者は空期間が算入されますから、今回の期間短縮の恩恵を受ける人は少ないでしょう。

  • #2

    NAO (日曜日, 02 10月 2016)

    メンカームさん。コメント投稿、ありがとうございますと言いたいところですが、今回のメンカームさんのコメント、意味不明で、私、殆ど理解できません。したがって、返信コメントは差し控えます。