沖縄米軍基地に反対している沖縄住人の本質・本心?が、判りました。

8月31日に放映された”虎ノ門ニュース”を観て、沖縄米軍基地の存在に反対運動を展開してる沖縄住民?(何故か韓国人もいる)

の反対してる理由、本質が判りました。

”百聞は一見に如かず”,まずは8月31日の”虎ノ門ニュース”をアップしますからご覧になってくださいね。

本ビデオの中盤あたりのコメンテーター・井上和彦氏と、沖縄2紙

(沖縄タイムス、琉球新報)への糾弾活動をしてる我那覇真子さんのSKYPE対談を観ますと、沖縄米軍基地のすべての問題に反対してる沖縄住民?(県外からの抗議活動プロ集団も含めて)の本質がよーく判ります。

何てことない、米軍が沖縄からいなくなると”基地内に所有地を持つ地主の人々(約4万人)の米軍への土地貸付料(日本政府が米軍に成り代わって支払ってる)が入ってこなくなる”、言い換えれば、全て、お金(だけ)の問題なんですね。米軍基地に反対してる沖縄の人々の屈折したこうした”えげつなさ”(「米軍は出て行け」、でも、「出て行かれても困る」のです。)が垣間見えて、面白いです。

 

日本の国防(特に中国からの侵略に対する)を考えると、沖縄は、とても重要な位置にあります。

安倍政権は、様々の沖縄問題に対して、そろそろ大ナタを振るう時期にきているのではないでしょうかね。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    NITTAYO (金曜日, 02 9月 2016 00:37)

    NAOさん

    いつもブログ更新ご苦労様です。

    米海兵隊普天間基地の地主達は辺野古への移転には大反対なのです、日本政府からの土地賃借料が入らなくなり今度は地主に対して固定資産税が課せられるますので(このままが地主にとっては良く、本音は移転しないで!)一時期はグァム島移転の計画がありましたが消えました。在日米軍本部(横田基地内)の基本方針は既得権を手放してはならないと云う通達があり、横浜市内の米海軍根岸住宅及び上瀬谷海軍通信隊内の48戸の住宅を含む返還条件は海軍池子住宅の増設条件です。
    今度お会いする時(12月中旬)にはもっと詳しくお話し致しましょう。マスゴミのいい加減な記事(裏を取って無くて思惑で書いた記事には笑ってしまいました。)

  • #2

    NAO (金曜日, 02 9月 2016 11:20)

    NITTAYOさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    NITTAYOさんは、日本に駐留するアメリカ軍(基地)問題に、たいへんお詳しいですね。
    何故か、日本の左翼マスゴミ(TV・新聞)は、沖縄米軍基地問題には、余り触れず、殆ど報道しません。但し、米軍兵士の犯した失態だけは、ことさら大々的に報道します。
    日本社会を歪めているのは、反日マスゴミ、反日野党(親中の自民議員)、反日ジャーナリスト達です。
    これらの反日勢力により、日本は、変な国になってしまいました。日本の行く末が心配です。

  • #3

    メンカーム (土曜日, 03 9月 2016 08:59)

    どうやったら政府から金を引き出せるかが運動の原点であり、被害者ビジネスでしかありません。そこへ中核派や左派韓国人が入り込んでいる。
    掃き溜めみたいてすね。

  • #4

    NAO (土曜日, 03 9月 2016 10:47)

    メンカームさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    メンカームさんのご意見に、全く、同感です。
    掃き溜めに溜まっている(沖縄の)ゴミ達を、早く掃除してほしいですね。

  • #5

    lanka (土曜日, 03 9月 2016 17:33)

    NAOさん、お久しぶりです。
    虎ノ門ニュース、楽しく見ませてもらいました。

    私は豊見城村(現在は市)に3年住んでいました。
    韓国人の件は知りませんでしたが、軍用地の話は聞いていました。 新聞では出てこなくても県民は知っていますって。
    仕事もしないで、いつも飲み歩いている地主はたくさんいますから。

    ちなみに、地主が申し出ている借地面積の合計は実際の軍用地の土地面積の合計の1.5倍だとか。 借地面積の水増しは当たり前。

    ウドンに行くことがあれば、また連絡しますね! じゃ。

  • #6

    SAITOH (日曜日, 04 9月 2016 01:34)

    久しぶりに拝見致しました。沖縄の問題は本当にこまったものです。過去にフィリピンでも基地反対のデモがありそれに乗じて?フィリピン政府が基地使用料を一気に倍額要求を出して米国から金を引き出そうとした所でピナツボ火山の墳火があり、基地の修復費用が甚大との理由でまさかの米軍撤退。東洋最大の基地を手放すとは誰も思わなかったですから。クラーク、スービックの両基地共に無くなった結果、フィリピンの基地商売は破たん、おまけに狙い定めたように中国が海洋進出。
    こんなことが沖縄にも起こらないとも限りません。そうなった時は沖縄のズラ知事はどうするのですかね。

  • #7

    NAO (日曜日, 04 9月 2016 10:56)

    lankaさん。コメントありがとうございます。
    本当にお久しぶりですね(3か月ぶり?)。
    沖縄の米軍基地問題。沖縄住民の基地ビジネスの実態は、酷いもんですね。本来の目的(米軍基地撤退)から離れ、それを理由に日本政府への”ゆすり”、”たかり”を繰り返すだけ。
    日本政府からの沖縄振興開発費は、年間で3000億円だそうです。安倍政権は、思い切って半分ぐらいに値切ったらどうでしょうか?(できませんが)

  • #8

    NAO (日曜日, 04 9月 2016 11:26)

    SAITOHさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    ”米軍基地撤廃”は、お題目だけ。沖縄住民(基地内地主達)の本心は、基地の土地貸付料を永続的に得ること一点です。
    沖縄には、フィリピンのようなことは、起こりえませんから、
    安倍政権は、強引に”普天間基地を辺野古基地へ移転”し、普天間基地の大部分を米軍から返還してもらうようにしたら?と思います。そうなれば、普天間基地の大部分は空き地同然。政府は
    莫大な基地借地料を(立て替えて)地主達に支払はなくて済みます。これ現実的な解決方法では?