2016年

8月

30日

タイ軍政首相、世論調査で高い支持。

先日、タイ軍政府による新憲法草案の是非を問う国民投票が、実施

され、約60%の賛成を得、可決されました。

その結果を受けてか、このほどタイ軍政首相についてのアンケート調査(世論調査)が行われました。以下、”newsclip.be"誌からの引用です。

《タイ軍政首相、国立大学調査でも高い支持。

 タイ国立ラーチャパット大学スアンドゥシット校が22-27日

 に行った世論調査(回答者1293人)でも、8月に就任2年目

 を迎えたプラユット首相(元陸軍司令官)がタイ国民の間で高い

 支持を集めていることが明らかになった。

 

 首相に対する信頼について、26%が「非常に信頼」、46%が

 「相当に信頼」と肯定的に評価した。「あまり信頼していない」

 は19%、「全く信頼していない」は8%だった。

 

 国立カセサート大学が、このほど実施した世論調査(回答者数

 4000人)では、首相の仕事ぶりに対する評価が、10点満点

 で平均6、65点だった。半年前の5,75から上昇した。

 

 タイ国立開発行政研究院(NIDA)が15ー18日に実施した世論

 調査(回答者数1250人)では、首相の仕事ぶりについて、

 42,4%が「非常によくやってる」、45,2%が「よく

 やってる」と肯定的に評価。

 私立バンコク大学が15-18日に実施した世論調査(回答者数

 1197人)では、首相の仕事ぶりに対する評価が、10点満点

 で平均7,57点だった。》

 

概ね、タイ・プラユット首相に対するタイ国民の評価はとても高い

ですね。

汚職・不正政治断絶、麻薬・覚醒剤事件撲滅などへの取り組みが、相当評価されての結果だと思いますね。

今憲法案の可決を受けて、軍政政治が、今後5年間は続く見通し

だそうです。タイ社会は安定というところでしょうか。