リオ五輪14日目の日本選手の活躍ぶり。

リオ五輪14日目の日本選手の活躍ぶりを、お伝えします。

 

・レスリング女子53キロ級で、金メダル(五輪4連覇)を目指し

 ていた吉田沙保里選手は、決勝戦で惜しくもアメリカ選手に敗れ

 銀メダル獲得。残念ですが、吉田選手よくやりましたね。

・バドミントン女子ダブルス決勝で、高橋麗華・松友美佐紀組が

 デンマーク組を破り、日本バドミントン界初の金メダルを獲得

 しました。大快挙でーす!

・同じくバドミントン女子シングルスで、奥原希望が3位決定戦で

 相手(中国選手)が棄権した為、銅メダルを獲得した。

・レスリング女子63キロ級で、川井梨紗子選手が、圧倒的強さで

 優勝。見事、金メダルを獲得しました。これもスバラシーイ!

    五輪4連覇は逃したが、銀メダルを獲得した

    女子レスリング53キロ級の吉田沙保里選手(左)

    バトミントン女子ダブルス決勝で、デンマーク組を

    破り、見事、金メダルを獲得した高橋麗華・松友美佐紀。

    日本バドミントン界に初の金メダルをもたらしました。

    大快挙です!

    バドミントン女子シングルスで、銅メダルを獲得

    した奥原希望選手。良かったですね。

    レスリング女子63キロ級で、圧倒的強さを発揮し

    見事、金メダルに輝いた川井梨紗子選手。

リオ五輪14日目までに日本が獲得したメダル数は、金12個・

銀6個・銅19個です。