2016年

8月

17日

百田尚樹著”カエルの楽園”を読みました。

以前から読みたいと思ってた、百田尚樹著”カエルの楽園”が手に入り、昨日と今日で、一気に読破しました。

この”カエルの楽園”。現在、日本が晒されている中国からの侵略の脅威を題材にし、パロディー化(日本を”カエルの楽園”としてる)した小説です。言わば、日本の近い将来の姿を予言する書と言っても良いかと思います。かなり、悲観的な結末(カエルの楽園消滅)になっています。

 

中国からの、”尖閣諸島”へのあからさまな侵略(領海・領空侵犯)に対して、日本政府は「遺憾の意」を中国に伝えるだけ。

沖縄諸島への侵略も近いと思います。

こんなことしかできない、何の抵抗もしない日本は、近い将来、中国に乗っ取られてしまうでしょう。”カエルの楽園”同様、日本消滅です。

日本政府のヘタレさには、呆れています。

 

この”カエルの楽園”。お読みになりたい方は、ご一報を。いつでもお貸しします。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    メンカーム (水曜日, 17 8月 2016 00:52)

    タイの新憲法を民主的ではないと米国は批判しましたが、
    日本は米国が作った憲法を国民投票をすることもなく
    ずっと使い続けてます。
    他国の憲法に関与するのは国際法違反であり、
    こんな非民主的な作られ方をした憲法は無いでしょう。
    早期に憲法を改正し、国の守りをしっかりした物にするべきです。

  • #2

    KAZU (水曜日, 17 8月 2016 10:39)

    NAOさん おはようございます
    日本の将来に、とても不安を感じています。
    尖閣諸島の対応にも、あまりにも 腰抜け 。
    自分の国は自分で守るのは、当たり前。
    いつまでもアメリカは、傘は貸してはくれないでしょう。
    28日にウドンに行く予定なので、もし良ければ カエルの楽園 を
    貸していただければ幸いです。

  • #3

    NAO (水曜日, 17 8月 2016 10:40)

    メンカームさん。又もやのコメント投稿ありがとうございます。
    言わば、米国から押し付けられたのが、今の日本の憲法。
    米国の狙いは、日本を”非武装の国”にし、二度と戦争のできない国にしたのです。
    戦後70年以上経った現在、国際情勢は、大きく変化しました。
    日本は、隣国の中国(日本侵略)・北朝鮮(核実験・ミサイル連射)・韓国(慰安婦問題)から、大きな脅威を受けています。
    これらの国から日本を守る、言わば”国防”の手段を日本は、全く持っていません。憲法9条がある為です。
    国防(領土・領海、日本人の命、財産、生活を守る)ができない憲法なんて、一刻も早く改正すべきです。
    憲法改正が、遅れれば遅れるほど、中国・北朝鮮などの脅威が増大します。特に、中国に日本が乗っ取られるかも・・。

  • #4

    NAO (水曜日, 17 8月 2016 10:58)

    KAZUさん。又のコメント投稿、ありがとうございます。
    中国船(100数十隻)による尖閣諸島の領海侵犯。北朝鮮の
    秋田(沖)へ向けてのミサイル発射。最早、戦争状態です。
    これに対し、日本(政府)は、対抗措置も手段も何にもやっていません。何にもできないんです。日本政府が、こんなヘタレとは思いませんでした。
    KAZUさんが、ウドンに来られたら、”カエルの楽園”お貸しします。

  • #5

    橋元 (水曜日, 17 8月 2016 14:37)

    中国のちょっかいに対し、日本政府は抗議していますよ。
    何もしていないわけじゃない!
    日本政府の対応がへタレなんて思いません。
    それじゃ、具体的に、日本政府がどのように対応すべきなんでしょうか?中国の漁船(海軍)にミサイルでも撃ち込みますか?
    中国のちょっかい(脅し)に乗っちゃいけないのですよ。

    日本の憲法改正は当然のことですが、日本国民は永年の惰眠を貪るばかりで、現状維持に固執しています。
    日本が真の独立国になるには憲法改正が必須ですが、平和ボケの国民が多過ぎて、安倍ちゃんは悩んでいます。

    タイの新憲法はグローバルスタンダードからはかけ離れています。
    民主化前のミャンマーの憲法と同じです。
    軍部が首相を指名できる憲法なんて、まあ、先進国から見たらお笑い草です。
    まあ、タイなんて発展途上国だから仕様がねーな!ってとこでしょう。

    百田尚樹という作家(?デマゴーグ?)は、体質的に受け付けません。東京都知事選で落選した田母上俊雄と同じで、「保守派」の面汚しです。こういうエキセントリックな連中(ネット右翼)がいるから、憲法改正派のイメージが悪くなるのです。

  • #6

    NAO (水曜日, 17 8月 2016 19:16)

    橋元さん。橋元さんのご意見は、どれもこれも、私の見解と真反対ですね。
    ここで議論し合うつもりは、全くありませんので、とりあえず
    橋元さんのご意見を承っておきます。

  • #7

    MK (木曜日, 18 8月 2016 16:00)

    こんにちは、カエルの楽園は、まだ読んでいません…
    今一番読みたい本のひとつです。…今日にでも買って帰るかな?
    「近くだったら、借りに行くのに……(^_^)…笑」
    今の日本は隣国を助けて、国は滅びる状況です……(もう100万人以上のシナ人が居ますし、外国人生活保護の6割は朝鮮人です。)
    いつ迄こんな馬鹿なことを続けるのか?
    そんな事がつい最近15日にもありましたね…従軍慰安婦の嘘!
    に10億を速やかに拠出…と岸田外務大臣が言った矢先に、
    終戦の日15日に竹島へ基地外南朝鮮の国会議員の上陸です。
    若者は、そんなバカじゃないような気がしますが……
    反日日教組に教えられた世代…は、平和ボケの極みだと思います
    日本を中から破壊する日本共産党をはじめとする野党…
    憲法改正は、一刻も早く実施すべきですね〜〜
    (シナと朝鮮は、日本は何もできないと承知な為やりたい放題です…)…ご承知のように脱亜論で福沢諭吉がのべています
    価値観を共有できない国ですし遺憾なんて言っても…
    聞く耳なんか持っていませんしね〜〜
    「シナは、日本を日本自治区にする事が目的です」
    インドネシアのスシ水産大臣の様に領海侵犯漁船は拿捕…
    して撃沈する…宣言すればいいのです。
    「外務省を伏魔殿と言った過去の人がいますが、無意味な遺憾砲しかできない外務省はそれだけ中から汚染(シナ&朝鮮)されているのでしょう……除鮮…除シナは、もう手遅れかもしれません…
    あのカルト教団創価学会系のキャリアが食い込んでいるので…」
    不思議な事がありますが、
    領海侵犯に対して左巻きの人達は黙り……ですね〜
    日本の中に日本を破壊しよう企む連中が多い事に驚きます。

  • #8

    NAO (木曜日, 18 8月 2016 23:20)

    MKさん。本ブログへのコメント投稿ありがとうございます。
    MKさんのご意見に、全面的に共感しています。
    中国船・戦闘機の尖閣の領空・領海における挑発行為、北朝鮮が秋田沖にミサイル発射、竹島へ韓国国会議員10名の上陸など。今の安倍政権(岸田外務大臣)は、それらの日本侵略行為に対して、何の具体的行動(自衛隊出動など)は一切行わず、ただ口頭で「遺憾の意」を言うのみ。安倍政権は、ヘタレそのものです。大体安倍政権は、何が怖くて中国や北朝鮮、韓国へ強硬手段が取れないのでしょう。日本が危機に陥ってるのに・・です。