2016年

8月

13日

リオ五輪8日目の日本選手の活躍。その6

リオ五輪、8日目の日本選手の活躍ぶりをお伝えします。

 

・柔道男子100キロ超級で、日本の原沢久喜選手は、決勝で

 惜しくも敗れたが、銀メダル獲得。

 これで、今五輪、柔道男子選手は全員メダル(7階級)を獲得。

・テニスの錦織選手は、準々決勝戦を勝ち上がり、初の4強入り。

 日本勢96年ぶりのメダル獲得へ、あと1勝に迫った。

・柔道女子78キロ超級で、山部佳苗選手が、銅メダル獲得。

 日本の女子柔道も強いですね。

    柔道男子100キロ超級の決勝戦で惜しくも敗れたが、

    銀メダルを獲得した原沢久喜選手(右)。

    柔道女子78キロ超級で、銅メダルを獲得した

    山部佳苗選手。日本の女子柔道も強いですね~!

リオ五輪8日目までの日本が獲得したメダル数は、金7、銀3、

銅14です。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    JK (土曜日, 13 8月 2016 20:30)

    お疲れ様です、
    リオオリンピック柔道メダルいっぱい
    しかしどのスポーツも日本活躍でうれしいです

  • #2

    NAO (日曜日, 14 8月 2016 20:56)

    JKさん。ブログコメントありがとうございます。
    これまで行われた競技は、日本が比較的得意とする柔道、競泳、体操などでしたので、メダルラッシュとなりました。
    後半は、陸上競技など、メダルが期待される種目は少ないように思います。今日までのようなふうには行かないのでは?と思います。

  • #3

    KAZU (月曜日, 15 8月 2016 09:47)

    NAOさん おはようございます
    前半のメダルダッシュ、大変 感動しました。
    後半は、卓球の団体戦 男女、 レスリング女子、 バトミントン、
    等でしょうか?

  • #4

    NAO (月曜日, 15 8月 2016 11:32)

    KAZUさん。コメント投稿、ありがとうございます。
    リオ五輪10日目(昨日)。テニス(男子シングルス)の錦織が銅メダル、レスリング(グレコ)の太田が銀メダル。
    まだまだ行けそうですね。