リオ五輪、日本選手の活躍。その4

リオ五輪6日目の日本選手の活躍をお伝えします。

 

・体操男子個人総合で、内村航平選手が優勝・金メダル獲得。

 内村選手は、同種目でロンドン大会から2連覇。スバラシイ!

・柔道男子90キロ級で、ベイカー茉秋(ましゅう)選手が、優勝

 。金メダルを獲得した。  

 ・柔道女子70キロ級で、田知本選手が、悲願の金メダル。

・卓球女子シングルスで、福原愛選手が、惜しくも4位。メダルを

 逃しました。

・競泳女子200メートルバタフライで、星奈津美選手が銅メダル

 獲得

    体操男子総合で、2連覇を成し遂げた内村航平選手

    柔道男子90キロ級で、金メダルを獲得した

    ベイカー茉秋選手。

    柔道女子70キロ級で、悲願の金メダルを獲得した

    田知本選手。

    女子200メートルバタフライで、銅メダルを

    獲得した星奈津美選手。

第6日目までに、日本選手が獲得したメダルは、金6個、銀1個、

銅11個です。

日本選手大健闘ですね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MK (金曜日, 12 8月 2016 15:00)

    こんにちは、リオオリンピック…
    日本勢好調ですね〜〜柔道…水泳…体操…
    真逆の魔物も潜んでいましたが…フェンシング…他
    内村選手は、私と生まれが同じ県人会なので…
    長崎の誇りです……
    いずれにしても今後の日本人選手…
    タイの選手の活躍を祈りたいです〜…

  • #2

    NAO (金曜日, 12 8月 2016 17:06)

    MKさん。ブログへのコメント投稿ありがとうございます。
    日本選手の、連日のメダル獲得は、すばらしいですね。
    タイの選手は、未確認ですが、男・女ウェートリフティングで、金メダル2個と銅メダル1個を獲得しているようです。
    日本・タイの選手のガンバリは、相当のものです。
    今後も、健闘して行ってもらいたいですね。