リオ五輪日本人選手の活躍 その2

リオ五輪。大会3日・4日目の日本選手の活躍をお伝えします。

・柔道男子66キロ級で、海老沼匡が銅メダル獲得。

・柔道女子52キロ級で、中村美里が銅メダル。

 

・体操男子団体総合で日本チームが、悲願の金メダル獲得。

・柔道男子73キロ級で、大野将平が金メダル獲得。

・柔道女子57キロ級で、松本薫が銅メダル獲得。

 

大会4日目までに日本は、金メダル3個、銅メダル7個を獲得しました。

日本選手達、たいへん頑張っています。

    体操男子団体総合で、金メダルを獲得した日本チーム。

    おめでとうございます。

    柔道男子73キロ級で優勝した大野将平選手(上)。

    素晴らしい!

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    JK (火曜日, 09 8月 2016 14:51)

    お疲れ様です、
    やりました柔道やっと金ですね
    銅、銅ときて金、井上監督もホッとしてるでしょう
    体操も強いですね

  • #2

    NAO (火曜日, 09 8月 2016 16:15)

    JKさん。又ものコメント投稿、ありがとうございます。
    柔道、大野将平は、優勝までのすべての試合が一本勝ち、圧倒的な強さでした。”これぞ日本柔道”というモノを見せつけてくれました。やったー!と感じています。