2016年

6月

14日

昨日、”ウドンタニーイミグレーション”に行きました。

昨日(6月13日)、ひと月前、申請しときました”リタイアメントビザ”をイミグレーションにとりに行ってきました。

月曜日なので、ビザ取得の人々で混んでいるかな?と思いましたが、イミグレのドアを開けて中を見たら、ガラガラ。ビザ取得の人は、一人しかいませんでした。

私、直ぐ、番号札とパスポートを係官に提出。7,8分後に来年のビザ期限のスタンプが押されたリタイアメントビザをもらうことができました。

     ここがウドンタニー街中にある”イミグレーション

     です。

 

このリタイアメントビザの取得手続きと取得。一年に一回とは言え、いろいろ気を使うことも多く、面倒くさいことこのうえないですね。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    Look East (木曜日, 23 6月 2016 13:12)

    ロングステイビザの有効期間ですが、タイ国は1年と短いので面倒ですね。
    しかし、ウドンタニのイミグレのように、当日ブラッと行って、すぐにビザが給付されるのは恵まれていますよ。
    チェンマイなんて、予約なしで行く場合、早朝の3時頃から行かないと、当日に受け付けて貰えませんから。全く馬鹿げてますが、小役人には勝てません。
    隣国の、ロングステイ人気No.1のマレーシアのビザは、有効期間が10年と長いのが魅力です。
    しかし、日本の銀行預金が1000万円以上、月収が30万円以上、マレーシアの銀行預金が450万円以上・・・・条件が厳しくなっています。
    このビザ(MM2H)を取れば、不動産が日本人名義で買えたりとか、特典も多いです。(しかし、外国人が買える不動産は3000万円以上という制限があります)
    http://www.step1malaysia.com/mm2h.html

  • #2

    NAO (木曜日, 23 6月 2016 20:08)

    Look Fastさん。初めてのコメント投稿ですね。ありがとうございます。
    でも、今回のLooK Fastさんのコメントには、大きな間違い、認識違いがあります。ウドンでもチェンマイのイミグレでのビザに関する取り扱い(取得条件、必要書類など)は同じだと思います。
    ビザの取得は、申請日当日、即、できる訳ではありません。
    実際の取得は、申請日から1か月後です。イミグレの指定日に取に行くのです。悪しからず、ご了解のほどを。

  • #3

    Look EAST (金曜日, 24 6月 2016 08:29)

    いやー、言いたかったのは、ウドンタニのイミグレでは、待ち時間なしで受け付けができる、ということですよ。
    当然ながら、ビザ申請の必要書類は基本的に、どのイミグレーションも同じです。
    実際の取得(ビザ給付)はイミグレーションによって違いますね。
    パタヤあたりでは、申請日翌日に受領のようです。

  • #4

    NAO (金曜日, 24 6月 2016 13:11)

    Look Eastさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    Look Eastの言い分、よくわかりました。了解しました。