2016年

5月

08日

エライ目に遭いました。

5月6日、エライ目に遭いました。

午後4時半頃、突然のごとく大雨(雷雨)と強い風。間もなく、お決まりの”停電”。この大雨と強風は、40分くらいで収まりましたが、”停電”の方は、一向に回復する気配がありません。

そのうち暗くなってくるし、電気がダメなので、エアコン、扇風機は使えず

シャワーも浴びることもできません(水が出ない)。

蝋燭を頼りに、何とか夕食は食べられましたが、その後は、何もできません。じっと電灯が点くのを待つのみでした。

寝る時間になっても暑くて、とても眠れません。途中、何回も目を覚ましてしまいました。

電気が回復したのは、翌朝の7時半。何と延々15時間に及ぶ”大停電”。

こんなことは、タイへ来て以来、初めての経験です。

 

7日の午後、同じウドン在住の友人達に電話したところ、実際に、”停電被害”以外に、被害を受けた友人もいました。

ウドン街中で、電柱が10本くらい倒れているのを目撃した友人もいました。

我が家の周りでは、目立った被害はありませんでした。

我が家の具体的被害は、WiFiシステムの故障(インターネットにアクセス不可)、ケーブルTVの故障(ケーブル断線?)に留まりました。

まあ、それにしても酷い目に遭いました。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    JOSAN (日曜日, 08 5月 2016 13:24)

    NAOさん我が家は6日の17時から暴風と豪雨に逢い、翌日の7日の18時まで近所は25時間停電で暑くて参りました。
    そして暑さ凌ぎにロータスに行く途中で、2号線のバイパスの家々が暴風の被害に逢い、屋根が飛び家が壊れた多数の家を見ました。
    他には建設中のビルが壊れ、大きな広告塔が倒れ電信柱が曲がる被害が数箇所に有りました。
    ロータスの前の通りの電信柱も、10本以上暴風でなぎ倒され全滅して居て近所の住宅は停電して居ました、こんな被害はウドンに11年住んで居ますが初めてです。

  • #2

    HIDE (日曜日, 08 5月 2016 19:16)

    おやおや、大変でしたね。

    8日・昼の「3ch全国ニュース」で報道されていました。

    ウドン病院の鉄骨とパネルでの構造物が全壊していて、軍隊が復旧に出動している映像が放映されていました。

    また、ランシナー方面でも被害があったそうです。

    50km離れたノンカイでは、影響はなにもありません。

  • #3

    NAO (日曜日, 08 5月 2016 21:22)

    HIDEさん。毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    イヤ~本当に酷い目にあいました。
    電気は、翌朝7時半に回復。WiFiとケーブルTVは、本日(8日)午前中までに機能回復しました。
    でも、大雨が降ったにも拘わらず、今日、日中は、とても暑いです。
    猛暑は回復しなくても良いんですが・・。

  • #4

    NAO (日曜日, 08 5月 2016 21:34)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    JOSANさんのお宅の近所では、25時間の停電。たいへんでしたね。
    又、電柱が何本も倒れたり、屋根が倒壊する家があったりと・・その被害の大きさにはビックリしました。
    我が家から、それほど離れてない処での大きな被害。これにも驚きました。
    JOSANさんは、明日から日本へ一時帰国。ウドンの猛暑から逃れられるだけでも、羨ましいです。
    気をつけて行ってくださいね。

  • #5

    MK (月曜日, 09 5月 2016 04:54)

    長い停電…大変なでしたね…
    これも異常気象ですかね…
    日本では考えられない停電の長さですね…
    日本もこの時期にしては、何時もより暑いような?
    新緑で心地よい季節なんですが…

  • #6

    NAO (月曜日, 09 5月 2016 10:33)

    MKさん。又もやのコメント投稿、ありがとうございます。
    停電、長くって、ホント参りました。こんな長い停電は初めてですが、
    タイでは停電は比較的、よくあります。送電・配電システムがお粗末なせいか、大雨や強風が吹くと、停電になりやすいんです。
    タイのインフラは、日本のそれより50年は遅れていると思いますね。