今年の”ソンクラン〝期間中の交通事故、やっぱりな~という感じです。

4月16日付けの”バンコク週報”に下記のような記事が掲載されてましたので、お伝えしますネ。

 

《タイ正月期間中、交通事故死急増で棺桶屋が大忙し。

 ピアサコン保健相は4月15日、ソンクラン(タイ正月)祭の期間中(4月

 11-15日)に合計1万8360人が交通事故で負傷して医療機関で医

 療を受けたと発表した。

 このうち32%は飲酒運転絡みの事故での負傷で、1654人は重傷と

 いう。

 同期間中、交通事故による死亡者は273人だった。

 

 バンコクの北隣パトゥムタニ県のラムルークカー郡に作業場を構える

 棺製造業者によれば、アユタヤ、サラブリ、ナコンパトム、スパンブリに

 棺を卸し、病院にも販売しているが、ソンクラン祭の期間中は、毎年

 注文が大幅に増えるという。》 以上

 

毎年、ソンクラン期間中に交通事故で亡くなる人数は、約250人~300人以上です。

今年も例年通り、交通事故死者数は273人。やっぱりな~という感じです。事故原因の多くは飲酒運転によるものです。

毎年この時期(近くに)になると、警察は、飲酒運転者摘発に力を入れますが、その効果(事故死者の減少)はサッパリのようです。

もう如何しようもありませんね。

 

(追伸)

4月19日の”バンコク週報”が伝えるところによると、4月11日から17日

までに起きた交通事故件数は、タイ全国で3447件。死亡者数は442人、負傷者数は3656人。

近年稀に見る事故死亡者の数。驚きました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MK (水曜日, 20 4月 2016 06:44)

    一週間で、442人も死亡者がでるなんて…
    飲酒運転恐るべし〜日本は飲酒運転は厳しくなりましたから
    考えらてない人数ですね…
    タイも飲酒運転には厳しく対処してもらいたいですね…
    安全第一…

  • #2

    NAO (日曜日, 24 4月 2016 22:06)

    MKさん。又またのコメント投稿、ありがとうございます。
    今年は、ソンクラン前から、警察が飲酒運転などの交通取り締まりを
    厳しく行っていました。にも拘わらず、ソンクラン期間中の交通事故死亡者数は、近年稀にみる多さでした。
    タイ人の”マイペンライ”精神もここまで来ると、もう度を越していて異常としか思えませんネ。如何しようもありません。