”八本松ラーメン”で”飲み会”を開きました。

昨日(4月2日)、ひと月ぶりに”飲み会”を開きました。

場所は、前回と同じ”ウドンイミグレーション”近くの”八本松ラーメンです。

今回の”飲み会”参加者は、全部で8名。この日数か月ぶりに雨が降り、参加者が少ないのでは?と心配しましたが、8名の参加があり良かったです。

どなたも穏やかな性格、実直な方ばかりで、中身の濃い話がたくさんできましたね。

実体験に基ずく”ビザ取得の話”。(日本語教師の方がいましたので)”学校に関する話。自分の家庭(家族)の話などなど。

皆さん、冗談も交え、楽しいおしゃべりが続きました。

 

この日も”八本松ラーメン”は、我々を含め、ウドンの人々で、盛況でした。

余りお店のロケーションが良いとは言えないこの店で、この客入り。

如何してなんでしょうかね?ホントの和食味のせいですかね?メニュー価格の手頃感ですかね?それとも日本の居酒屋風雰囲気の良さ?

私には判りません。

     店の奥から入口に向かって撮りました。手前に、

     我々、飲み会のメンバー8人がいます。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    KYO (水曜日, 06 4月 2016 04:36)

    Naoさんいつもブログ更新ご苦労様です。
     八本松ラーメンが人気がある理由の一つはタイでは珍しい静寂な店内の雰囲気にあるように思えます。
     さて唐突ですが小生は最近ある書物の中でウィシン・インタサラというタイ人の書いた文章が引用されていて、その内容が気に入っているのですが、この名前を聞いたことはありませんか?
     人生訓のような文章なのでおそらく宗教家か思想家だと思います。誰か知っている人がいればせめて正しい名前のスペルとか教えて欲しいのですが・・・

  • #2

    NAO (水曜日, 06 4月 2016 10:10)

    KYOさん。毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    タイ人で、名前が”ウィシン・インタサラ”?知りませんね~。
    全く聞いたこともありません。スイマセン。