2016年

3月

04日

タイの経済は、相変わらず低迷し続けています。

ここ一両日の”バンコク週報”、”newsclip.be誌”に掲載された”タイ経済情報”をお伝えします。

 

《 ・商業省発表。消費者物価が14カ月連続で下落。

 ・消費者信頼感指数が、1月・2月と連続で下落。

  下落の原因は、国内経済と世界経済の先行き不透明感、輸出の落ち

  込み、原油の値下がり、干ばつの影響。

 ・工業経済室によれば、工業生産指数(MPI)は、今年1月は、3、3%

 の下落。1月の指数は107,51ポイント、前年同期は111,18ポイン

 トだった。

 ・1月の輸出が大きく減少。13か月連続で輸出減。

  1月の輸出の内訳は、農産物と農業関連品が4,1%の減少。工業製

  品が8,5%の減少となっている。

 ・今年第一四半期(1月~3月)の自動車生産、及び、販売台数が前年

  同期をそれぞれ14%、22,6%下回るとの見通し。

  尚、1月の新車販売は、前年同期比で乗用車が30%、SUV(スポー

  ツタイプ)が20,7%、ピックアップトラックが8,3%の減少となった。》

 

発表された、各タイ経済指標を見ますと、タイ経済の低迷、タイ社会の不景気感(デフレ社会)がよく判りますね。

それでも昨年のタイ経済成長率(GDP)は、2,8%。多分に、原油安と観光収入に助けられているのでは?

ウドン街中に行きますと、新築のアパート建設が行われていたり、新規のレストランが出来ていたりします。

今年のタイ経済は、どう展開していきますでしょうか。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    メンカーム (土曜日, 05 3月 2016 22:14)

    一昨年は大手の設備投資が続き、
    1年空けて今年は中小がやってますね。
    輸出が低迷しているからか
    バンコクがパッとしませんが
    コンケンやウドンは元気です。
    土地の値下がりは聞かないし、
    内需は堅調なのでしょうね。
    ウドンの新店情報です。
    ラシヌー女子校の裏。
    元Mrすしから少し西側に
    日本語で「Tステーキ」と看板が出た店が出来てます。
    「うどん」「焼きそば」と書いた暖簾も掛かってますが、
    日本食があるかは不明です。

  • #2

    NAO (土曜日, 05 3月 2016 22:49)

    メンカームさん。又のコメント投稿、ありがとうございます。
    ウドンの和食店情報も、ありがとうございます。余り、元Mr方面へは、行きませんが、機会がありましたら、その”Tステーキ”なるお店に行ってみようかと思っています。