2016年

2月

20日

昨日から、ノーンブアランプー市・バンラッ村に来ています。

昨日から、カミさんの故郷・ノーンブアランプー市バンラッ村に来ています。来たのはバンラッ村のお寺(カミさんの菩提寺?)の改装(完成)が終わり、そのお祝いのお祭り(4日間)、及び記念イベント(2日間連続の”モラームショー”)があったからです。

今日は、そのお祭りの様子だけをお伝えします。(”モラームショー”観覧のことは後日書き込みします、)

 

朝、眠たい目をこすり、朝食を食べた後、親戚の家から直ぐ近くの新装なったバンラッ寺に、お祭りの様子を見に行ってきました。

思っていたより、大きなお祭りで参拝客も多く、賑やかなお祭りでした。

 

       改築、新装なったバンラッ寺(本堂?)です。

       タンブン?の意味か、お寺の本堂の周りは、白い紐が、

       縦横無尽に張り巡らされていました。

      タンブンするカミさん。私もしました。托鉢を受ける人形

      のお坊さんが、ちょっと滑稽ですね。

      鉦・太鼓を打ち鳴らし、手に手に供え物を持って、本堂

      の周りを行進する参拝の人々です。

      これもタンブンのひとつです。

      境内では、飲食物が無料で振舞われ、そこには参拝客

      が大勢群がっていました。勿論、私達も食べました。

バンラッ村は小さな村ですが、そこでのお寺のお祭りの村民の皆さん

の力の入れ様はたいへんなものです。

村あげてのお祭りという感じで、村民の皆さんがそれぞれ役目を決めて、寺内で働いていました。

こういう光景を見るのは、ホント久しぶりでした。

昔、私が幼少だった頃の田舎(日本の)の村祭りを思い出しました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    JOSAN (日曜日, 21 2月 2016 08:32)

    白い紐がお寺に縦横無尽に張り巡らされて居るのは、新しい本堂の厄除け、魔除けの為の聖なる白い糸なのです。私の村のお寺の本堂の改装工事の時も、お寺の本堂から村中の家々にこの聖なる白い糸が回され、それぞれの家を取り巻かれて、村中が厄除け魔除けされました。

  • #2

    NAO (日曜日, 21 2月 2016 11:26)

    JOSANさん。又のコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですか、あの白い紐には、厄除け、魔除けの意味があるのですか。
    そういえば。義弟、義妹の家が新築された時も、家の周りには、あの白い紐が張り巡らされていましたっけ。
    JOSANさん、”白い紐”の意味、教えていただきありがとうございました。