”汚職指数、タイは168カ国・地域中76位。日本は18位”だそうです。

今年も、ドイツ・ベルリンにある国際NGOから、世界各国の”汚職指数が発表されました。

その記事内容を、1月28日付けの”newsclip.be"誌から、掻い摘んでお伝えします。

 

《汚職指数、タイは168カ国・地域中76位。

 国際NGO(非政府組織)トランスペアレンシーインターナショナル(TI、

 本部ベルリン)が、各国・地域の汚職の度合いを数値化した「腐敗認識

 指数(CPI)」の2015年版で、タイは調査対象の168カ国・地域中76位

 だった。

 腐敗とは「与えられた職権を乱用して私的利益を得ること」というTIの定

 義に基づき、各国の公務員、政治家などが賄賂などの不正行為に応じ

 るかどうかを調べた。CPIは100点満点で、点数が低いほど腐敗が激し

 い。

 

 もっとも清廉とされたのはデンマークで91点だった。以下、2位フィンラ

 ンド(90点)、3位スウェーデン(89点)、4位ニュージーランド(88点)、

 5位オランダ(87点)。

 

 主要国とアジア諸国・地域では8位シンガポール(85点)、9位カナダ

 (83点)、10位ドイツ、英国(81点)、13位オーストラリア(79点)、16位

 アメリカ(76点)、日本は香港と並んでの18位(75点)です。

 (以下順位省略)

 37位韓国(56点)、76位タイ、インド、ブラジル(38点)、83位中国(37点

 )、119位ロシア。

 最下位は北朝鮮とソマリアで(8点)。》以上です。

 

この”汚職指数調査”。毎年実施されてるようですね。

この種の調査を実施してるのは、ユーロ各国のシンクタンク?です。

ですから、ユーロ諸国に対する見方が甘いのでは?、当調査でも5位までユーロ諸国(ニュージランドを除く)が占めています。

 

ですが、日本の18位。時々政治家の汚職がありますが、まあまあこんなランクですかね。

タイの76位は妥当ですかね?

タイは、上から下まで、賄賂蔓延社会。最近は軍政府が、政治家、公務員に対する綱紀粛正など賄賂撲滅に励んでるように聞こえてきますが、その効果はまだまだ。タイのランクは、大分、甘いランク付けだと思います。