2015年の訪日外国人47%増、過去最高の1974万人。東南アジア6カ国で200万人超え。

1月20付けの”newsclip.be"誌に掲載された、下記のニュースをお届けします。

 

《15年の訪日外国人47%増、過去最高の1974万人。東南ア6カ国で

 200万人超。

 

 日本政府観光局(JNTO)によると、2015年に日本を訪れた外国人

 (推計値)は、前年比47・1%増の1973万7400人で、過去最高だっ

 た2014年を600万人以上上回った。伸び率はJNTOが統計を取り

 始めた1964年以降で最大。

 クルーズ船の寄港増加、航空路線の拡大、航空運賃の低下、円安、

 ビザの緩和などが外国人旅行者の急増を後押しした。

 (中略)

 2015年に訪日旅行者が多かったのは順に▼中国499万3800人

 (前年比107・3%増)▼韓国400万2100人(同45・3%増)

 ▼台湾367万7100人(同29・9%増)▼香港152万4300人(同64・

  6%増)▼米国103万3200人(同15・9%増)▼タイ79万6700人

  (同21・2%増)▼オーストラリア37万6200人(同24・3%増)

 

 東南アジア諸国は、シンガポール、マレーシアなど、又、タイを加えた6

 カ国で、計206万9800人に達した。》以上。

2015年の訪日外国人数は、一昨年より47・1%増の1973万人余り。

殆ど、5割増しの凄い人数ですね。

デフレで、不景気風が吹きまくる日本にとっては、ありがたいことです。

観光客の増大は、経済的効果が抜群です。がんばれニッポンですね。