2015年

11月

29日

久しぶりに"タレーブアデーン”と”メコン河”見物に行って来ました。

11月25日(夕方)から29日(朝)までの予定で、日本在住の私の友人・

Kさんが、奥さん同伴で、ウドンタニーへ遊びにやってきました。

Kさんは、何度もウドンに来てらっしゃいますが、奥さんは、ウドン来訪が初めて。

そこで、26日の昼食は、Kさんのお気に入りのレストラン、イサーン料理の”キンレーオルアイ(食べるとお金持ち)”でイサーン料理を満喫。

27日は、朝早くから、ウドンの新観光スポット”タレーブアデーン(赤い睡蓮の湖)”にご案内しました。

事前情報で、睡蓮の咲き具合をチェック。”もう、たくさん開花してる”との

情報を得ていましたが、行ってみて、ちょっと驚きました。

ざっと観たところ、睡蓮の咲いている範囲は、以前(今年1月末)の50%

以下。帯状に咲き乱れていた睡蓮は、ホンの一部だけでした。がっかりでした。船頭のオニーチャン云うに、「1月になれば、もっと咲きます」だそうです。

11月28日は、ノンカーイに行きました。

まず、行ったところは、奇怪な像が乱立しているヒンズー教?、バラモン教?だかのお寺”サラケオクー”です。ここ以前より敷地内の掃除が行き届き整備されていて、見物し易いようになっていました。

その後は、メコン河畔に行き、土産物屋が乱立する一角にあるベトナム料理レストランで昼食を摂りました。摂った料理は”生春巻き”とも言える

”ネームヌアン”。美味しかったですね。

昼食後は、メコン河畔を散策。途中、土産物屋を覗いたり、コーヒーショップなどに寄ったり・・。3時過ぎに、ノンカーイからウドンへの帰途につきました。

      奇怪な像が並ぶ”サラケオクー”です。

      ベトナム料理”ネームヌアン”の食材一覧です。

      メコン河畔のKさん夫妻です。

      メコン河です。遠くに見える橋は”タイ・ラオス友好橋”です。

      橋の奥に見える陸地は、ラオス領ですね。