久々に、“結婚披露パーティー”に出席しました。

昨夜(11月23日)、久しぶりに”結婚披露パーティー”に、カミさん共々、出席して来ました。

結婚されたのは、ウドン在住でカミさんの友人のご夫婦(私にとっても知人)の娘さんです。

披露宴会場は、ウドン街中にある”カリンホテル”のイベントホールです。

この結婚披露パーティー出席者(招待者)は、約300名。披露宴そのものは、ご両親挨拶、来賓の祝辞、ケーキカット、新婦のブーケ投げなど型通りのものでしたが、ホテルで行われたこともあり、たいへん豪華で華やかなパーティーでしたね。

面白かったのは、カミさんと友人達の写真の撮り合い。同じような写真を何枚も何枚も撮り合っていました。帰り際の会場入り口付近でも、15分くらい撮り合っていました。

タイ人って、ホント、写真が好きですね。今更ながら、そう思いました。

 

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    JOSAN (火曜日, 24 11月 2015 16:03)

    NAOさんとても豪華な結婚披露パーティーですね、我々の村の親戚では未だホテルでは、結婚披露パーティーは有りませんでした。
    NAOさん教えて下さいこの結婚式の結納金は如何程でしたか?、そしてウドンの田舎の結婚式の様に、矢張り式場で皆の前で1枚ずつ結納金のお金を数えるのですか?。

  • #2

    NAO (火曜日, 24 11月 2015 17:11)

    JOSANさん。又またのコメント投稿、ありがとうございます。
    この結婚の結納金は、ホテルでの結婚披露宴ほか結婚総費用含めて、150万バーツだそうです(驚きましたね~!)。新郎・新婦側とも、ご両親が金持ちの為、このような豪華で華やかな結婚披露パーティーが開けたのだと思います。(ホテルでの結婚披露パーティー費用は、30万バーツとのことです。)
    尚、実際の結婚式そのものは、午前中に、当ホテルの小さい部屋で行ったようです(私は出席してません)ので、田舎の結婚式のように、結納金、ご祝儀の額を発表したり、数えることはなかったと思います。

  • #3

    MAU- (水曜日, 25 11月 2015 09:40)

    結婚総費用が150万バーツとは驚きですね。日本人の平均より多いのではないでしょうか。タイの田舎だと家が一軒建つと思います。相当なお金持ちですね。タイも桁外れのお金持ちがいて、どっかの金持ちの息子が車のナンバーに数百万バーツ払ったと何かの記事で読んだ覚えがあります。貧富の差が極端に現れますね。もしかして華僑ではありませんか?銀行や金製品ショップなどの経営者を含め、タイの経済界は華僑が牛耳ってますからね。

  • #4

    MAU- (水曜日, 25 11月 2015 14:04)

    追伸、結婚をされた方や華僑のことを批判している訳ではありません。もしそういう印象を感じられた方がいらしゃったら申し訳ございません。誤解のないようにお願いいたします。

  • #5

    HIDE (木曜日, 26 11月 2015 10:16)

    わ!セレブの結婚式ですねー。

    NAOさんの奥さんは「お付き合いの範囲が広い」ですねー。

  • #6

    NAO (木曜日, 26 11月 2015 20:22)

    MAUーさん。又またのコメント投稿、ありがとうございます。
    ”結婚費用総額が、150万バーツ”。私もブッたまげました。
    タイに住む日本人でも結納金を含め、結婚総費用は、せいぜい5・60
    万バーツがいいところだと思います。
    タイでは、とんでもない金持ちがいるんですね。又、タイ人はプライドの高い人が多く、お金に糸目をつけない見栄っ張りな人々もたくさんいます。それにしても、150万バーツ!スゴイ!

  • #7

    NAO (木曜日, 26 11月 2015 20:33)

    HIDEさん。又またのコメント投稿、ありがとうございます。
    新郎側が支払う結婚総費用が、ナント150万バーツ。最初に聞いた時は、単に「へ~すごいね」と思ったんですが、よくよく考えてみると
    「何?150万バーツ!スゲー、スゲー、スゲー!」でした。
    オッたまげました。