2020東京五輪エンブレム問題

私、最初に決定された(上写真左の)2020東京五輪エンブレム(佐野研二郎デザイン)を見た時、思いました。

「何か、真中に”黒棒”があるし、明るさのない冴えないデザインだな」、

「それに、オリンピックらしからぬ暗いイメージだ」と・・・。


それから3日後くらいに、この”エンブレム”についての”盗用疑惑”が浮上し、各メディアで大々的に取り上げられたのです。

当エンブレムと盗用された側の”THEATRE DELIEGE"のマークを比べると、色はそれぞれ違いますが、全体の形は、ソックリ。

私、見比べた瞬間から、「コレ、明らかにパクリだな」と思いましたね。

(私、昔、広告会社にいましたので、デザインの心得は多少ありますから)。

更に驚いたことは、その審査員についてのことです。

当エンブレムの採用審査に、日本広告デザイン界では、超有名な”永井

一正氏”、”浅葉克己氏”他一人が携わっていたのです。

(更に判ったことは、浅葉氏、当の佐野氏、他の一人は、毎年行われる

日本の広告賞、”朝日広告賞”、”毎日広告賞”などの審査員を務め、又、持ち回りでそれらの賞を受賞していたのです。=彼らの正に”談合”による

受賞だった訳ですね。ークリエイターとしては、あるまじき行為ですネ)

当エンブレムは、佐野氏側からの撤回表明で、新たな”2020東京オリンピック”のエンブレムが考案されますが、

新しいモノを、広く一般から公募し、その審査員は、上記に挙げた4人(永井氏、浅葉氏ら)は絶対に除いて欲しいと思いました。

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    MAU- (火曜日, 08 9月 2015 12:47)

    きっちり数字で表せない音楽、美術、文学などの芸術部門において一角の審査員ともなると、その人が気に入りお墨付きがつけば入選するとか、素人がどう見ても客観的ではないような作品があったりします。そうなると実力ではないコネとか金が絡んでくるのではないでしょうか。
    審査員も傲慢になり純粋な目で見るというより別のフィルターを通して見て決めている感じがします。
    権威のある審査員というのはどうも胡散臭い気がしてなりません。
    だから一般人気投票で決めたほうが公平にできると思います。
    審査員はパクリがないかどうかだけチェックすれば良いのではないでしょうか。

  • #2

    NAO (火曜日, 08 9月 2015 13:46)

    MAUーさん。早速のコメント投稿、ありがとうございます。
    このエンブレム騒動に至るまでの費用は、東京オリンピック組織委員会?の試算によると、5700万円(コレ全部、税金です。)だそうです。
    組織委員、佐野氏、審査に関わった4人全員に、損害賠償金として、政府、東京都は請求するべきだと思います。ちょっと過激な意見かも知れませんが・・・。

  • #3

    JOSAN (火曜日, 08 9月 2015 22:33)

    日本はパクリに対して厳格な国ですので、この盗用問題は国際的にも恥をかいたと思うのでしょう。
    しかしこの盗用問題がタイで有れば、「何故パクリ(コピー)がいけないの?。」、マイ・ペン・ラ~イ(気にしない!)なのでしょうね!。(笑)

  • #4

    NAO (水曜日, 09 9月 2015 10:36)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    この”盗用問題”、JOSANさんの仰る通りです。もし、使用中止しなかったら、オリンピック開催の2020年まで、日本は諸外国に大恥をかくことになったでしょう。
    どうも、最近の日本人の中には、恥知らず、無知蒙昧、ノー天気の日本人が多くなってきたようですね。

  • #5

    KYO (水曜日, 09 9月 2015 11:55)

    Naoさん、いつもブログ更新ご苦労様です。
    今回の佐野事件に関して、かつて広告業界に身をおいていたNaoさんならではの冷静な分析で、なるほどなぁと思いました。
    庶民には目の届かないところでは、文化芸術の分野においても仲間内の談合がまかり通るってことでしょうかね。
    ところで最近のタイバーツはどんどん弱くなっています。今週はついに1万円で3000Bを超えました。
    円ドルの為替が大きく変化しない中でバーツ安が進行する、これはタイ経済が限界に来ていることを示すものではないでしょうか。実力以上の物価上昇、ローンによる消費拡大と債務依存、このままでいくと明日は・・・という心配はタイ社会には存在しないのでしょうか。

  • #6

    NAO (水曜日, 09 9月 2015 18:02)

    KYOさん。一週間ぶり?のコメント投稿、ありがとうございます。
    私が、広告業界にいた頃は、今回のような”パクリ事件”は、皆無でした。年月を重ねてくると、業界内に、ある種の権威、利権が生じ、その権威者達が権威、利権を利用した間違った行為に走りがちになるのです。今回の”パクリ事件”には、そんな背景があるのでは?

    タイのバーツは、KYOさんの仰る通り、ギリシャ金融破綻、中国の株の大幅下落により、円高・バーツ安に振れて来ました。
    私、ここ2,3年、タイの経済状況からして、バーツ高には疑問を持っています。ここへ来ての、バーツ安。外的要因によるものですが、当たり前のことだと思います。
    これからは、内的要因(タイ経済不況、デフレ現象)により、バーツ安は更に進んで行くと思いますね。

  • #7

    MK (木曜日, 10 9月 2015 11:48)

    こんにちは、昨日、今日と台風18号の影響で、記録的な大雨が家まわりで続いています。家は幸い大丈夫ですが…
    お話のエンブレム撤回されて良かったです。
    佐野パクリ…真ん中に黒、個人的には、黒で、喪章の様で嫌いでした。マスゴミ反日グループの仕掛けだと思っていました(^_^)
    あと変えてほしいいのがおもてなしの衣装、FBとかで騒がれていますが、全く隣のおかしな国の模造服で、日本のおもてなしとかけ離れています。違和感を覚えると思います…

  • #8

    NAO (木曜日, 10 9月 2015 17:58)

    MKさん。久しぶりのコメント投稿、ありがとうございます。
    最近の日本人の中には、おかしな連中が多すぎですね。
    自虐史観しか持たない反日日本人(某野党、某憲法学者、某マスゴミとか)、又、”権威”にしがみつき、利権をむさぼり、利用する輩。
    こういう輩が、跳梁跋扈するのが、現在の日本。
    日本の将来の為には、この輩達を、どうにかして欲して欲しいですね。

  • #9

    ポンペン (木曜日, 10 9月 2015 20:19)

    いつも読ませていただいています。
    おっしゃるように持ち回りの疑いが濃厚ですが、他の3人は高齢ですが、佐野研二郎だけが若年なのはなぜか。もう一つは彼の人相がなぜ良くないのか、の2点が気になります。またビリケンみたいな髪型、一重のキツネ目も違和感があります。

  • #10

    NAO (木曜日, 10 9月 2015 21:26)

    ポンペンさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    佐野研二郎氏の人相についての私の意見は、何もありませんが、
    広告業界には、芸能界と同じように、業界の権威、重鎮(高齢者)におもねる、おべっかを使うイヤな性格な奴は、たくさんいます。
    佐野氏は、そんな人ではないでしょうか?
    彼の人相を見ると、そんな気がします。