米・日・タイの株価が、急降下しました。

一週間前?以来、アメリカ、日本、タイの株価が、急降下しました。

これは、好調に見えた?中国の株価の連日に及ぶ急激な下げによる影響がモロに出た結果です。

今日(8月25日)現在の各国の株価の平均相場は、

アメリカー ニューヨークダウ、1万5871ドルまで下落。

日本  - 日経平均価、17、806円70銭まで下落。

タイ  ー  タイ株価SET指数 1308、89ポイントまで下落。

中国 -  前日比244,94ポイント安の2964,97ポイントまで下落。

 

それに伴い、為替レートも大分変りました。

日・米、日・タイ為替レート共、かなり円高に振れました。

日・米レートは、1ドル119、63円。日・タイレートは、(100円で)約30

バーツ前後と大幅円高になりました。

 

この円高傾向、海外に住む日本人年金受給者にとっては、かなりの朗報ですね。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    JOSAN (水曜日, 26 8月 2015 10:36)

    円高傾向良いですね!110円位に戻しても日本の産業は大丈夫でしょう。
    バーツも1万円で3300バーツ位になれば我々も大喜びですね。

  • #2

    NAO (水曜日, 26 8月 2015 13:20)

    JOSANさん。毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    JOSANのご意見に同感です。
    この円高傾向、一時的なものでなく、ずっと継続していってもらいたいものですね。

  • #3

    MAU- (水曜日, 26 8月 2015 15:24)

    1週間で約120バーツ上がってます。
    一昔前の1バーツ3円以下に戻ればいいですね。
    だいたいバーツが高すぎます。
    このまま円高推移で、できれば3500位になり、それが持続すれば良いですけど。

  • #4

    NAO (水曜日, 26 8月 2015 18:45)

    MAUーさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    私も、円バーツの為替レートが、MAUーさんが仰るようになれば良いとは思いますが、ウ~ン、(まだ判りませんが)無理ではないでしょうか?
    中国経済が完全にデフォルトになれば、その可能性はあるとはいえますがね。

  • #5

    嶋中 (水曜日, 26 8月 2015 19:55)

    >日本・・・日経平均株価、1708円70銭まで下落。

    正確には、17,806円 ですね。ピーク値から15%の下落になっています。

    為替レートですが、日本の主要企業の想定レート(社内予算レート)は1$=115円ですから、115円以下になると、企業業績が悪化し、日本株は大幅に下落し、デフレが再来することになります。
    適正な(?)水準は1$=120円あたりではないでしょうか?
    しかし、9月に利上げが見込まれていた米国FRBですが、今回のマーケットの大波乱で、延期が予想され、一部(サマーズ元財務長官)からは、「利上げなどとんでもない。量的緩和政策=QE4を開始すべきだ」という意見すら出てきました。
    そうなると、ドル安・円高になり、一部には2,016年6月には1$=100円を予測される専門家もおります。

    一方、円Vsタイバーツですが、現在のバーツは強すぎて、1B=3円 1万円で3,333Bあたりが居心地が良い水準ではないでしょうか?

    タイバーツは下記記事にあるように、タイバーツは下落可能性が高い通貨に指名されています。
    タイ国経済は不振が続き、内需は低迷し、輸出も不調・・・爆弾テロ事件で観光産業にも黄色信号が点灯しています。

    ★米モルガン・スタンレーは、中国向け輸出の割合が大きく、人民元切り下げによってリスクにさらされている10カ国の通貨をピックアップし、米経済メディアのブルームバーグは「トラブルド・テン(不安な10の通貨)」と名付けた。

    「韓国ウォン」のほか、「ブラジルのレアル」や「ペルーのソル」、「南アフリカ共和国のランド」、「タイのバーツ」、「シンガポール・ドル」、「台湾ドル」、「チリ・ペソ」、「コロンビア・ペソ」、「ロシアのルーブル」が名を連ねる。

  • #6

    NAO (水曜日, 26 8月 2015 21:50)

    嶋中さん。初めて?のコメント投稿ありがとうございます。
    日本の日経平均株価の数字、私、間違えました。間違いのご指摘、ありがとうございます。
    嶋中さんの日本をはじめ諸外国の為替レートに関するご意見。拝読し、たいへん参考になりました。
    私、タイに住んでますので、日・タイの為替レートには、特に、関心があります。
    最近のタイは、各経済指標がことごとく悪化してるにも拘わらず、何故かバーツ高傾向(対円で)でした。
    しかし、今回の中国株価の暴落により、タイバーツも急落し(安くなり)
    、円高に転じました。
    タイに住んでる、又は、遊びに来る日本人で”円安”を喜ぶ人は、一人もいません。
    この円高傾向がずーっと続くと良いと思っています。