17日夜、バンコク中心街で、大きな爆弾テロ事件が起きました。

       爆発テロ事件が起こったバンコク,ラチャプラソン

       交差点付近の事件現場です。(写真は、"newsclip"

                記事からの借用です)

 

たいへん驚きました!

8月17日の夜、バンコクの中心街のひとつ、ラチャプラソン交差点(有名なエラワン廟が角にあります。)付近で、大きな爆破テロ事件が起きました。

この爆破事件で、死傷者が多数でました。18日朝までの情報によりますと、死者数20人以上、重傷者を含む負傷者数は100人以上(もっと増える可能性あり)という大惨事です。

多数の死傷者の中には、中国人観光客が多く含まれているそうです。

(現在のところ、日本人は、負傷者が1人出ているようです。)

 

タイ社会は、軍政になって以来、ここ1年以上、平穏な状態が続いていました。

ここへ来て、このテロによる大惨事。

タイの一般の人達は基より、軍政府関係者にとっては、かなりショックな事件であることは間違いないところです。

この爆破テロは、関係者の見解では、”ずーっと以前からタイ政府に不満の南部過激派組織、もしくは、軍事政権に反感を持つ組織による犯行ではないか”とのことです。

いずれにしても、タイ、バンコクの治安が悪化することは、否めませんね。

このことで、タイを訪れる観光客が減少するのは必至でしょう。

コメントをお書きください

コメント: 13
  • #1

    JOSAN (火曜日, 18 8月 2015 17:47)

    この爆弾テロの犯人は南部のイスラム過激派かタクシン派の連中でしょうね。
    どちらも軍政が長期化して、現政権の安定を妨げたい連中の仕業です。
    この様な市内テロが後2~3回続けばまた、外国人観光客が激減して、タイの経済はマジで悪くなるでしょう。

  • #2

    JOSAN (火曜日, 18 8月 2015 19:54)

    新しいニュースを見ると、タイに密入国した中国籍のウイグル族をタイ軍事政権が中国に強制送還したことへの報復ではないかという見方が浮上していると出て居ます。
    そしてタイ警察のソムヨット長官は18日、今回の事件について、タイ国内の政治抗争のほかに、ウイグル族の強制送還が関係している可能性も有るとみて捜査していることを認めたそうです。
    更に、爆弾はバイクではなく、エラワン様の近くの歩道上に置かれた鞄の様です、そしてアラブ系の男がバックを置いて、立ち去ったと言う映像が、街の監視ビデオに映って居た様です。




  • #3

    NAO (火曜日, 18 8月 2015 21:58)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    この爆破テロ事件。私も、本日のニュースで、タイ政府当局者の事件に対する現在の見解を知りました。
    現場を立ち去る(犯人らしき)男のビデオも見ましたが、帽子をかぶり、マスクをしていたようで、アラブ系の男かどうかは判りませんでしたね。

  • #4

    JOSAN (火曜日, 18 8月 2015 22:45)

    私がウエブで見た写真の男は、少し長髪で黄色いTシャツでメガネを掛けて居て両腕にリストバンドをしています、男は最初は黒いバックを担いで居ましたが、移動した次の写真では男が担いでいた黒いバックが無くなって居ます。
    この男の写真はかなり写りが悪いですが、帽子無しでマスクも有りませんでした、男の感じは少しアラブ系に見えましたね。

  • #5

    NAO (水曜日, 19 8月 2015 11:04)

    JOSANさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    ”犯人と思しき男”。私、TVニュースのビデオ映像で見ましたが、ボヤボヤ画面で、しかも短い(10秒もない)ので、帽子を被っている、黄色の服を着ている以外は、ハッキリ判りませんでした。

  • #6

    KYO (水曜日, 19 8月 2015 11:19)

    Naoさん、いつもブログ更新ごくろうさまです。
    今回の事件はタイの基幹産業の一つである観光業にとっては大ダメージですね。
    この分野には出稼ぎ中の地方出身者も多いので東北部などの経済にも少なからざる影響を与えると思います。
    パタヤに滞在していて感じたのですが、このところの国際情勢の悪化でロシアからの観光客減り、不動産も買わなくなりコンドミニアムなどは売れ残りが多いようです。
    こうした場所では今回の事件で他の国からのツアー客も激減すればたちまち死活問題に直面するはずです。
    無責任極まりないですが、しかしこれは長期滞在する旅行者の立場からすると朗報なのです。
    なぜかというと最近タイの主な観光(歓楽)地のお値段は短期ツアーのロシア人、中国人、韓国人、日本人らの節操の無い大盤振る舞いによってボッタクリ商法に陥っているからです。
    ひと昔のガイドブックを読むと<タイのバービアでは1本のビールでゆっくり楽しめる>などと書いてありますが実際にはほとんどのお店でオネダリ攻勢がうるさいですね。
    ホステスの給与システムからすればこれも仕方が無いのでしょうが・・・
    今回の事件でバーツ安(物価下落)になり長期滞在者に対するホステス達の<おもてなしの心>が少しでも生じることを願いたいものです。

  • #7

    JOSAN (水曜日, 19 8月 2015 11:43)

    今回の爆弾爆発による死者は今のところ22人、負傷者は123人に達して居ます、タイのメディアは、死者のうち少なくとも3人は中国人観光客で、負傷者も相当数を中国人観光客が占めると報じました。
    タイは中国人に人気の渡航先で、過去6カ月は前年同期の2倍以上となる延べ600万人が訪れ、韓国を抜いてトップに立って居ます。
    中国の新聞ではエラワン祠は、中国人が大好きな賭け事の祠で、中国人観光客を狙ったテロで、今回の爆弾爆発が中国人のタイ旅行に、深刻なダメージを与えるのは避けられないと報じて居ました。

  • #8

    NAO (水曜日, 19 8月 2015 15:15)

    KYOさん。毎度のようなコメント投稿、ありがとうございます。
    今回の事件。KYOさんのおっちゃるご意見”タイ長期滞在者”にとっては、顰蹙をかう言い方になりますが、朗報”です。
    その通りですね。
    ここ2、3年、タイ長期滞在者の生活は、円安バーツ高で、かなり苦しい状態になっています。
    タイ社会にとって、この事件が一時的なモノであれば良いのですが、
    果たしてどうなりますか?心配ですね。

  • #9

    明智 (水曜日, 19 8月 2015 18:51)

    >この爆破テロは、関係者の見解では、”ずーっと以前からタイ政府に不満の南部過激派組織、もしくは、軍事政権に反感を持つ組織による犯行ではないか”とのことです。

    犯人像ですが・・・・タイ深南部のイスラム独立過激派というのはあり得ません。
    タイ深南部では過去10年で5000人以上がテロで亡くなっていますが、テロの場所はタイ深南部に限定されています。
    もし、彼らがバンコクでテロ事件を起こしたら、タイの軍部に、彼らを殲滅する口実を与えますから、彼らがバンコクで事件を起こすことはあリ得ないのです。

    タクシン派・赤シャツの犯行では?という話もありますが、現在のところ、不明です。

    可能性が高いのは、中国新疆ウィグル族と支援するイスラム勢力による犯行です。
    タイ当局が、タイに密入国してきた新疆ウィグル族108人を中国へ強制送還(世界からは非難された)した報復措置と見られています。
    先般、トルコのタイ大使館がウィグル族によって襲撃される事件が起こっています。強制送還への抗議です。
    今回の爆弾運搬の犯人はトルコ系ウィグル族に見える、という声が多いようです。


  • #10

    NAO (水曜日, 19 8月 2015 20:35)

    JOSANさん。再々度のコメント投稿、ありがとうございます。
    当事件のタイ政府当局の見解では、犯人は、タイ深南部の過激派組織、或いは、反政府勢力のT派組織、又、新りょうウィグル人との示唆を仄めかしていました。
    ウィグル人は、以前、タイ政府がタイに密入国し、トルコに亡命希望していたウィグル人(150名から160名?の中)100余名を、中国へ強制送還したことを、たいへん不満に思っていたことは確かです。
    (このことは、日本のニュースサイトで知っていました。)
    中国人観光客の多い”エラワン廟”を爆破地点に選んだことからして、
    タイと中国への一石二鳥の効果を狙った犯行ではないでしょうか。

  • #11

    NAO (水曜日, 19 8月 2015 20:56)

    明智さん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    バンコク爆破テロ事件に対する明智さんの分析とご意見に同感です。
    昨日から今日にかけて、当事件の情報をいろいろ得たところ、犯人像は、(勿論、未だ確定はしてませんが)明智さんの仰る通りなのでは?と思いました。
    不幸にも、今回の事件で命を失った方々、重傷を負った方々他、ケガを負った多くの方々。本当にお気の毒だと思いました。

  • #12

    JOSAN (木曜日, 20 8月 2015 11:08)

    エラワンの爆弾テロの犯人の逮捕状と、モンタージュ写真が警察から出ましたね。
    そして警察は中国人観光客が、多く訪れるバンコク市内の場所を、特に警戒を強めると発表して居ます。
    また香港の観光協会が今日早くも、8月中のタイへのツアーの全面中止をタイ側に通達しました、これにより中国の観光客も激減して、タイの観光業界も大打撃を受けますね。
    やはり最近少しタイバーツも、落ちて来ましたね!。(祝)

  • #13

    NAO (金曜日, 21 8月 2015 12:20)

    JOSANさん。又、又、又のコメント投稿、ありがとうございます。
    犯人と思しきモンタージュ写真の顔。又、犯人と思われる男が利用したバイクタクシーの運転手の話(男は、タイ語も英語もしゃべれない)
    からすると、タイ人以外の外国人の線が濃厚になってきたと思われます。と云うことは、犯人は、やっぱり、0000人なんでしょうか?