2015年

8月

09日

最近、建立されたお寺に、”タンブン”しに行ってきました。

昨日(8月8日)、今、我が家に遊びに来ている親友Nさん(カミさん、息子も)と共に、ウドンタニー県ナムソム郡に最近建立されたお寺(ワット パ プー コン)に行ってきました。

(ウドンタニーの街から、クルマで2時間半、ナムソム郡の小高い山の頂上にありました。)

このお寺、タイにある他のお寺と建築様式が全然違います。

屋根が幾層にも重なっていて、その色は全てブルー一色、とても、さわやかなイメージのお寺でした。

本堂中に安置されてる本尊は、白一色の巨大な”涅槃仏”。

これも何か、清廉なイメージですね。

このお寺を約1時間ほど、タンブンし、見学しました。


帰りは、山を下り、近くのイサーン食堂で昼飯(ソムタム、ガイヤーンなど)を食べました。

その後、一路ウドンへ。その途中、街道沿いにあるお店で、今が盛りの”天然キノコ”を大量に買いました。

ウドン、ナムソム往復で約5時間、私はクルマの運転はしませんが、いやはや、たいへん疲れましたね。

一日中、運転のカミさん。私以上に疲れたと思います。

カミさん、お疲れ様です。ご苦労さまでした。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    KAZU (日曜日, 09 8月 2015 21:56)

    NAOさん こんばんは
    ワットパプーコン寺、見学お疲れ様でした。
    この寺院は、我が家から30Kmの所にあり、
    もし、ナムソムに居れば お会い出来たのに
    残念です。
    来週、90日レポートでウドンのイミグレには
    行く予定です。
    もし、時間があれば お会い出来るといいのですが、、、

  • #2

    NAO (月曜日, 10 8月 2015 10:51)

    KAZUさん。早速のコメント投稿、ありがとうございます。
    私も、当お寺が、ナムソムにあることを聞いた時、KAZUさんの自宅がある処だなーと思いましたよ。
    来週、ウドンにお越しの際は、是非、お会いしましょう。
    楽しみにしています。スケジュールが決まり次第、連絡をお願いします。よろしく。

  • #3

    イサーン在住日本人 (月曜日, 10 8月 2015 12:37)

    さすがにタイは仏教の国ですね。
    精神的な余裕があるから、このような立派なお寺を作るのですね。
    私もナムソムの町には行った事がありますよ。
    KAZUさんのブログにもコメントした事もあります。
    今から約15年程前に、ルークトゥン歌手のスナーリー・ラーチャシーマーさんと、ナムソム町のモーラムコンサート会場に連れて行ってもらいました。

  • #4

    NAO (火曜日, 11 8月 2015 10:25)

    イサーン在住日本人さん。久々のコメント投稿、ありがとうございます。
    お寺へのタンブン、めったに行くことはありませんが、このお寺、行く前にその写真(ブルーの屋根と変わった建築様式)を見て、行く気になりました。山の頂上にあることもあり、とても爽やかなイメージのお寺でしたね。

  • #5

    MK (金曜日, 14 8月 2015 06:07)

    お疲れ様でした。
    少し遠いみたいですが、徳がありそうなので、次回か?次次回のウドンにかえったとき、行ってみたいですね…
    タイには、失われた日本がある感じがします。

  • #6

    NAO (土曜日, 15 8月 2015 13:08)

    MKさん。又もやのコメント投稿、ありがとうございます。
    MKさんが仰る「タイには、失われた日本がある」。正にその通りだと思います。現在の日本では、特に宗教心、教育(道徳)の荒廃が顕著ですね。
    タイでは、それらの精神的文化が、未だに根付いています。
    そんなタイに住んでいて、ゆったりと暮らしていけ、心の安らぎを得られる日々。私は気に入っています。