上半期のタイ人訪日28%増、42万人。

7月23日付けの“newsclip.be”誌に依りますと、‘上半期のタイ人訪日28%増、42万人’だそうです。

以下、その記事内容を転載しますね。

 

《上半期のタイ人訪日28%増、42万人。

 日本政府観光局(JITO)によると、上半期(1-6月)に日本を訪れた

 外国人(推計値)は、前年同期比46%増の913万9900人で、過去

 最高だった2014年上半期を約288万人上回った。

 

 上半期の訪日旅行者が多かったのは、順に▼中国217万8600人

 (前年同期比116,3%増▼韓国181万9300人(同42,6%増)

 ▼台湾179万2600人(同28,9%増)▼香港69万1600人(同

  64,2%増)▼米国50万7000人(同13,6%増▼タイ42万3600

 人(同28,1%増)―。

 

 6月の訪日外国人(推計値)は前年同月比51,8%、160万2200人

 で、6月として過去最高を更新した。

 

 上位の国・地域は▼中国46万2300人(前年同月比167.2%増)

 ▼台湾34万5200人(同35,8%増)▼韓国25万1500人(21,2%

 増)▼香港13万7000人(同75,4%増)▼米国10万2100人(同16

 、2%増)▼タイ4万3400人(同19,5%増)―以下省略》

 

上記記事を読んでみると、中国人、韓国人、台湾人旅行者の激増が、目立ちますね。特に中国人訪日旅行者数は、前年の約2倍、もの凄い数ですね。

日本のニュースを見聞きしていると、中国人旅行者の‘爆買い’、訪日外国人数の激増、原油価格の下降など、日本経済に対する好景気材料は、外的要因によるものが多いようです。(株価だけが高値安定してますが、とても好景気とは言えないと思います。―所得格差が広がるばかりです)

にも拘らず、相変わらず、日本の景気、経済状況は、デフレ現象。内需が一向に上昇せず、低迷しています(インフレ率は0%)

インフレ率(2%)上昇が目標の‘アベノミクス’。やはり、失敗なのでは?と思いますね。

 

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    JOSAN (土曜日, 25 7月 2015 10:34)

    中韓の人達が日本を大量に訪れるのは、日本が円安と言う事も有りますが、日本人や旅行業者が「おもてなしの心」を持ち、観光客に親切に接するからだと思います。
    欧州でも東南アジアでも、中韓の観光客は嫌われて居るのが、接する訪問国の人間や旅行業者の態度から判るので、次回は日本に観光に行きたがるのでしょうね。

  • #2

    竹中 (土曜日, 25 7月 2015 11:35)

    日本経済が回復過程にあるのは、外的要因ではありませんよ。
    アベノミクスの中核である黒田日銀による金融緩和政策が主要因です。
    円が80円から120円台になったことで、日本企業の業績は急回復しています。
    企業業績が回復し、今春闘では多くの企業で久方ぶりのベア・賃上げが実施されています。この夏のボーナスも多くの企業で増額になっています。勤労者の実質収入も4月には数年ぶりにプラスになりました。

    株価は「経済の体温計」「景気の先行指標」です。
    円高の民主党政権時代の8000円から2万円と2倍以上になっていますね。
    日本では既に企業経営者や高額所得者(金融資産保有者)がアベノミクスの恩恵に浴し、大企業の勤労者にも及んできました。いずれ、中小企業、低額所得者にも及んでいくのでは?

    >インフレ率(2%)上昇が目標の‘アベノミクス’。やはり、失敗なのでは?と思いますね。

    アベノミクスは株価を見れば一目瞭然ですが、成功以外の何物でもないでしょう。
    現在、2015年度第1Q(4~6月)の決算発表が進んでいますが、多くの企業が好業績です。
    インフレ率目標=2%が未達なのは、原油価格の暴落が主因です。
    米国のイラン経済制裁が解除され、原油価格は更に下落するでしょう。
    となると、日本経済にはプラスの働きとなりますね。
    インフレ率がゼロでも、原油価格の下落で企業コストが減少するので、悪性デフレとは違います。
    現在は世界的にデフレ前夜と言っていい様相です。
    タイ国のインフレ率もマイナスですし、欧州、中国もデフレトレンドです。経済好調の米国ですら、デフレ前夜と言われています。
    日本のインフレ率ゼロはかなりマシな方かもしれませんよ。

    安倍政権の支持率が落ちていますが、これは安保法制法案をめぐる日本国民の民度の低さが要因です。
    「戦争になる」とか「徴兵制になる」と言った反日プロバガンダが国民を扇動し、民度の低い国民が動揺しています。
    安保法案の条文を1行すら読んでいない国民が大半ですから、困ったものです。

  • #3

    NAO (土曜日, 25 7月 2015 12:36)

    JOSANさん。毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    大量の中韓の日本訪問客。JOSANさんのご意見に共感しています。
    でも、嫌日にも拘らず、日本を訪れる中韓の人々の心境は、やっぱり、理解はできませんね。
    単に、‘爆買い’するだけが目的だったりして‥。

  • #4

    NAO (土曜日, 25 7月 2015 12:57)

    竹中さん。初めて?のコメント投稿、ありがとうございます。
    竹中さんの‘現在の日本金融経済状況’に対するご意見。私、殆ど、了解してますし、共感しています。
    唯し、‘日本経済の好転、好景気の要因は、外的要因だけ’とは、私、言ってません。
    好景気材料の一つだと言ってるのです。言葉足らずでした。スイマセン。
    又、安倍政権の政策‘安保法制の改正’。私は、大賛成ですので、竹中さんのご意見に全く同感です。
    日本には、平和ボケした日本人、勉強しない日本人、バカな日本人が多すぎです。
    支持率が落ちようが、安部首相は、日本の平和を守るの為、国民の
    命、生活を守る為、ドンドンその政策を推し進めるべきです。

  • #5

    KYO (土曜日, 25 7月 2015 14:16)

    Naoさん、いつもブログ更新ごくろうさまです。
     個人的な見解ですが、今回の株価の上昇や円安のプラス面がやがて一般国民大衆に恩恵を及ぼすようにはとうてい思えませんね。
     今回の株高や円安に関しては恩恵を受ける側と、輸入物価の上昇でマイナスの恩恵を蒙っている側とでは見方が異なります。
     貧乏暮らしの私なんぞはアベノミクスが成功だと言える社会的、経済的立場にたって生活してみたいものです。

  • #6

    NAO (土曜日, 25 7月 2015 16:51)

    KYOさん。毎度のコメント投稿、ありがとうがざいます。
    ‘アベノミクス’が今後、日本社会にどのように影響していくのかは、金融経済オンチの私には判りません。
    株高や円安によって恩恵を受ける側と、マイナスの影響を受ける側とに別れますが、現在では後者の人々の方が、断然多いと思われます。
    年金生活者である私は、勿論、後者です。

  • #7

    KAZU (日曜日, 26 7月 2015 11:02)

    NAOさん おはようございます
    今も昔も 日本は、アメリカの後姿を追っているようですね。

    ごく一部の人が潤い、その他大勢の人間が貧困に陥る。

    これからの日本も 今のアメリカと同じ道を辿っているように思われます。

  • #8

    NAO (日曜日, 26 7月 2015 17:08)

    KAZUさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘アベノミクス’が、今後、どのようになっていくのかは判りませんが、
    現在、もう3年も経ってるのに、‘インフレターゲット、2%’に程遠い状態です。(インフレ率0%)
    大胆な‘円の量的緩和策’の結果、株価は上がりましたが、日本に所得格差が広がりましたね。
    ‘アベノミクス’は、そろそろ限界に来てると思いますね。

  • #9

    MK (木曜日, 30 7月 2015 16:41)

    こんにちは、支那人どうしの騙し合い…
    日本に来ての爆買いは、本国に帰り転売の仕入れだとか!?
    今日の日本のマスゴミが伝えてましたが、観光の支那人を日本に住んでいる支那人が無許可の観光ガイドをしてもうけている?
    観光ガイドなので、これは、少し?
    取り締まりが始まるまで無法地帯です
    相変わらずの日本の緩さです…
    支那人の本質が!?であり、
    嘘も100言えば本当になると教える国の国民なんて信用できません…相変わらずの馬鹿な日本人の多さです…

  • #10

    NAO (木曜日, 30 7月 2015 21:21)

    MKさん。久しぶりのコメント投稿、ありがとうございます。
    訪日中国人観光客の‘爆買い’。あの同じようなモノを大量に買って行くのは、私も、本国に持ち帰っての転売目的だと思ってました。
    それと、同じ中国人が訪日中国人をガイドするなんてーのは、初めて聞きました。
    えげつないですね~!
    民度の低い、ズル賢い中国人らしいやりかたですね。