2015年

6月

27日

世界平和度指数、日本8位、タイ126位。

前回に引き続き、今回も“newsclip.be”誌の6月25日付けの記事内容に関しての書き込みです。

その記事内容を転載します。

《世界平和度指数 日本8位、タイ126位。

 オーストラリアと米国を拠点とするシンクタンク、経済平和研究所が国

 内の治安、軍事費、近隣国との関係、人権状況などから各国・地域の

 平和度を指数化した2015年度の「世界平和度指数(GPI)」で、タイは

 調査対象の162カ国・地域中、126位と低迷した。

 

 人口当たりの受刑者数の多さ、暴力的な抗議行動、暴力犯罪の多発、

 深南部のマレー系イスラム武装勢力のテロなどが低評価につながった

 。

 最も平和とされたのはアイスランドで、2位デンマーク、3位オーストリア

 、4位ニュージーランド、5位スイス、6位フィンランド、7位カナダ、8位

 日本、9位オーストラリア、10位チェコ。

 米国は94位、中国は124位だった。

 

 アジア諸国・地域は、24位シンガポール、28位マレーシア、35位台湾

 、41位ラオス、42位韓国、46位インドネシア、56位ベトナム、111位

 カンボジア、130位ミャンマー、141位フィリピン、143位インド、

 153位北朝鮮だった。

 下位は、160位アフガニスタン、161位イラク、162位シリア。》

 

上記の記事を読んでの、私の感想は、

日本への評価が、高過ぎること、逆に、タイへの評価が低過ぎるのでは?ということです。

日本は、現在、近隣諸国から過ってないほどの脅威・暴挙を受けています。

にも拘らず、平和ボケした日本人(売国奴=某政治家、某野党、某県知事、一部マスコミなど)が、ナント多いことか。

これで、平和度世界8位とはオドロキです。少なくとも、20位以下若しくは30位以下だと思いますね。

 

タイで暮らしていての実感からすると、タイの126位は低く過ぎです。

タイは、確かに、犯罪件数、事件件数は非常に多いですが、それらが起きるのは、ごく一部の地域だけです。

もしかしたら、この低評価、昨年起きた軍事クーデターが相当影響してるのでは?(軍政になり、政治的・社会的に、以前よりずーっと社会が安定し平和になりました。)

タイの世界平和度ランクは、5,60位前後ではないでしょうか?

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    小菅 (日曜日, 28 6月 2015 11:16)

    世界平和度指数、日本の順位もタイの順位も極めて妥当だと思いますよ。
    確かに、日本は近隣諸国から脅威を受けていますが、それは平和度指数とは無関係です。
    集団的自衛権など安全保障法の国会審議や国民の反応を見ても、平和ボケした日本人の多さには唖然とするしかありません。
    まあ、それだけ日本は平和だ(平和過ぎる)ということで、世界8位は妥当でしょう。
    北朝鮮にミサイル一発でも日本列島に撃ち込んでもらえば、憲法改正も進みそうですね。

    一方、タイの殺人件数、犯罪件数はギネス級の酷さです。
    殺人件数(未遂含む)は日本の15倍(人口比)です。126位でも甘すぎないか?というのが感想です。

    以下は、ナオさんの過去のブログからの抜粋です。
    ★タイ国内の殺人認知件数、2013年2914件。
    タイ警察が、2013年に認知した殺人事件は、2914件(2012年3217件)で、1725件について容疑者を逮捕した。 殺人未遂は4304件だった。
    その他の犯罪の認知件数は、▽強姦3276件 ▽傷害1万2330件 ▽強盗343件 ▽放火272件 ▽身代金目的誘拐12件 ▽自動車窃盗1622件 ▽バイク窃盗1万813件▽麻薬関連 44万2844件-など。

    2013年に日本で警察が認知した殺人事件(未遂を含む)は、938件。タイの殺人・殺人未遂の発生率は、日本の十数倍に上る。

  • #2

    NAO (日曜日, 28 6月 2015 12:56)

    小菅さん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    小菅さんの「当世界平和度指数ランク。日本もタイも妥当な順位」とのご意見。納得しています。こういうご意見が出てくることは予想していました。
    私、その国の‘政治’とか‘イデオロギー’に関するブログ記事は、書かないようにしています。(意見のギャップが大きすぎるので)
    でも、現在、日本中に蔓延している‘平和ボケ’(日本の国防に疎すぎる)が酷いので、‘平和度ランク’に直接、関係ありませんが、敢えて、書き込みをした訳です。

    小菅さん。以前から、私のブログを愛読されてるようですね。
    ご愛読ありがとうございます。今後もよろしくお願い致します。