私のボケ防止対策は?

        コレ、ボケに関する本‘ボケる人 ボケない人‘です。

 

最近、もの事を忘れたり、よく知ってる・‘人’の名前が、すぐ出てこなかったりと、「何かオレ、ボケの始まりかなあ~」と思うことが、偶に、あるんですよね。

 

以前、ボケに関する本「ボケる人 ボケない人」を読んだことがあります。

その本によると、

‘ボケる、ボケない’は、その人の(遣ってきた)職業・職種、性格、家庭環境などにより決まるようです。

どちらかというと几帳面な性格の人、頑固な人、孤独を愛する人などが、特に危ないそうです。

職業では、‘公務員’だった人が、ボケる確率が高いそうです。

 

本によると、‘ボケない、ボケさせない為の生活’とは?

1、コツコツといつも新しい知識を求める。

1、未だ無趣味の人は、今から続けられる趣味を見つける。

1、カラオケは、最高のボケ防止策。

1、マージャン、競馬、賭け事は大いにやるべし。

1、デパートは、ボケ予防の散歩道。

1、散歩は、素晴らしいボケ予防。

1、外に出る時は、おしゃれを心がける。

1、男性も積極的に台所に立つ。

1、積極的に友達に会う。

1、スポーツよりも楽器を手に。

1、ジョギングは、止めたほうが良い。

1、肩書きにこだわらない生き方をする。

1、異性の中で、人気者になれ。

だそうです。

 

‘ボケるかも?’なんて全く意識してませんが、上記にある‘ボケ防止対策’

の中では、新しい知識を求めること(読書、日本のTVニュースワイドショーを良く観る)、カラオケをやる、マージャンなどをする、親しい友達と‘飲み会’などして、よく交流するなどを実践しています。

皆さんは、如何ですか?

 

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    JOSAN (日曜日, 21 6月 2015 11:58)

    NAOさん我々のボケ防止の1番手は、ブログの更新ですね、今の所これに勝る物は有りません。
    私の拙いブログも、今年で7年目を迎えます。

  • #2

    KYO (日曜日, 21 6月 2015 16:20)

    Naoさん、いつもブログ更新ごくろうさまです。
    ボケ防止にはブログの更新が最良であると私も同感ですが、タイ将棋(マックルック)を覚えるというのはどうでしょうか。
    日本の将棋と共通点が多いので案外いけるのでは・・・
    私は学生の頃、町の道場で二段まで進みましたが最近のネット将棋では逆転負けが多く完全に年寄り連中の負けパターンです。
    ニンテンドーの世界のゲーム(マックルック)で腕を磨いておく、BigCに行って将棋版とコマを買う、路上でタイ人と将棋を指す変なオッサン・・・考えるだけでも楽しいですね。

  • #3

    NAO (日曜日, 21 6月 2015 21:38)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですね。気が付きませんでしたが、ブログの更新も‘ボケ防止’に有効ですね。何しろ‘ブログ’を書くには、様々な知識を吸収しなければならないし、アタマもよく遣いますら‥。
    JOSANさん。お互いに‘ブログ更新’を頑張りましょう。

  • #4

    NAO (日曜日, 21 6月 2015 21:54)

    KYOさん。又々のコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですね。‘ブログ更新’は、‘ボケ防止対策’としては、とても有効だと思いますね。
    私、‘日本の将棋’も‘タイの将棋’も、全然出来ません。
    ‘囲碁’もできないんです。
    私、昔から、所謂、ゲームで出来るのは、花札、マージャン、トランプのポーカーぐらいです。
    周りの友達で、将棋や囲碁を遣るのが、いなかったからです。
    今度、KYOさんに将棋を教えてもらおうかな?

  • #5

    メンカーム (月曜日, 22 6月 2015 00:35)

    最近3回ほど服を裏返しに着て街へ買い物に出掛けました。
    元々ボケているのですが、どうも重症化が進んでいるようです。
    娘からどうしたの?と聞かれても思いつく原因がありません。
    こういうのが一番危ないですね。気をつけます。

  • #6

    NAO (月曜日, 22 6月 2015 11:06)

    メンカームさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    「3回ほど、服を裏返しに着て‥」、そんなの‘ボケ’ではありませんよ。
    ちょっとウッカリの範疇だと思います。
    メンカームさんのブログを毎回拝読させてもらっていますが、実に‘様々な知識’に満ち溢れたブログ内容です。
    とても、ボケの重症化が進んでる方の文章(内容)ではありません。
    これからも、知識溢れる、機智に富んだブログを書き続けていってくださいね。コレが‘ボケ防止対策’になるんです。