昔懐かしい歌手のビデオです。

さしたるブログネタがないので、今日も昔懐かしい歌手達のビデオ映像をアップしますね。

ビデオに出てくる歌手は、“小川知子”、“いしだあゆみ”、“中村晃子”、“奥村チヨ”、”伊東ゆかり”、“中尾ミエ”、“園まり”です。

これらの歌手が活躍したのは、私が大学に通ってる頃から社会に出始めた頃ではないでしょうか。

ビデオの中で、私が、特にファンだった歌手はいませんが、コケティッシュでバカっぽい歌い方の“奥村チヨ”、清純なイメージの“いしだあゆみ”が印象に残っています。

 

以上の歌手達。現在、私と、殆ど同じ年齢に達してると思います。

当時から、早くも40年以上の歳月が流れたわけです。

歳が経つのは、ホントに早いですね。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    圭介 (火曜日, 26 5月 2015 09:30)

    >コケティッシュでバカっぽい歌い方の“奥村チヨ”

    「バカっぽい」という表現は聞き捨てなりませんね。
    チヨちゃんを誹謗するのは許せません。
    代表作である「ごめんね ジロー」がこの世に出てから、今年で50年になります。
    チヨちゃんも68歳になります。
    歌唱力に優れた、こんな素敵な女性はなかなかおりませんね。
    https://www.youtube.com/watch?v=IDyJ56NHn0w&list=PL3OgCYQtbT2SM7grLMVcERzNdIscQxQb2

  • #2

    NAO (火曜日, 26 5月 2015 11:46)

    圭介さん。初めてのコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘バカっぽい歌い方の奥村チヨ’表現。どうも、圭介さんに誤解を与えてしまいました。スイマセン。
    言い訳になると思いますが、あれは、奥村チヨを貶した訳では
    ありません。逆です。歌い方を褒める意味で、敢えて、使いました。なぜかって、‘恋の奴隷’の歌詞内容は、バカっぽく歌うことによって良く生きてくるからです。
    奥村チヨは、歌の内容を理解し、あのような歌い方になったのだと思います。
    ですから、奥村チヨは、たいへん歌唱力のある歌手です。
    私、彼女を見直しました。

  • #3

    KYO (火曜日, 26 5月 2015 16:31)

    Naoさん、いつもブログ更新ごくろうさまです。
    私はいつの日かこんな女性に巡り会えることを夢見ています。
    当方の耳元でささやく・・・
    <彼女>
    悪い時はどうぞぶってね~
    好きな時に思い出してね~
    好きなように私をかえて~
    あなた好みの女になりたい~
    <私>
    ウンウン、ヨシヨシ、良い娘だね,部屋に戻ろうか?
    なんとも言えませんなぁ
    男の桃源郷は日々遠し・・・

  • #4

    NAO (火曜日, 26 5月 2015 21:21)

    KYOさん。又々のコメント投稿、ありがとうございます。
    “恋の奴隷”の歌詞内容。KYOさんの仰る通り、女の子から「こんなこと」言われたら、男冥利に尽きますね。当に、男にとっちゃあ‘桃源郷’にいる
    気分になります。
    奥村チヨは、‘彼氏に恋する女の子の気持ち’を見事に表現し、歌い上げています。今更ながら、素晴らしい歌手だと、改めて認識した次第です。