2015年

5月

18日

タイ公立高校の‘教育カリキュラム’の一環で、本日、我が息子が、‘タイ仏教研修’で、コンケンのお寺に修行?に出掛けました。

本日(5月18日)早朝、我が息子が、高校の‘教育カリキュラム’の一環で、コンケンのお寺に‘タイ仏教研修’の為に、出掛けて行きました。

研修期間は、一週間。勿論、お寺に泊り込みで、タイ仏教の教義、仕来たり、お経などを習ってくるのでしょう。

遊び好きの息子には、丁度良い、修業?になるのでは?

コレも一種の‘出家?’なのか知りませんが‥。

一週間後に、どういう姿で帰ってくるのか、とても、楽しみです。

丸坊主で、眉毛まで剃られていたりして‥。

       ‘一時出家’した子供達の‘早朝托鉢’です。

       こんな事も、今回の‘タイ仏教研修’で、我が息子は

       、経験してくるのでしょうか?

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    ぺんぺん草 (月曜日, 18 5月 2015 16:02)

    半年前の事ですが、我が家の裏の家の某役所に勤務する息子が出家しました・・・研修ではありません!
    前日からのお祝いの宴(うたげ)には20万バーツ近くも費やしての大騒ぎ。
    大山鳴動したのは結構な事ですが、出家から10日めには還俗し帰宅しましたとさ。(笑)

  • #2

    NAO (月曜日, 18 5月 2015 17:00)

    ぺんぺん草さん。早速のコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘出家のお祝いまでしたのに、たったの10日で環俗’。役所に勤めている男性ですよね。大の大人なのに、如何したことでしょうね?
    修行中は、‘お酒が飲めない’、‘彼女とも逢えない’など、よっぽど修行が辛かったんでは?
    タイには、彼のような男性もいるんですね。タイの若い男性達を見ていると、案外、そういう男性が多いような気がしますね。

  • #3

    JOSAN (月曜日, 18 5月 2015 23:18)

    NAOさん多分この役所の人は、-時僧制度で出家したのでしょう、職業を持つ人は短期間で還俗します、何故ならこの期間は会社も有給扱いですので、余り長い期間は出家出来ないのでしょう。

    誰でもお寺で暮らす時は10戒を、守らなければ成らないので息子さんも、食事は午前中に2回だけですので、若いのでマジでお腹が空くでしょうね。(笑)

  • #4

    NITTAYO (火曜日, 19 5月 2015 00:07)

    naoさん

    いつもブログ更新ご苦労様です。

    タイ仏教の僧侶だけで30万人もいるお国ですので坊さんもピンキリです、犯罪者が逃げ込んだり悪さする僧侶も居りますので。タイ宗教警察が僧衣を脱がして警察に引き渡すケースがあります。
    227の戒律が辛いのでギブアップするヘタレのタイ人は沢山おりますが仏教界としては何時でも「僧衣が暑い」と云えば即俗世界に戻れるシステムです、理由はお寺の清浄化の為にドロップアウトして頂くのが良いのです。
    息子さんが少しでもタイ仏教に触れる事は自己形成のためには有意義です。仮出家の3ヵ月間を行えば地域の人達からは信頼されるようになります。ワット・パクナム日本別院の在家信者としては早く仕事を引き渡して瞑想とお経三昧を致したのですが廻りが許して呉れません。

    明日の夜はKさんとソイ・ファランでジングルベルと思ったとたんにジンクス通り、とうとうウドンにまで仕事が追いかけて来ました。(泣)
    ストレス解消の予定が帰国の飛行機内でも仕事に成りました。

  • #5

    メンカーム (火曜日, 19 5月 2015 02:16)

    夜にお腹が空いたら売店があると言われていたそうですが
    売店には飲み物ばかり。ww
    固形物はクラッカーしか無いらしいです。
    しかも昼食は精進料理だったとか。
    うちの息子は自称キリスト教徒ですから
    後ろで話しを聞いているだけだそうです。
    仏教徒以外の生徒は20名。
    一番多いのはイスラム教徒だそうです。

  • #6

    NAO (火曜日, 19 5月 2015 10:40)

    JOSANさん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘役所の男性’。盛大な出家パーティーをやっておきながら、僅か10日間の出家とは‥仕事があるとはいえ、やはり短すぎるんでは?
    ‘息子の仏教研修’。遊んでばかりの息子には、丁度良い‘修行’になりますね。でも、ちょっとその期間が短すぎるとは思いますが。

  • #7

    NAO (火曜日, 19 5月 2015 10:50)

    NITTAYOさん。又々のコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘息子の仏教研修’。遊び好きの息子には、この‘研修’、丁度良い機会だと思っています。

    やっぱり、ウドンにまで、お仕事が追いかけてきましたか。
    ‘人間’必要と思われてる時が‘華’です。NITTAYOさんは、そういう意味で、幸せな人生を歩んでおられるように思います。

  • #8

    NAO (火曜日, 19 5月 2015 11:05)

    メンカームさん。又もやのコメント投稿、ありがとうございます。
    我が息子は、何教徒なんでしょうか?息子と‘宗教’について話したことがないので判りません。まあ、タイ仏教にしか触れたことがないので、タイ仏教教徒になるのでしょう。
    規律、仕来たりの厳しい‘タイ仏教’。今回の‘仏教研修’、息子には、‘心が鍛えられる’丁度良い機会だと思っています。