2015年

3月

16日

「タイ政府、外国人用苦情受付電話開設、日本語など3カ国語対応」だそうです。

3月12日付けの“newsclip.be"誌

に下記のような記事が、掲載されていました。

その記事内容を、転載しますね。


《タイ政府、外国人用苦情受付電 話開設、日本語など3カ国語対

 応。

 タイ政府は11日、外国人からの  ウドンタニー警察署です。

 質問、苦情に対し、英語、日本語  外国人の苦情受付、ちゃんと機能

 中国語の3カ国語で24時間対応  するんでしょうか?

 するホットラインを開設した。

 電話番号は「1111」。オペレーターが対応し、内容に応じ、担当部局に

 電話を回す。

 外国人に対応する警察の部局ツーリストポリスの電話番号「1155」と

 ともに、外国人在住者・旅行者への周知を図る。》 以上です。


この「外国人用の苦情など受付電話」。タイ各県の警察署にあるのかなどの詳細が判らないので、何とも言えませんが、ちゃんと機能するんでしょうか?甚だ疑問です。

今まで、タイの警察は、‘被害者’がタイ人の場合は、素早く対応しますが、

仮に、被害を受けたり、迷惑を蒙ってるのが外国人の場合は、全く、取り合ってくれませんでした。(全て、被害者側が泣き寝入り)

上記のようなことが常でしたので、タイ政府の今回の‘外国人用ホットライン’を設置したからと言って、各タイ警察署(警察官)がまともに対応するとは思えませんね。

コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    MAU- (月曜日, 16 3月 2015 18:10)

    ホットラインが開設されたのは大変よいことですね。NAOさんがおっしゃるようにどこまで機能し対応できるか疑問ですね。ないよりはマシでしょうが、ただ受け付けるだけで管轄部署にたらい回しにされたあげくにわかりませんでしたで終わるような気がします。試しに電話してみたらいいでしょうが、なんか面倒な気がします。

  • #2

    NAO (月曜日, 16 3月 2015 19:04)

    MAUーさん。久々のコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘外国人専用のホットライン。MAU-さんのご意見に全く同感ですね。
    タイ政府の、外国人への単なるポーズではないでしょうか?とても機能するとは思いませんね。

  • #3

    SK (木曜日, 19 3月 2015 08:40)

    ドムアン空港からタクシーに乗りましたが、巷では260バーツ程度と聞いていましたが、メーターが改造され、回転が早く、タニヤまで600バーツとられました。また、MBKからタクシーに乗ったところ60バーツ程度のところを150バーツしかダメと言われ、よむを得ず支払った。いづれにしても、バンコクのタクシーはボッタクリが多く、取締り強化すべきである。

  • #4

    NAO (木曜日, 19 3月 2015 09:51)

    SKさん。初のコメント投稿、ありがとうございます。
    SKさんのタイで、タクシーにボッタくられた話、よく解ります。こんなことは、タイでは日常茶飯事です。取り締まるべきタイ警察(他公務員)からして、日頃からワイロ、ボッタクリの常習です。
    タクシーのボッタくりは、ほんの一部。外国人のタイに対する不満、苦情などは、ゴマンとあります。
    取り締まるべくタイ当局の現状の‘体質’からして、今回の‘ホットラインの開設’、殆ど、機能しないと思います。

  • #5

    MK (木曜日, 19 3月 2015 23:12)

    SKさんへ

    ◆ALL THAI TAXI タイのバス会社ナコンチャイエアがタクシー業界に参入 

    タイのバス会社ナコンチャイエア(Nakhonchaiair)が、新たにタクシーサービスを始めることを明らかにしています。
    名称はオールタイタクシー(ALL THAI TAXI)で、既存のタクシーと同様のメーターを使用。

    タクシーを呼ぶ際にはアプリを使用するという点はグラブタクシー(GrabTaxi)などと変わりはありませんが、オールタイタクシーはタクシー会社で、タクシー本体とタクシー運転手を全て自社で用意するというのが大きな違いとなっています。

    乗客が安心してタクシーを利用できるようにサービス・接客に特に力を入れるとのことで、車種も環境に配慮し全車トヨタのプリウスを採用するという点も特徴。
    配車の際には20バーツかかるということですが、この程度であれば利用してみようと思う人も多いのではないでしょうか。
    現金以外にもクレジットカードもokで領収書も発行するとのこと。
    乗車拒否なし、料金交渉なし・・・・バンコクに「夢のタクシー」が誕生します。
    本格的なサービス開始は5月1日だそうです。
    コールセンター「1624」へ

  • #6

    yosirou muto 武藤芳郎 (水曜日, 25 11月 2015 17:14)

    タイ出国時 タイ滞在30日間にも拘らず 21日間のオーバーステイ
    として 10500B の罰則金を支払わされました
    Book No. 0859  No 416
    この一カ月の間に VISAの期間が切れたのだそうだが
    パスポートをもって返さず、わが説明を聞こうともしないこの国は
    観光立国を目指す資格ありや
    時間がなかったので 泣き寝入りをしたが くるっていないかな

  • #7

    NAO (日曜日, 29 11月 2015 10:18)

    武藤芳郎さん。初めてのコメント投稿、ありがとうございます。
    ”タイ滞在30日にも拘らず、21日間のオーバーステイ”。
    武藤さんが、どのようなビザ(ノービザを含めて)をお取りになってタイに来られたのかが判りませんが・・。
    もしかしたら、ビザ有効期間(この期間内にタイ出入国しなければならない)と滞在許可日数(30日間)を取り違えたのでは?かと思います。