今年は、アジアの歌姫・“テレサ テン”没後20周年です。

    “テレサ・テン”の‘時の流れに身をまかせ’です。

    この曲は、CD・シングル盤で、200万枚を突破、大ヒット曲

    になりました。(この曲のビデオの後に、‘テレサの数々のヒット

    曲を網羅した‘テレサテン コンサート’のビデオが入ってます。

    合わせて、ご覧になってくださいね。)

一昨日、昨日の2日間で、20年前に亡くなった“アジアの歌姫・テレサテン”の生涯を綴った本、

有田芳生著の‘私の家は山の向こう’を読みました。

“テレサテン”の一生、それは波欄万丈に満ちた生涯でしたね。

デビューまもなく、日本で起きた

有田芳生著、“テレサテン”の生涯を   偽造パスポート事件、又、当時

綴った‘私の家は山の向こう’です。   は、中国共産党全盛時で、中国

                        と(テレサの故郷)台湾間は、政治的にたいへん厳しい状況でした。

特に、“テレサ”は、中国の‘文化大革命’後起きた‘天安門事件’に大きく傷つき、以後、中国の政治的思惑に翻弄され続けたんです。

このことで、歌手活動にも支障をきたし、又、住まいも、香港、アメリカ、

フランス・パリ、タイなど転々としました。

心休まる処が、故郷・台湾にもなかったようですね。

晩年は、静養先のタイ・チェンマイでフランス人の恋人(ステファン)と暮らしてましたが、風邪をこじらせ‘喘息’を患い、それが原因で43歳という若さで、その短い生涯を閉じました。

 

歌の天性に恵まれ、数々のヒット曲を出し、‘アジアの歌姫’から‘世界の歌姫’にもなり得た“テレサテン”。惜しいというか、たいへん残念です。

早いもので、今年で、“テレサ”没後、もう20年が経ちました。

(亡くなったのは、1995年5月8日です。)

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    イサーン在住日本人 (土曜日, 07 3月 2015 20:58)

    このビデオは初めて見ましたけれど、なかなか良いですね。テレサテンは奥様に似ているのでしょうか?テレサテンの歌は奥様と恋愛していた時代を思い出させる歌なのでしょうか?何かそんな想像してしまいます。

  • #2

    NAO (土曜日, 07 3月 2015 21:18)

    イサーン在住日本人さん。早速のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    ウチのカミさんが‘テレサテン’似?。ゼーンゼン
    似てませんよ。
    カミさんと日本で付き合ってた頃は、“テレサテン”を意識したことは、全くありませんでしたね。
    大体、私が‘テレサテンファン’になったのは、タイに来てからなんですよ。

  • #3

    イサーン在住日本人 (日曜日, 08 3月 2015 18:13)

    テレサ・テン メモリアルコンサート・没20年追悼チャリティ音楽会が、5月23日に渋谷公会堂であります。[司会]徳光和夫 五木ひろし / 荒木とよひさ / 伍代夏子 / 長山洋子 等が出演します。行きたいですね。

  • #4

    NAO (日曜日, 08 3月 2015 19:49)

    イサーン在住日本人さん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    へ~!そうですか。“テレサ・テン”のメモリアルコンサート、行きたいですね~!
    でもね、日本で開催。無理ですね。バンコクあたりでやってくれれば、勇んで行くんですが‥。

  • #5

    HIDE (日曜日, 08 3月 2015 21:33)

    私もタイに来てからです。

    海賊版のテープ{日本語}で、親しみました。

  • #6

    NAO (日曜日, 08 3月 2015 21:50)

    HIDEさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    私が、日本にいた時、“テレサ・テン”の歌は、‘良いな’程度に思っていました。
    タイに来てから、日本の歌(歌謡曲)が急に懐かしくなり、VCD屋に行ったら、“テレサ・テン”のCDがケッコウありました。直ぐ、買い求め、家で聞いてみましたら、“テレサ”の歌唱力と曲の良さで、思わず、背中がゾクゾックとするほど感動しましたネ。それ以来、“テレサ”の大ファンになりました。

  • #7

    MK (金曜日, 13 3月 2015 21:32)

    こんばんは、懐かしいですね。テレサ.テン
    歌姫が急逝されて、もう20年ですか…
    私も彼女の唄は、好きな曲があります…
    チェンマイを将来訪問したおりには、亡くなられたホテルを訪問?
    なんて、おもってますね!?

  • #8

    NAO (土曜日, 14 3月 2015 11:00)

    MKさん。又々のコメント投稿、ありがとうございます。
    “テレサ・テン”の享年は、43歳。余りにも早過ぎたと思います。
    ‘良い人ほど早死にする’。彼女は、その典型のような女性でしたね。