腕時計のバッテリーを入れ替えました。

        以前、日本で勤めていた頃、会社から、勤続

        20周年記念で頂いた、“SEIKOのダイバーズ

        ウォッチ”です。25年間、正確に動き続けています。

        さすが、日本ブランドですね。

 

私が25年間遣い続けている“SEIKOのダイバーズウォッチ”のバッテリーが切れそうになったので、先日、バッテリーの交換をしに、“セントラルプラザ”B1の時計屋に行きました。

その際に、腕時計内が相当汚れているとのことから、ついでに掃除もしてもらったんです。

バッテリーを交換し終わり、家へ帰ってきて、時間を直したりしたところ、

‘曜日表示’と‘日にち表示’の処が、大幅に狂っているんです。

コレも直してみましたが直らず、以後、狂いっぱなしです。


実は数年前、やはり、バッテリーが切れ、バッテリー交換しましたが、

その時から、‘リューズ’が壊れ、しっかり締まらない状態だったのです。


今回のバッテリー交換で、完全に‘リューズ内部’が壊れてしまったことになりました。

でも、‘時間’は25年間、全く正確に動いています。

さすが、日本ブランドの“SEIKO”ですね。

日本ブランド製品の優秀さを、改めて、認識した次第です。


コメントをお書きください

コメント: 14
  • #1

    HIDE (月曜日, 23 2月 2015 18:37)

    25年はすごい!

    SEIKO ですねー。

    そういえば、新婚時代に買った ORIENT=東洋時計のクォーツ掛け時計が、23年間故障知らずで現役です。

    もう一つの掛け時計は SEIKOで、一度だけ修理しましたが、これも20年以上稼動し現役です。

    どちらも、日本製です。

  • #2

    NAO (月曜日, 23 2月 2015 20:25)

    HIDEさん。早速のコメント投稿、ありがとうございます。
    この“SEIKOのダイバーズウォッチ”。25年間、一回も故障したことが、ありません。さすが、
    日本のブランド品ですね。
    ヨーロッパ製の、高いだけが取りえの“ローレックス”、若者に人気の見てくれだけの“SWATCH”なんて、クソ食らえと思っています。

  • #3

    カメザコ (月曜日, 23 2月 2015 22:08)

    私 先妻亡くしてローレックス買いました 45万円ほど 時間は正確で無い 時計屋 日本人だけです時間煩いのは そして自動巻きで無い
    でもタイに来る時売りに行きましたが、
    嫁が居ないから幾らだった?
    20年位使って 中古で15万かな20万かな?
    最近中国の爆買とかで 今だったらもっと高かったかも?でも株と一緒分からない?
    リーマンショックで少し損したから(自分では大損)他人事   

  • #4

    JOSAN (火曜日, 24 2月 2015 01:05)

    3年程前に日本にー時帰国した時に、帰国真近に腕時計が壊れたので、急遽ヨドバシカメラで980円の、デジタルの腕時計を買いましたが、1年以内で電池が切れてしまいました。
    私は次の年にー時帰国した時にまた、ヨドバシカメラに行きその腕時計の電池の交換を頼むと、「1050円です。」と言われました、私は暫く考えて同じ様な新しい、980円の腕時計を買いタイに帰りました。
    その時の電池の切れた腕時計はタイに持ち帰り、市場で120バーツで電池を交換して、現在も正確に動いて居ます。

  • #5

    NAO (火曜日, 24 2月 2015 10:55)

    カメザコさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘45万円で買ったローレックス。20年使って売ったら15万~20万円?’。自動巻きでなく、しかも時間が不正確にも拘わらず、中古でも随分高いですね。
    私が会社から貰った“SEIKO”は、当時、5万円くらいでした。
    ‘時計’とは、文字の如く‘時’を‘計る’ものです。時間が不正確なモノは、時計とは言えないんじゃないですか?

  • #6

    NAO (火曜日, 24 2月 2015 11:11)

    JOSANさん。毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    時計は、正確にさえ動けば良いんです。値段の安い、高いは関係ありませんよね。
    JOSANさんが、日本でお買いになった‘日本ブランドの時計’。かなりの安さですが、未だに、ちゃんと正確に動いてるようですね。
    日本ブランド製品の優秀性を、改めて、認識しました。

  • #7

    NITTAYO (水曜日, 25 2月 2015 04:25)

    NAOさん

    いつもブログ更新ご苦労様です。

    タイで電池交換したら秒針が外れて渡されました(後で気づく)、弟の友人で麻布十番あべちゃんの向かいの時計屋さんで直して頂きましたが電池交換代は高いですが戻す時にはOリング廻りにはグリースを塗って渡すそうです、電池交換のみの安いお店もありますが老舗の時計屋は良い仕事をしております。
    そのSEIKO時計捨てないで下さい、次回訪ウドンした際に日本に一時帰国致し竜頭も点検致しましょう。

  • #8

    NAO (水曜日, 25 2月 2015 11:36)

    NITTAYOさん。又々のコメント投稿、ありがとうございます。
    日本ブランドの時計は、技術的にも、性能的にも世界一だと思っています。
    只、電池の交換とか、修理に出した場合、日本の時計屋は、電池代、修理代が高いですね(修理技術はしっかりしていますから、しょうがないです。
    一方、タイで、何回も“SEIKO DW”の電池交換をしていますが、電池が安いのは良いんですが、何処かしらがおかしくなってしまいます。
    まあ、タイ製品(日本ブランドでも)は、‘安かろう悪かろう’といったところでしょうか。

  • #9

    JOSAN (水曜日, 25 2月 2015 15:30)

    思い出しましたが昔ヨドバシカメラで防水性能の高い時計は電池を変えるだけでも、電池代とは他にとても高い再防水費用が掛かり、お店では出来ず専門工場でなくては、駄目だと言われその日には出来ませんでした。
    NAOさんの時計のリューズも、日本の工場に出せば修理がOKだと思いますよ、それにしてもタイの時計屋、中を掃除したら壊れて帰って来るとは、信じられませんね。

  • #10

    NAO (水曜日, 25 2月 2015 17:00)

    JOSANさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    そういえば、日本で、当ダイバーズウォッチのバッテリー交換をしに行った時、その時計屋から、「防水性能の時計だから、工場へ持っていかねばならないし、時間も掛かる」と言われたことがあります。
    で、その時は、別の時計屋にもって行き、電池を交換しました。

  • #11

    NITTAYO (水曜日, 25 2月 2015 17:24)

    タイ人気質?
    判らない、知らない、出来ないとは言いま!
    時計修理に関しても職人気質が有りませんネ。
    今回の訪タイの目的はバンセン地域のコンドー購入の為に行ったのですが知人のタイ妻が知ったかぶりで有りますとの事で信じて行ったのですが物件詳細情報を理解してる訳でなくただ建っているだけの事でした。(笑)
    物件詳細情報は自分の足で調べるべきでした。
    また10年前と比べると下水処理施設が完備してないので海が湘南海岸より汚いので興味が薄れて仕舞いました。

  • #12

    NAO (水曜日, 25 2月 2015 19:24)

    NITTAYOさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですね。タイの人々の中には、何でも知ったかぶりをするヒトが、ケッコウいますね。
    (プライドの高いせい?)
    アテにしていると、「な~んだ?!」ってことになりがちです。
    大切なことは、自分で調べた方が良いですね。

  • #13

    KYO (水曜日, 25 2月 2015 20:51)

    持ち主が自分の時計に何を求めるか、正確な時間なのか、外形を眺めてる時の満足感なのか、プライドを見せつける小道具としてなのか色々ですね。
    ガラケーと馬鹿にされる数千円で買える携帯は電波時計でもありますから正確無比です。
    私も若い頃にRADOを買い今でも持っていますが文字の所がダイヤで美しいです。電池はとっくに切れています。
    呑んべえなので時計は必ず失くします。ガラケーが今の私の最愛の時計です。

  • #14

    NAO (水曜日, 25 2月 2015 23:13)

    KYOさん。又々のコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘持ち主が、そのものに何を求めるのか?’。
    KYOさんの仰る通りです。同感です。
    私は、偶々、時計について、私の意見(時計は時間さえ正確ならそれで良い)を言ったまでです。
    私の偏った考え方かも知れませんが、機能を求められる物品は、すべて、その機能さえしっかりしてさえしていれば、安かろうが、高かろうがどっちでも良いと思っています。(骨董品的なものは別ですよ)