青空和食店“TOMO”に行きました。

昨日(2月1日)、友人Tさん宅に遊びに行った帰りに、Sさんと一緒に、

予てから行こうと思っていた“ITプラザ”前の和食店“TOMO”に行ってみました。

“TOMO”は、料理の調理場はテント張りになっていましたが、客が料理を食べる席は全て屋根がありません。様は青空和食店ですね。

“TOMO”に着いて、早速、メニューとその値段をチェック。

目に付いた料理メニューは、‘寿司’、‘手巻き寿司?’、‘サバの照り焼き’、‘白身魚のフライ’、‘キノコ炒め’、後は、野菜炒めなど‘炒めモノ’が多かったですね。

値段は、私が注文したモノで言うと、‘エビ’、‘トビコ軍艦巻き’など寿司1貫(2個)が25バーツ。

‘サーモン’はちょっと高く、39バーツでした。

寿司の味は、まあまあですかね。‘酢飯’とワサビがまともでしたので‥。

唯、寿司ダネの種類が少なく(約10種類-まぐろ、はまち、たこ、いか等の寿司ダネはありません)、やたら、‘トビコ’と‘エビ’を遣った寿司が多かったです。

あと注文した‘白身魚のフライ’(6片)が、やはり、39バーツ。この魚フライ、とても美味しかったですよ。

これらのメニュー。定食スタイルにすると、味噌汁、漬物がついてきて、大体90~100バーツくらいになるそうです。

昨日の客の入りは、休日とあって約80%、席がうまっていました。

やはり、メニュー値段が安いからでしょうかね?


この青空和食店‘TOMO’。乾季の今は良いですが、雨季(5月~)になったら困るでしょうね。何しろ、客席の上には天井がありませんから‥。

一客の私が、心配することではないですね。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    JOSAN (月曜日, 02 2月 2015 15:28)

    NAOさんTOMOのレポートご苦労様です、たぶん寿司ネタが少ないのはコックが、まともに魚が捌けないからでしょうね。
    トビコや茹でたエビでしたら日持ちがするので、ネタとして安心なんでしょう。
    定食は値段的にもタイ人でも、OKなので客は入るでしょうが、寿司はこのネタでは日本人は食べませんね。

  • #2

    NAO (火曜日, 03 2月 2015 03:10)

    JOSANさん。度々のコメント投稿ありがとうございます。
    ‘TOMO’の寿司ネタが少ないのは、JOSANさんの仰る通りの理由からだと思います。
    でも、食べてみましたら、まあまあの美味しさでしたよ。酢飯が水準を越えていたからかな?