2014年

12月

21日

ここのところ、覚醒剤・麻薬関係者の摘発・逮捕が、矢継ぎ早に行われています。

12月20日付けの‘newsclip.be’誌を読みますと、タイ警察・国軍による覚醒剤・麻薬の取り締まり(容疑者摘発・逮捕、覚醒剤・麻薬押収)を、ここの処、矢継ぎ早に行ってるようです。


以下は、報道された具体的な麻薬事件の概要です。

◇12月4日未明。タイ北部山中で銃撃戦。麻薬容疑者5人射殺、覚醒剤

  7000錠他を押収。

◇12月10日。タイ軍、ミャンマー国境で1人射殺、覚醒剤4400錠など

  を押収。

◇12月11日。タイ北部チェンライ県で、麻薬容疑者7人射殺、覚醒剤

  70万錠を押収。

◇12月11日朝。ミャンマー国境に近いタイ北部チェンライ県チェンダオ

  軍の山中で、タイ警察が銃撃戦の末、男4人少年1人の計5人射殺。

  現場で、覚醒剤42万錠、拳銃5丁などを押収。

◇12月12日。タイ警察は、北部スコータイシーサムロン郡のホテル

  「シトラプレース」で、麻薬容疑者の男1人を射殺、2人逮捕し、覚醒剤

  200万錠を押収した。

◇12月16日。北部プレー県の喫茶店前に駐車したバンの車内から、

  覚醒剤160万錠、粉末150キロを押収した。

◇12月17日。ミャンマー国境のタイ北部チェンライ県メーサイの病院駐

  車場で、乗用車のトランクから覚醒剤120万錠、粉末30キロが見つ

  かり、タイ警察が押収した。(末端価格約12億バーツ)

◇12月19日。タイ軍がミャンマー国境山中で、麻薬容疑者4人射殺、覚

  醒剤40万錠を押収。


ご覧のように、タイ(北部中心)では、毎日のように麻薬事件が頻発、タイ国軍・警察による取り締まりが厳しくなっているようです。

‘麻薬蔓延社会撲滅’を目指して、大いにケッコウなことだと思いますね。

只、押収された覚醒剤・麻薬の行方は?どうなってるんでしょう?

ちょっと気に懸かりますね。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    JOSAN (土曜日, 20 12月 2014 13:54)

    タイの北部のミヤンマー国境地帯のチェンライは、特に麻薬関係の摘発が多い土地ですね。
    こんな酷い麻薬取引の多い所では日本人は、落ち着いてリタイヤ生活も出来ませんね。

  • #2

    NAO (日曜日, 21 12月 2014 02:06)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘北部チェンライは、麻薬取引(摘発)が多い土地’。
    ‘そこに住んでる日本人は、落ち着いて生活できない?’。私も同感です。

  • #3

    JOSAN (日曜日, 21 12月 2014 06:26)

    「押収された覚醒剤・麻薬の行方は?どうなってるんでしょう?」この件で、少し前に南部の警察副署長本人が、押収した麻薬をマァフィヤへ、横流した事件で捕まりましたね、之では麻薬が社会から無くならない訳です。
    本当にタイの警察は最低ですね、マジで腐って居ます。

  • #4

    NAO (日曜日, 21 12月 2014 09:44)

    JOSANさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    JOSANさんの仰ってることに同感してます。
    ‘押収した覚醒剤や麻薬が、どう処分されたのか
    (例えば、焼き払うとか)’という情報、ニュースが全く出てこないので、きっと警察内部で、×××××したのでは?と推測していたんです。

  • #5

    JOSAN (日曜日, 21 12月 2014 11:05)

    米ギャラップ社による「警察国民信頼指数調査」について取り上げたニュースを読むと。
    今回OECD加盟34カ国を対象に「自国の警察を信頼しますか?」と質問した記事が有りました。
    信頼度が最も高かったのがスイスとアイスランドの91%。以下、オーストリア(88%)、カナダ(86%)、ニュージーランド(86%)と続き、日本の信頼度は71%で23位でした。(涙)
    残念な事にタイや中国は、OECD加盟国では無いので順位は判りませんが、韓国はメキシコに次いで59%のワースト2位でした~。(笑)

  • #6

    MAU- (日曜日, 21 12月 2014 11:28)

    タイ最北端ミャンマーとの国境の町チェンライ県メーサイに住んでますがそのような事件はまだ直接見たことがないです。、チェンマイへ行く道路では検問所が数箇所ありバスから警察管に下ろされるミャンマー人を見たことはあります。チェンライのバスターミナルにも必ず数人の警察官がいて発着のバス車内をチェックしてます。軍政権になって特にチェックが厳しいです。
    国境ゲート付近は観光客も多く店や屋台がひしめき合ってますが、物騒な感じはまったくないです。
    普通に気にせず生活してます。
    最も夜は出歩かないようにしてますけど。

  • #7

    NAO (日曜日, 21 12月 2014 12:05)

    JOSANさん。三度のコメント投稿、ありがとうございます。
    「警察国民信頼指数調査」に依ると、日本は71%で世界23位。
    この順位。日本の警察官も時々‘犯罪’を、起こしますので、低位でも仕方ありませんね。

  • #8

    NAO (日曜日, 21 12月 2014 12:16)

    MAUーさん。又もやのコメント投稿、ありがとうございます。
    チェンライの‘麻薬摘発事件’。ニュースを見ますと、山中の
    摘発が多いようですね。
    ですから、一般の人々は、‘事件’に直接出遭うことがないのでは?そう思います。
    警察官の検問によるチェック。チェンライは、ウドンより
    相当厳しく行ってるようですね。