2014年

11月

09日

タイは、いろいろな面で日本より50年は遅れていますかね?

友人達と飲んでる時に、タイでの生活面での不都合さの話が、よく

出てきて、たいへん話が盛り上がりますね。

主に、ライフラインであるところの

電気、ガス、水道(下水道含め)などに関しての話題です。

 

電気については、タイでは‘停電’が  我が家の通信インフラの要。

多いです。豪雨が降ったりすると   WiFi機能つきのディスクトップ型の

よく起こりますね。(長時間停電、   パソコンです。

瞬間停電もケッコウありますね)

ガスは、都市ガスはなく、全て(タンク入りの)プロパンガスです。

ガスが切れると、ガス屋に連絡しタンクを持ってきてもらいます。

コレ、何時、ガスが切れるのか判らないので、意外と面倒ですね。

 

タイでは、未だに下水道設備が整ってない‘村’がたくさんあります。

又、水道完備の都市・町(でも、下水設備はありません?)でも、水道の水は、そのままでは飲めません。

浄水場の殺菌、ろ過装置が整備されてないのでは?と思います。

 

コレは、生活インフラではありませんが、タイの国鉄には、問題が多すぎです。

一つはタイの国鉄は、主要5路線。これが全て単線、しかも電化されていません。走ってるのは全部ディーゼル列車(しかも外国からの中古車)。

その上、線路などのメインテナンスが、殆ど成されていません。

その為か、列車事故がよく起こります。(先日も、コラートで死者4人の列車事故がありました。)

 

タイで先進国並みに発達してるのは、首都バンコクのみ。

他の地方都市、町や村は、生活インフラの遅れが目立ちますね。

偏見かもしれませんが、日本より50年くらいは遅れているんではないでしょうか?

(タイで、先進国並みなのは、高層建築技術、クルマ・バイクの普及、家電製品の普及、それと、携帯電話(I-phon、I-pad)、パソコンを使用しての通信インフラ設備(WiFi)くらいではないでしょうか?)

 

でも、タイのこれらライフラインのインフラ未整備。アナログ人間の私にとっては、50年くらい前(1964年の東京五輪当時)の日本を思い出すようで、妙に懐かしさを感じています。

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    KYO (土曜日, 08 11月 2014 10:04)

    確かにタイではライフラインのインフラ整備が遅れていますが、一方でIT関連のインフラはかなり進んでいますね。ウドンタニーでも新築のアパートの案内看板にはWiFiフリーの文字が普通に目につきます。
    この面では日本より進んでいるのかも知れません。
    私事ですが沖縄の宮古島にビジネスの拠点を置きながら、年に何度もタイを訪れ長期の生活を楽しめるのは、Webカメラ、スカイプの利用を抜きにしては考えられません。
    45年前まではホテルの部屋から電話をかけるしかなく、通話料を考えると落ち着いてタイに滞在する気持ちにはなれませんでした。
    最近では会社のPCを海外から操作することまでが可能になり、ますます距離的なハンディは少なくなりました。
    ライフラインのインフラ整備が遅れていることは、スピード重視で発展をする国に特有の優先順位の問題かも知れませんね。


  • #2

    NAO (土曜日, 08 11月 2014 10:43)

    KYOさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    KYOさんの仰る通り、タイは、‘スピード重視’、‘利便性重視’だけで発展してきたような国ですね。
    その為に、‘お金が掛かる、時間が掛かるライフラインのインフラ整備’が遅れているんだと思いますね。
    でも、本文でも書きましたが、そんなタイ生活でも不便を感じることもなく、これはこれで良いんじゃないかとも思っています。

  • #3

    MAU- (土曜日, 08 11月 2014 14:51)

    インフラは東南アジアでは発達している方じゃないでしょうか。田舎は行ったことがないのでわかりませんが地方都市であればマシだと思います。メーサイではプロパンより炭を使っているようで小さなかまどみたいな物を売っています。
    毎年洪水が多いのに河川の治水工事や下水道も遅れていますね。上水道は殺菌ろ過しているようですがパイプが古かったりして途中で汚染されると聞いたことがあります。でもWIFIは日本より普及しているようで便利ですね。スマートフォン同士であればタイ国内はもちろん日本へも無料で電話、メール、TV電話ができるので助かります。

  • #4

    NAO (日曜日, 09 11月 2014 03:24)

    MAU-さん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    タイでのインフラ整備は、たいへん遅れていますが、日本以上に整備されてるのが通信インフラです。
    携帯電話、スマホ、I-PAD、勿論、パソコンを含めて、WIFIを通じて、何処にでも安く連絡できますね。素晴らしいです。

  • #5

    メンカーム (日曜日, 09 11月 2014 08:22)

    タイの水道は2種類あり、
    集落の簡易水道は井戸水をそのままなので
    もちろん飲めませんが、
    水道局の水道は一応飲める事になっているそうです。
    当然誰も飲みたくないでしょうが
    タンク車で売りに来る水の水源が水道と知らないで
    飲んでいる日本人が居る話は耳にしました。
    市販の20Lタンク入りの水も
    物によっては簡易なフィルターしか使わず
    へドロ臭いのもありますから
    どっちもあまり変わらないのかも?
    下水の配管は所々でやってますが
    下水処理施設が見当たりません。
    最後は垂れ流しかな?
    ウドンタニやノンカイ、コンケンの線路は
    数年前に全て敷設されなおされました。
    ウドンタニのジフテリア騒ぎを持ち込んだのは
    その作業をしに来たミャンマー人労働者です。
    踏み切りは自動警報機や遮断機が
    徐々に導入されているところです。
    先進国である日本と比べるのは酷ですよ。
    少し前の資料ではタイは広島県と同じくらいの
    経済規模だそうです。

  • #6

    NAO (日曜日, 09 11月 2014 09:31)

    メンカームさん。又のコメント投稿、ありがとうございます。
    タイのライフラインでのインフラの遅れを考えている内に、「あゝこれは、昔の東京五輪当時(1964年)の日本社会とほぼ同じじゃないか」と思った訳で、現在の日本と比べて行ってるわけではありませんよ。
    「タイの経済規模’。広島県と同じ」。そんなもんなんですか?これじゃあ、インフラの遅れもしょうがないですね。
    でも、その割には、タイは頑張っているんじゃないでしょうか。

  • #7

    HIDE (月曜日, 10 11月 2014 02:12)

    おー、NAOさんのパソコン・デスク、整理整頓されていますねー。

    私のデスクは、雑然としていてグチャグチャです。

    業務連絡です。
    ブログ更新しました。

  • #8

    NAO (月曜日, 10 11月 2014 03:37)

    HIDEさん。業務連絡、了解しました。見てみます。

  • #9

    イマイ (金曜日, 07 4月 2017 10:06)

    バンコク(先進国)⇒チェンマイ(新興国)⇒農村・スラム(途上国)
    国内格差が激しく、10倍(日本は2倍)ぐらいありますね。
    高級マンション・ビレッジでは、日本人より豊かな生活をしてます。