昨日、10月8日は、“オークパンサー”の日でした。

昨日、10月8日は、“オークパンサー”(出安居)の日でした。

“オークパンサー”とは、タイ仏教のお坊さん達が、7月の“カオパンサー”(入安居)から3ヶ月間の修行を経て、この日で終えるのを祝う?タイ仏教の記念日です。


“オークパンサー”を祝う夜空に漂う   タイの一般市民は、この日、お寺

‘コムロイ’(写真中央上、左のオレン  に供物を持ち‘タンブン’に行ったり

ジ色の点。-暗くてスイマセン)     、昼間から、爆竹や花火を打ち鳴

                        らしたり、又、夜は、‘コムロイ’

(空中灯籠?)を打ち上げたりして、“カオパンサー’を祝います。

爆竹や花火は、夜になると一段と激しくなり、我が家周辺のアチコチで、

「パーンパーン!」「バーンバーン!」と煩いくらいですね。

我が家は、コレと行った事はやりません。

カミさんが、仏壇?に線香を上げ、何やらの祈りをしていました。

“オークパンサー”が過ぎると、イサーン地方は‘雨季明け’と言われています。

2日前に、スコールがありましたが、今日は朝から晴天。暑いです。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    MAU- (木曜日, 09 10月 2014 11:38)

    メーサイでもオークパンサーを祝うパレードが国境のメーストリートを車両通行止めにしてありました。
    皆さん、タンブンをたくさんしていました。
    こちらは朝晩がめっきり涼しくなり日本の秋のような清々しい感じです。やはりタイの最北端なので気温が違いますね。

  • #2

    NAO (木曜日, 09 10月 2014 12:46)

    MAUーさん。毎度のコメント投稿、ありがとyございます。
    我が家族は、余り、‘オークパンサー’に関心がなく、街中のお寺とかで行われる行事にも行きません。ですから、何処でどういう行事があるのかも、私は、全然、判りません。タイ人でもこういう家族もいるんですね。
    ウドンは、朝晩は涼しいですが、日中は、未だ暑いです。ちょっと動くと汗が出てくるくらいです。

  • #3

    Jack (金曜日, 10 10月 2014 01:30)

    オークパンサーの時期になると,爆竹や花火で何人の子供が失明したり,指を無くしたりしたのでしょうか....
    毎年,こんな事を考えます.
    学校では,爆竹や花火の取り扱いの注意をしないのでしょうか.....
    それと,有名な僧侶がメディアを通じて,親達に,子供達に注意を促せば,少しでも事故は減少すると思うのですが....・

  • #4

    NAO (金曜日, 10 10月 2014 02:51)

    JACKさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですね。私も、偶に、花火や爆竹による事故を聞いたことがあります。
    タイの人々(大人も子供も)は、何事もマイペンライ精神で、過去から得た教訓をすぐ忘れるヒトが多いんでは?
    こういう事ですから、タイでは、ありとあらゆる事故は、減らないですね。残念ですが‥。

  • #5

    HIDE (金曜日, 10 10月 2014 05:31)

    オークパンサーの8日、翌日の9日、ノンカイ市内の道路は大渋滞です。

    ノンカイから東に58km・ポンピサイ地区のメコン川から出るバンファイ・パ・ヤナー{水竜が吐き出す火}を見ようと観光客が押し寄せるからです。

    私の家でも、8日の夜コムロイを上げました。

    妻は、8・9日連日のお寺参りでした。

  • #6

    NAO (金曜日, 10 10月 2014 07:50)

    HIDEさん。毎度のようなコメント投稿、ありがとうございます。
    もう10年くらい前になりますが、私の家族、親戚の人達で、バンファイ・パ・ヤナーを見にポンピサイまで行ったことがあります。
    ところが、火の玉が上がる直前から、豪雨になり(祭り中止?)、見物どころでなく、ほうほうの態で帰途に。
    帰りの路は、(クルマが動かないくらいの)大渋滞。
    ウドンの我が家まで、8時間半も掛ってしまいました(帰宅はAM3時半)。エライ目に遭いました。
    てなことで、バンファイ・パ・ヤナーには、2度と行く気がしません。