タイ人学生、ナンバープレートを、ナ、ナント!2500万バーツ(約8500万円)で落札。

驚くべきニュースです。

3月15日に開かれた陸運局の

自動車ナンバープレート競売で

「1コー・コー1111」のナンバー

プレートを、2500万バーツ(約

8500万円)で落札した男子学生

に、9月30日、同局のアサタイ

副部長から、同プレートが手渡されたそうです。             陸運局アサタイ副部長から「1コー・

この超高価なナンバープレートを  コー1111」のナンバープレートを渡

付ける同男性の自動車は、     される男子学生(20歳)。

約50万バーツ(約170万円)だ

そうで、この不釣合いも話題になってるそうです。


この学生の家族は、東部チョンブリ県で不動産業を営んでるおり、又、

家族は、同プレートを落札する為に、5000万バーツ用意したとの事。

途轍もない大金持ちの家族ですね~!


このプレートを落札した後、「3300万バーツで売って欲しい」という申し出があったそうですが、男子学生は、断ったそうです。

タイには、見栄っ張りの人々が多いですが、この超高価な自動車の‘ナンバープレート’を落札した大金持ちの家族は、とび抜けていますね。

メッチャクチャ驚きました。イヤハヤ呆れました。   

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MAU- (木曜日, 02 10月 2014 05:41)

    すごいですね。お金の価値観が違うというか、ナンバープレートにお金をかけてどうするのかと異常ですね。よほどお金があまっているのかまったく理解できません。
    高級車とか土地とか株とかもっと資産価値のあるものに使ったほうがいいと思うけど、人の心は計り知れないですね。見栄だけだったらもっと社会に貢献するとか喜捨するとかしてほしいと思います。

  • #2

    NAO (木曜日, 02 10月 2014)

    MAU-さん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    この超高価なナンバープレートを落札した家族(息子)。こういうバカな金持ちのタイ人がいること自体、タイが格差社会を是正できない原因があると思います。
    来年、施行されると言われている資産相続税、生前贈与税に期待したいですね。