2014年

9月

25日

アジア大会“INCHEON2014”が、開かれています。

9月19日から、韓国の仁川(インチョン)で“アジア大会”が開かれています。

大会全体の各国メダル獲得数などの報道が、見つかりませんので

、日本人選手の活躍を中心にお伝えしますね。

 

水泳で、今大会3つ目の金メダルを  大会5日目までの日本選手の活

獲得した荻野選手です。(写真中央)  躍は、目覚しいですね。

(写真は、朝日新聞サイトから借用)  以下、これまでの日本選手の成

                        績を具体的に列挙してみます。

・柔道 ー 女子52キロ級で松本が〈金〉。男子100キロ超級で王子谷

       が〈金〉、同じく90キロ級で吉田が〈金〉。

       女子団体で日本チームが〈金〉など。

       これまで男女合わせて、金5、銀4、銅4を獲得。

 

・水泳 - 荻野が、男子200Mフリー、200M個人メドレー、800Mリレ

       ー、400M個人メドレーで4個の金メダル獲得。

       女子200M平で、渡部が〈金〉。男子100M背泳で入江が

       〈金〉、同じく50M背泳で古賀が〈金〉。

       男子200バタで瀬戸が〈金〉。

       (この他、各種目で、銀・銅メダルを大量に獲得しています。)

・体操 - 男子団体で日本チームが〈金〉。

       男子個人総合で、神本が〈金〉、山本が〈銀〉を獲得。

 

・自転車 - 男子オムニアムで、橋本が〈金〉を獲得。

以上の他、各競技‘(武術、フェンシングなど)で日本選手が〈銀・銅メダル〉を獲得しています。

 

他方、私が住んでるタイの選手の成績は?全く判りません。

TV中継も僅か(タイ選手出場時だけ)、ニュースでも、余り報道されていません。(私が、TVを余り見ないせいかも知れませんが‥)

唯、朝日新聞のサイトで、先日、馬場馬術個人に出場された、タイ国王陛下のお孫さん“シリワンワリ ナリラット”王女の報道を視ました。

成績は、予選で31位でした。競技後の彼女のコメントには、とても謙虚で、爽やかな印象を受けましたね。

 

今アジア大会は、10月5日まで。

ますますの日本選手の活躍を期待したいですね。

タイの選手も、勿論、頑張って欲しいです。


本ブログ書き込み後、各国のメダル獲得数が、判りました。(9月24日)

       金  銀   銅                        まで

 ・中国  59  32  27

 ・韓国  26  23  25

 ・日本  20  29  27

 ・タイ   1   0   6 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    MAU- (金曜日, 26 9月 2014 05:22)

    仁川アジア大会は問題が多いですね。チケットも2割程度しか売れずにガラガラ。開会式も観客寄せのコンサート。停電、国旗間違い、選手村の不備、食事のまずさ、バドミントンの空調問題。とても主催国にふさわしいとは思えません。
    もう平昌冬季オリンピックは辞退したほうが、これ以上恥をかかなくて良いのではないでしょうか?資金も運営能力もないのに見栄を張って無駄遣いしないほうが国民も喜ぶと思います。

  • #2

    NAO (金曜日, 26 9月 2014 05:57)

    MAUーさん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    “INCHON2014”に於ける運営上の数々の
    問題。私も、MAUーさんのご意見に同感です。
    ‘ズル賢さ’と‘姑息さ’、‘他国へのたかり’の国民性を持つ韓国には、国際的な大きな大会を開く資格がないと思います。
    ‘平昌オリンピック’は、返上すべきですね。