タイ首相が強調、「汚職一掃は、タイの最重要課題」

昨日のブログに引き続き、現在、もう一つの大きな政治課題であり、タイ社会で以前から問題となってる‘汚職蔓延社会’についての、書き込みです。(9月7日付けの“バンコク週報’”からの記事転載です。)

 

《首相が強調、「汚職一掃はタイの最重要課題。

 プラヨット首相は、9月6日、バンコク都内で開催された「2014全国腐

 敗撲滅デーフォーラム」で、「汚職蔓延と戦うことは、政府の国家改革戦

 略における重要課題」と述べて、汚職撲滅の必要性と、関係当局が、

 汚職撲滅の為に全力を挙げていることを強調した。

 

 この討論会「2014全国腐敗撲滅デー・フォーラム」は、汚職問題に取

 り組んでいるNGO「タイ反汚職機関(ACT)が開催したもので、官民の

 関係団体などから、1500人以上が出席した。

 

 公私混同や順法精神の希薄さなどから、汚職が蔓延っていることは、

 以前から指摘されている問題。

 これまでの政府も汚職一掃の重要性を訴えて対策を講じてきたが、

 なかなか成果があがっていないのが現状だ。

 

 このような状況についてプラヨット首相は、「タイでは汚職が社会の深部

 まで根を下ろしてしまってる。

 問題は深刻化しており、社会の不和や不平等を悪化させている。

 そのせいで、タイが好機を失ったことは数知れない。

 外国人投資家は、不信感を抱き、新規の投資を行わない。

 タイ政府も企業も信頼されなくなってきている。

 国民全員のものであるはずの国家資産・資源は、一握りの者たちに

 独占されている。

 この為、汚職問題の解決は、最も重要な課題であり、関係者すべてが

 協力して汚職を根絶することが不可欠」と述べている。》 以上。

 

タイのこの‘汚職(ワイロ)政治一掃’は、‘麻薬蔓延社会の撲滅’と並んで、

私も、タイを公明正大、且つ、公平な社会へと導く最重要課題だと思います。

タイ政府により、未だ、その改革への具体的な政策は、どのようになるのか判りませんが‥現政府に‘汚職一掃’、‘麻薬・覚醒剤撲滅’の‘実現’を期待したいですね。

 

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    メンカーム (火曜日, 09 9月 2014 04:13)

    タクシン首相を追い出した
    最初のデモが盛り上がった
    理由の一つは
    公務員の副業禁止だと
    思います。
    昔から汚職が蔓延っているので
    汚職一掃は公務員の収入減に
    直結し
    またデモになるのでしょう。
    もちろんそれらしい
    別の理由をつけて。

  • #2

    NAO (火曜日, 09 9月 2014 04:44)

    メンカームさん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    ‘汚職一掃’は、公務員の副業禁止には、直結するとは思いませんね。
    この汚職一掃とは、官公庁幹部が絡む、特に、公共工事に於ける‘贈収賄’を止めさせる、又、高級公務員の役得的(特に人事面)な‘贈収賄’を止めさせる狙いがあるのでは?と思います。

  • #3

    メンカーム (火曜日, 09 9月 2014 05:36)

    公務員の副業の多くは
    当然本業に関連し、役得を利用して商売しているのです。
    だから汚職を一掃し役得を止めれば
    とうぜん副業は成り立たなくなるのです。
    例え正しくない物でも
    既得権益を失えば必ず不満がありますから
    軍事政権は付け入る隙を与えないよう
    気をつけなければなりません。

  • #4

    NAO (火曜日, 09 9月 2014 05:43)

    メンカームさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    メンカームさんのお考え、御意見、了解しました。

  • #5

    JOSAN (火曜日, 09 9月 2014 06:00)

    汚職と言えばタイ警察、給料が安いので汚職に走ると良く言います、18~35歳で警察官の採用試験に受かるっても、当初は誰でもタイの最低賃金の、1日300バーツでの給料計算らしいです。
    此れでは警察官も汚職に走りますよね、もっと正常な給料体系を見直さなければ、汚職は無くなりませんね。
    それと高級公務員の給料が、民間に対して異常に高いのも問題だそうで、高級公務員に利権が集中してしまうのも、汚職の温床らしいですね。

  • #6

    NAO (火曜日, 09 9月 2014 11:15)

    JOSANさん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    公務員(警察官も含めて)の汚職を減らすには、要は、公務員制度(給与体系など)の大改革が必要だということですね。
    今度の軍政府に、この‘大改革’できますかね?
    やってもらいたいですが‥。