タイへのビザなし入国が、最長60日、滞在可能になったそうです。

5月8日以来、タイへのノービザ入国(特にビザラン=繰り返しの出入国者)への規制が厳しくなっているようですが、ここへ来て、新たなノービザに対するルールが、タイ軍事政権から発表されました。

8月29日付けの“newsclip.be”誌から、その詳細を記してみますね。


《タイへのビザなし入国、最長60日滞在可能に。

 タイ軍事政権は8月29日から、ビザ(査証)なしで、タイに30日間の

 滞在が認められている日本・米国など49カ国・地域の国民に対し、

 ビザなしでの滞在の30日間延長を認める。

 ビザなしでの滞在は、最長60日間となる。


 申請料は1900バーツで、手続きはタイ国内の警察庁入国管理窓口

 (バンコクでは、ラクシー区、ジェーンワタナ通りの総合庁舎窓口など

  の3ヶ所)で可能。


 タイは、5月の戒厳令発令、クーデターなどで外国人観光客が減少し

 1~7月の外国人入国者数は、前年同期比10,5%減の1362,7

 万人だった。

 軍政は、中国人・台湾人に対し、旅行ビザ申請料(1000バ-ツ)を

 8月~10月の3ヶ月間無料にするなど、観光客の呼び戻しに力を入れ

 ている。》 以上。


‘ビザなし滞在、最長60日間’は、まともな訪タイ観光客にとっては、朗報

だと思いますね。

唯、今まで、‘長期間にわたり、繰り返し出入国をしてる、所謂、ビザラン

常習者’に対するビザルール(規制)は、どうなるんですかね?

私、そっちの方が気になりますね。

コメントをお書きください

コメント: 14
  • #1

    JOSAN (土曜日, 30 8月 2014 12:24)

    タイの軍政も前年度対比で7月が、外国人観光客が20%も減れば、観光業者から不満が出たのでしょう。
    矢張り軍部のクーデターが外国人観光客には脅威だったのでしょうね。
    ビザの件でも在住外国人が大勢タイを嫌い、ベトナムやカンボジアに逃げたので、アパートやホテルがガラガラだそうです。
    ビザの件はまた元に戻るのではないですか。

  • #2

    NAO (日曜日, 31 8月 2014 03:12)

    JOSANさん。毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    観光客の減少で、今回のビザ規制緩和になったことは判ります。
    でも、観光客でない(タイ長期滞在者)、ノービザで繰り返し出入国するビザラン外国人の方は、取り締まりして欲しいですね。

  • #3

    MAC (日曜日, 31 8月 2014 07:32)

    >‘ビザなし滞在、最長60日間’は、まともな訪タイ観光客にとっては、朗報だと思いますね。

    60日間も観光する「まともな」観光客なんていますかね?
    ほとんど対象者はイないような気がします。
    中国系、インド系、ロシア系など大半が10日以内の短期旅行でしょう。
    <ノービザで30日滞在後+延長して更に30日滞在>が認められるのは、1回だけではないでしょうか?
    次回からは観光ビザを取るように指導されるのでは?

    >今まで、‘長期間にわたり、繰り返し出入国をしてる、所謂、ビザラン常習者’に対するビザルール(規制)は、どうなるんですかね?

    上記の通り、延長は1回しか認められないようですから、従来のビザラン長期滞在者には関係無いようです。

    従って、従来からのビザラン者は、滞在目的に合致したビザを取得しないとタイ滞在は不可能になりますね。
    7月以降、ビエンチャンのタイ大使館には毎日1000人前後の観光ビザ申請者が殺到してるようです。
    しかし、観光ビザで60日、延長して30日、合計90日滞在した後は、観光ビザは発給されないようですから、従来、数万人いたと推測されるビザラン長期滞在者は行き場を失いますね。
    ただし、英語教師などのビザラン滞在者は救済される(ビザラン規制から除外)という情報がありますが、どうなりますか?

  • #4

    JOSAN (日曜日, 31 8月 2014 09:05)

    私が考えるには今回のビザラン問題は、ビザ無しで就労して居る韓国人やロシア人向けの対策で、就労目的で無い外国人には、観光ビザを取れば3~4回まではビザランを許した方が懸命だと思います。
    この際就労目的で無い外国人在住者は、タイにお金を落とすだけで、タイの経済を助けて居るので、もっと大目に見るべきだと思います。
    何故なら外国に働きに行って居る何万人ものタイ人は、観光客では無く、オーバーステイの不法就労者なのですから、タイ政府が偉そうな事は言えないと、思いますので。

  • #5

    NAO (日曜日, 31 8月 2014 09:41)

    MACさん。初めて?のコメント投稿、ありがとうございます。
    MACさんの、今回の、タイ政府による「新たな‘ビザ措置(ノービザ滞在最長60日’」又、「観光ビザでの新ルール」に対する分析、レクチャー。よく判りました。
    ありがとうございます。

  • #6

    NAO (日曜日, 31 8月 2014 10:06)

    JOSANさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    私が、おかしいと思っていたのは、ノービザで繰り返しの出入国をし、数年に渡りタイに長期滞在をするビザラン者の存在です。彼らは、観光ビザを取ることも出来ないんです(もう既にその資格を失っているヒトもケッコウいると思います。)。
    今回の新ビザルール。ノービザのヒトに対するタイのビザルールは、今まで緩すぎると思っていました
    ので、今回の(ルールが明確になった)規制は、良いことだと思っています。

  • #7

    JOSAN (日曜日, 31 8月 2014 10:58)

    私には何故ノービザで出入国を繰り返す、外国人在住者が悪いのか判りません教えて下さい。
    彼らが不法就労でもすれば別ですが、ただ単に酒を飲みタイに住み、遊んでタイにお金を落とすだけの外国人滞在者が、合法の範囲内でのノービザ滞在(30日)を繰り返すのが、駄目だと言われるのは、良く理解できません。
    彼らも確実にタイの経済を支えている、人達だと思うのですが何処が駄目なんですか?、彼らがタイを去ればタイの経済も、かなりダメージを受けますよ。
    どうしてもタイ政府は高いビザ代が、欲しくてしょうがないのでしょうか?。(笑)

  • #8

    MAC (日曜日, 31 8月 2014 11:29)

    ノービザでビザランを繰り返してタイに数年間(?)長期滞在している外国人が数万人(?)いるようですが、何故好ましくないのか?

    タイ当局の考えは、そのような長期滞在者はあまりお金を使わず、タイ経済に貢献しないので、不要になった、ということでしょう。

    タイ経済が発展途上国であった時代は、あまりカネを使わなくても、タイの庶民から見れば、外国人は数倍の消費能力が合ったかもしれませんが、バンコクの1人当たりGDPが13,000$と中進国レベルになった現在は、貧乏長期滞在外国人はタイの中産階層以下の消費能力しかなくなり、付加価値税以外の税金を納める資金能力がない外国人はタイ国にとってお荷物になってきた、ということでしょう。

    貧乏外国人がいなくなっても、タイ経済にはダメージはなく、逆に都合がいいということです。

    タイのリタイアメントビザ取得には80万Bの預金が必要ですが、この80万Bというのは、1年間にタイ国内で消費してほしいという金額です。
    80万B÷12か月=6,7万B 21万円
    要するに、外国人は毎月21万円以上の金をタイで使ってくれ、ということです。
    21万円も使ってくれない外国人は、もうタイ国には不要ですから、どうぞ、自国へ帰って下さい、というのが中進国になったタイ王国の方針なのです。

    もう何年か経つと、80万Bが150万B(?)に値上がりする可能性も出てくるでしょうね。

  • #9

    NAO (日曜日, 31 8月 2014 12:47)

    JOSANさん。再々度のコメント投稿、ありがとうございます。
    ノービザ繰り返し出入国の人達は、不法就労をしがちであること、又、余り、タイでお金を落とさず、タイ経済に寄与してない人達なんじゃないでしょうか?
    もっとも、JOSANさんの仰る通り、タイ政府は、高いビザ手数料が欲しいのかも知れませんね。
    (笑)

  • #10

    NAO (日曜日, 31 8月 2014 13:02)

    MACさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    MACさんの仰る通り、タイ政府は、外国人には、
    タイ国内で、1年間で80万バーツくらいは、お金を遣って欲しいと考えていると思います。
    (私も以前から、そう思ってました。)
    でも、数年先?に「リタイアメントビザ取得・80万Bが、150万Bになるかも?」。コレだけは、
    絶対に避けてもらいたいです。
    MACさん、あんまり驚かせないでくださいよ。
    お願いします。

  • #11

    JOSAN (日曜日, 31 8月 2014 14:53)

    MACさん貴方が何処の国にお住まいか知りませんが、タイはまだまだ後進国で2013年のGDPの世界ランキングでも93位の国で,IMFによる2014年4月時点のGDP推計で、タイの国民1人のGDPは181,403バーツの国ですよ.。
    タイが中進国レベルなんて笑わせ無いで下さい、何故中進国のタイが、漸く1日の最低賃金が300バーツ(1000円)に上がったんですか?。
    政府が出すバンコクだけの数字では、タイの国全体の経済は語られませんよ。


  • #12

    VISA Checker (日曜日, 31 8月 2014 16:47)

    JOSAN氏,中進国の定義をご存知でしょうか?
    中進国とは個民所得が低所得国である後発途上国よりも多い中所得国の総称。
    世界銀行の基準では、年間の1人当たり国民総所得が996USドルに達した時点で「低所得国」から「中進国」の中で所得の低い「低中所得国」となる。
    タイの年間の1人当たり国民総所得が約6,000USドル前後です,
    日本のODAも,年間の1人当たり国民総所得3,000USドルを超えると配分する基準が著しく厳しくなる.
    タイは,表面上は立派な中進国です.ASEAN諸国では,優等生です.
    ただ,プチブル(中産階級)が極端に少なすぎる.
    MACさんの意見に同感です.
    要するに,タイ政府は沈没組,外ごもり組,年金難民を排除するためでしょう.
    近い将来,リタイアメントビザ,婚姻ビザのハードルを上げてくるでしょう.リタイアメントビザの条件が100万バーツなる可能性は,十分に有りうると思います.
    当初,リタイアメントビザは50万バーツでした.そして,婚姻ビザは,20万バーツでした.

  • #13

    メンモン (日曜日, 31 8月 2014 18:56)

    VISA Checker &MACさん、国民所得が6000バーツも無い貧乏なタイが、外国人を追い出して立ち行くのですか。
    沈没組,外ごもり組,年金難民、上等じゃないですかタイの金持ち官僚が、国内に金も自国の産業も無いのに、見栄を張る為だけの酷い愚策です。
    政府が外国人を排除するならば、タイに進出している外国企業を排除してからにしたらどうですか、国内に大した企業も無く外資に頼っている、タイの役人は何を考えているのか不思議な国です。
    そして去年の7月から日本に、15日間のビザ免除で観光で来て、そのまま惚けてオーバーステイして居る、3000人以上の不良タイ人達の事は、タイ政府はどの様に考えているのですかね。

  • #14

    NAO (月曜日, 01 9月 2014 04:01)

    Visa Checkerさん&メンモンさんに、お願いがあります。
    本ブログは、掲示板ではありませんので、‘タイビザ’や‘タイは中進国?’などの議論をする場ではありません。
    以後、これに関連したコメントは、遠慮していただきたいのです。お願い致します。