タイ人には‘地図が読めるヒト’が少ないのでは?

私、何処へ行くのにも、よく‘サムロー’

(左の写真)や`ソンテオ’(小型バス?)

を利用します。

‘ソンテオ’料金は、全線10バーツと格安。

‘サムロー’料金は、交渉制で、日中は50バーツ前後、夜は100バーツ以上 もします。(日本人ですのでフッ掛けられるんですよ。)

 

この‘ソンテオ’や‘サムロー’で初めての場所(‘お店’や‘友人の家')へ行く場合、非常に困ることが、あるんです。

お店の名前も判らず、地区名、通りの名称も判らない場合。

又、友人の家も(行ったことはありますが)、住所、近くの通りの名称も判らない場合、「どうやって行ったら良いのか?」、「‘サムロー’で行くにしても運ちゃんにどう行き先を伝えたら良いのか?」判らないんです。


私、‘ソンテオの路線網’は、大体、判りますが、‘ソンテオ’が走ってない処へ行く場合は、‘地図’を片手に‘サムロー’を利用します。

この‘サムロー’が曲者なんです。

乗る前に、運ちゃんに‘地図’を見せ、「此処へ行きたい」と説明。

運ちゃんは、直ぐ「判った。そこまで〇〇バーツだ」と言います。

ところが、運ちゃんは地図が、殆ど、読めないばかりか、英語で書かれた

地区名、道路名さえも読めないんです。

私、そんな運ちゃんの‘サムロー’に乗り、2回ほど、とんでもない方面に連れられて行かれた経験があるんです。

酷い時は、20分くらいのところなのに、着くのに1時間も掛かったことも あります。疲れました。                 

私が、よく利用する‘ソンテオ’です。

よく乗るのは、44番、6番、2番、15番あたりです。

この‘ソンテオ’、営業時間が、夕方6時半頃までです。

酒飲みの私にとって、せめて、夜9時頃までは営業してもらいたい

                        んですけど‥ね。無理ですね。

クルマの運転ができれば、こんな経験をしなくても住むんですが、私、元来、出不精で、余り、行きたいところも無いんです。

それにしても、‘サムローの運ちゃん達’は、地図が読めないヒトが多いです。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    JOSAN (木曜日, 21 8月 2014 12:05)

    我が家も4年前にチェンマイに、車で出掛けた事が有りましたが、ナビが嫁でタイの地図が読めず、何回も肝心な所で逆に行き、50km位遠回りをしました。
    日本人の間ではタイ人は地図が読めないと、良く言われますが本当の様ですね!。(笑)

  • #2

    NAO (木曜日, 21 8月 2014 12:33)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    タイの人々は、地図が読めないばかりか、名刺に書いてある住所(簡単な地図付き)を見ても、それが何処だか判らない人も多いです。
    昔、バンコクで、それが基で、エライめに遭ったことがあるんです。(目的地は、川を挟んだ向かい側にありました。)直ぐ近くだったのに、それさえも判らないんです。

  • #3

    メンカーム (木曜日, 21 8月 2014 15:25)

    地図以前に字が読めない人も多いです。
    免許はどうやって取ったのか不思議ですが、
    タイならではの方法ですね。(笑)

  • #4

    NAO (木曜日, 21 8月 2014 15:36)

    メンカームさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    そうなんですよね。英語は勿論、タイ語(文字)も読めない人もいるんですよね。
    クルマの免許、タイならではの方法で、取ったでしょうね。私もそう思います。(笑)

  • #5

    MAU- (土曜日, 23 8月 2014 11:46)

    なるほど!地図を読めない人が多いのですね。
    だから路線図(あるかもしれないけど見たことがありません)がないんですね。ソンテウを見てもどこに行くのかさっぱりわかりません。皆自分が利用する路線のソンテウしか知らないみたいですね。運転手が地図が読めないから統括して路線図を作る人もいないのでしょう。皆、建物や風景で覚えているのもかもしれません。
    しかし商売が成り立ってること自体が不思議ですね。
    やはりマイペンライの精神でしよう。

  • #6

    NAO (土曜日, 23 8月 2014 12:57)

    MAUーさん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    ホント、初めて行くような処に行く場合は、困ってしまいます。運ちゃんに場所の名称を言っても、判らない(タイの地名、場所(店)名は通称名が多い所為)、地図で示しても判らない始末。
    しょうがないですね。