ウドンタニーの空に、大きな‘虹’が広がりました。

ウドンの空に、大きく広がった‘虹’。久しぶりに見ることができました。
ウドンの空に、大きく広がった‘虹’。久しぶりに見ることができました。

〈ウドンタニーでの出来事〉

 

ここ一月半ほどは、雨模様の日がたいへん多く、又、雨が降らなくても雲の立ち込める日が続いています。

雨降りの日は気温が上がらず、比較的、涼しいので、良いですね。(ちょっとは蒸しますけど‥)

昨夕、早めの夕食を食べていて、何気なく空を見ると、「オッ、‘虹’だ~!」。大きな弧を描いて、‘虹’が出てるではありませんか。

早速、デジカメで撮りました。

余りに弧が大きいので、‘虹’の半分くらいしか撮れませんでしたけどね。

 

それにしても、今年の‘雨季’は、例年以上に雨降りの日が多いです。それも、連日です。

私がタイに来て以来、こんな雨の多い‘雨季’を経験したことはありません。

ウドンタニー県は、比較的、高地に位置していますので、他県(タイ中部、南部)に比べて、‘洪水’の心配はありません。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    HIDE (火曜日, 12 8月 2014 04:15)

    >洪水の心配はありません。

    うーん。そうも言い切れないのです。

    十数年前、豪雨で水源地の池が満杯になり放水した。
    この水がウドン市内の小河川で溢れ、市内中心部が1mくらいの洪水状態になった。
    この時私は一時帰国のためノンカイ発の夜行列車を予約。ノンカイ駅では「列車はウドンの手前でストップしている。そこまでバスで送る」と言われバスでウドンへ。市内には入れず、東側外周道路経由でウドン駅からバンコク寄り3駅目?でようやく乗車しました。

    イサーンは台地ですが、大雨が降り排水ができなければ洪水になります。

  • #2

    NAO (火曜日, 12 8月 2014 04:58)

    HIDEさん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    10数年前の、‘ウドン街中の洪水’、私も知ってます。
    洪水直後の復旧工事現場を見たことがあるんです。
    その後、ウドン街中を取り囲む外環道路の外側に、排水用の運河が敷設されました。
    その後、ウドンでは、‘洪水’被害は、全く、見られません。

  • #3

    JOSAN (水曜日, 13 8月 2014 04:30)

    私はウドン在住8年に成りますが、郊外の村で1度だけ30cm位道に水が溢れ、田んぼの稲が水没しましたが
    それも2日で引きました。
    逆に水不足で田植えが出来ず、難儀した年は3回有りました、ウドンは水さえ豊富ならば稲作農家も、2毛作も出来るのに残念ですね。

  • #4

    NAO (水曜日, 13 8月 2014 05:20)

    JOSANさん。いつもいつも、コメント投稿ありがとうございます。
    そうですね。最近、ウドンでは、排水設備が完備?したせいか、大雨による‘洪水’被害が、全くありませんね。
    逆に、雨が降らない為に、米作(田植え)に支障をきたしたり、水不足になったりする年があったりで‥まあ、自然を相手にする農家、農民の人々はたいへんですね。