2014年

7月

22日

‘年金無給者’に朗報です。‘公的年金制度’が改正されました。

〈その他〉

 

“政府広報”からの、年金に関する情報です。それに依ると、

‘平成26年4月から年金機能強化法(年金制度改正)が施行、

未来の安心を支える為、‘公的年金’の制度が改正’されました。

 

年金機能強化法の主要項目は、次の通りです。(青字が重要

(1)基礎年金の国庫負担の割合2分の1を恒久化。

  平成16年改正で導入された財政の枠組みを完成させる為、

  平成26年4月から消費税財源を用いて、基礎年金給付費の

  国庫負担の割合を2分の1とすることを恒久化。

 

(2)受給資格期間を10年に短縮。

  将来の無年金者の発生を抑え、より多くの人を年金受給に

  結びつける為、受給資格期間を現在の25年から10年に

  短縮。年金加入期間25年未満の年金無給者も10年以上の

  加入期間があれば、年金支給されるようになりました。

  (平成27年10月施行予定)

  《別資料に依れば、現在、無年金である高齢者に対しても、

   改正後の受給資格期間(10年)を満たす場合には、経過措

   置として、施行日以降、納付済み保険料に応じた年金を支

   給する。

   対象となる年金は、老齢基礎年金(国民年金)、老齢厚生年

   金、退職共済年金、寡婦年金、これらの年金に準じる旧法

   老齢年金です。

   (尚、受給開始年齢(60歳~65歳)は、従来通りだと思われ

    ます。)

(3)短期間労働者への厚生年金・健康保険の適用拡大。

  これまで厚生年金・健康保険などの被用者保険のメリットを

  受けられなかった短期間労働者も、一定の条件を満たせば、

  加入可能に(平成28年10月施行)

 

(4)産休期間中の保険料免除。

  次世代育成支援の為、育休中の社会保険料免除に加え、

  平成26年4月から、産休期間中も被保険者・事業者双方の

  社会保険料が免除に。

(5)遺族基礎年金の支給対象を、父子家庭に拡大。

  平成26年4月からは、父子家庭にも遺族基礎年金が支給さ

  れます。(平成26年4月以降に死亡した方の遺族年金が対

  象)。

受給年齢に既に達してる60歳以上の年金無給者(年金加入25年未満)にとっては、改正(2)と改正(5)は、とくに重要で、かなりの朗報ですよね。

 

※ 他にも、障害者・社会的弱者に対する年金給付の仕組み

  などの詳細な変更・改正もありますが、ここでは省略します。

  その詳細を知りたい方は、“政府広報オンライン”

  URL:gov-online.go,jp/useful/article/201407/l.html

     をご覧ください。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    MAU- (火曜日, 22 7月 2014 15:03)

    私は年金受給は来年からですがNAOさんはタイへロングステイした後に受給されたでしょうか、それとも日本で受給してその後にロングステイされたのでしょうか?こちらに来てからであれば先に年金事務所へ住所変更届等をだしたのでしょうか?出さなければ通知がきませんよね。通知書がなければ手続きが面倒でしょうか?直接日本へ電話して聞けばよいのですが、ご存知であれば教えてください。お願いします。

  • #2

    HIDE (水曜日, 23 7月 2014 02:58)

    >かなりの朗報

    ほんとですね。

    年金は最後の命綱ですからね。

    共通の知人=Wさんにも教えてあげたいものです。

  • #3

    NAO (水曜日, 23 7月 2014 03:39)

    MAUーさん。いつもいつもコメント投稿、ありがとうございました。
    私の‘年金受給手続き’は、(ログステイ後)タイから日本へ遊びに行った時に、管轄の年金事務所へ行ってやりました。(手続きには、タイでの妻の年収を証明する書類。タイの住所、年金振込銀行・口座番号のを受給申請書に書かねばならなかったからです。
    ですから、住所変更届は、出していません。
    受給申請書に〈住所記載欄があるんです〉。

    住所変更の‘通知書’は、不要です。
    私の場合、タイに住所を移す時、区役所へ行き、タイへの‘転出届け’を出しただけです。
    他に何か判らないことがあるならば、本ブログの‘連絡先’まで、メールを送信してください。
    私の知ってることは、何でも、お教えします。

  • #4

    NAO (水曜日, 23 7月 2014 03:46)

    HIDEさん。又もやのコメント投稿、ありがとうございます。
    本当に、年金無給者(年金加入25年未満の人)にとっては、素晴らしい朗報です。
    私、早速、該当するTさんに、お知らせしときました。