タイ軍事政権による‘タクシン派’の粛清が、急ピッチに進められています。

〈タイ情報〉

 

タイ軍事政権による‘タクシン派の粛清’が、急ピッチにすすめられています。

6月29日付けのタイニュースサイト“newsclip be.”が、そのニュースを伝えています。

そのあらましを転載しますね。

 

《タイ国営企業で、会長・取締役大量辞任、タクシン派粛清で。

タイ軍事政権は、警察高官、県知事らに続き、国営企業でもタクシン元首相派の粛清を進めている。

 

空港運営会社エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)では、タクシン政権で報道官を務めたシター会長ら取締役5人が。

タイ国際航空では、タクシン派のアドゥン前警察長官ら取締役4人が辞任した。

この他に辞任したのは、港湾公社(PAT)のカムロンウィット会長

(前バンコク首都警察司令官)、タイ国鉄(SPT)のブンソム会長

(チュラロンコン大学工学部長、タイ電話公社(MRTA)のラチャニー会長、国営石油会社(PTT)のバーブリー会長と取締役2人、

政府宝くじ局のアタクリット会長(警察少将)、タイ発電公社(EGAT)のアンチャリー会長、クルンタイ銀行(KTB)のウォラウィット会長と取締役4人、倉庫公社のバイロット会長、政府住宅

銀行のアートバトラー取締役など。

 

国営企業の取締ポストは、軍・警察高官、官僚、政治家らが、多額の副収入を得られる為、政権交代に伴い、頻繁に入れ替えが起こる。

ただ今回は、軍政がタクシン派の影響力排除を目指していることから、異例の大量辞任となった模様だ。》 以上。

 

このタイの主要な国営企業(国策企業)の会長・取締役の大量辞任(させられたんですね)。タクシン派排除とはいえ、驚きましたね。

当に‘魔女狩り’の様相です。

記事下段にある「国営企業の取締ポストは~‘多額の副収入’が得られる」とは、紛れも無く‘多額のワイロ’のことですね。

それを推進したのが、タクシンの‘ワイロ蔓延政治’。

今回の軍部によるタクシン派の粛清により、より公正なタイ社会になってもらいたいですね。

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    メンカーム (月曜日, 30 6月 2014 07:27)

    ウドンの警察トップも
    サコンナコン出身者に
    替わったばかりでしたが
    クーデター後に南部出身者へ
    再度替えられたそうです。
    ウドン県知事はそのままですね。
    賄賂はタイを含めた
    アジアの文化だと思うのですが
    さてどこまで排除できるか。

  • #2

    MAU- (月曜日, 30 6月 2014 09:34)

    末端の、いち警察官が平気で罰金のかわりに賄賂を要求するのが当たり前になっているので地位が高ければ高いほど額も頻度も多くなるでしょうね。この賄賂の習慣はどこの国でもあるでしょうが、特にひどいのは中国人でアジアに賄賂の風習を広めたのも華僑です。中国共産党も賄賂で成り立っているのでしょう。排除しようとしたら役人が誰もいなくなって国が崩壊するかもしれません。確かタクシンも中国系ですね。

  • #3

    NAO (月曜日, 30 6月 2014 12:20)

    メンカームさん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    「ワイロは、タイを含めたアジアの文化」。確かにそうですが、‘悪しき文化です’。
    タイの場合、下層社会から上層社会に到るまで、全て、ワイロまみれになってることが問題です。
    ですから、今回のタクシン派の大粛清、排除が、何処までやれるか、私も注目しています。

  • #4

    NAO (月曜日, 30 6月 2014 12:31)

    MAUーさん。本当に度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですか。「ワイロの風習を広めたのは中国人」。やっぱり。
    タクシンも中国の‘客家’出身です。
    タイ社会を‘ワイロまみれにした張本人’は、タクシンです。選挙時の票買収システムを作ったのも、タクシンです。
    ですから、今回の軍政府によるタクシン派の大粛清には、私、全面的に賛成です。

  • #5

    JOSAN (月曜日, 30 6月 2014 13:33)

    南米のブラジルなども、警官の半分を刑務所に入れたら
    犯罪が半減すると言われて居ます、其れ位警官が犯罪に加担して居るそうですね!。
    タイも8割位の警官を首にすれば、世の中良くなると思います、この国の警官はマジで腐って居ます、救い様が有りません。

  • #6

    NAO (月曜日, 30 6月 2014 14:48)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    犯罪を取り締まるべく警官が、自ら、犯罪に手を染めるのがタイの国。どうしようもないですね。
    でも、今回の軍事政権の(タクシン派の)警察機構、国営企業幹部の大粛清により、少しでも‘ワイロまみれの政治'からの脱却、‘警察官の犯罪(ワイロ強要、麻薬)’の減少へ繋がって行くと良いと思いますね。