美味しい牛肉を売るお店に、初めて行って来ました。

これが、タイフレンチビーフの店“PON YANG KRAM”です。(写真は、Mさんのブログからお借りしました。悪しからず)
これが、タイフレンチビーフの店“PON YANG KRAM”です。(写真は、Mさんのブログからお借りしました。悪しからず)

〈ウドンタニー街情報〉

 

4日前、以前、ブログ友達であるMさんのブログで教えて頂いた、‘美味しい牛肉’を売ってる店に、初めて行って来ました。

お店の名前は、“PON YANG KRAM”です。

お店は、“セントラルプラザ”の裏通り、‘PRAJACK RD.’を時計台ロータリーの方向に行き、‘ADULYADEJ RD.’の信号手前左側にあります。

この“PON YANG KRAM”は、サコンナコンの牧場で育てられた牛(外国品種)の肉で、‘タイフレンチビーフ’と呼ばれている肉を専門に売っています。

 

私、偶然、その店を通り掛かって、様々な牛肉を見てるうちに、ステーキを食べたくなり、お店の人が出してきた‘サーロインの肉’を見て直ぐ買ってしまいました。1キロちょっと(ステーキ3枚分はあります)で495Bでした。

思っていたより、ずっと安いように思いましたね。

店内の価格表をザットみたところ、牛肉のどの部位も、1キロあたりの価格が、400B台が多かったですね。

 

2日後、肉に塩・胡椒し、ステーキにして食べました。

思ってたほど、肉は柔らかくありませんでしたが、それはそれはジューシーで美味しいステーキでしたね。

“SIZZLAR”で食べるビーフステーキと遜色ありません。

カミさんも息子もペロリと平らげてしまいました。

 

“PON YANG KRAM”を紹介していただいたMさんには、感謝しています。Mさん、“PON YANG KRAM"情報、ありがとうございました。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    メンカーム (土曜日, 28 6月 2014 07:54)

    タイ産の硬い牛肉より
    少し割高ですが
    トップスの冷凍豪州牛が
    キロ1000バーツ以上ですし
    外食も良い値段ですから
    割安かなと思います。
    店頭のパック肉は
    質が落ちますから
    ブロックから切り出して貰うと
    良いのですが
    女性従業員だと
    面倒がってやりませんね。
    サコンナコンの牧場まで行くと
    好きな部位が手に入りますが
    遠いのが難点です。

  • #2

    NAO (土曜日, 28 6月 2014 08:56)

    メンカームさん。早速のコメント投稿、ありがとうございます。
    応対してくれたのは、オジサン(店主?)です。
    私が、トレイに入れられた肉を見てたら、直ぐに、冷蔵庫から部位の違うブロック状の肉を、3塊出して来てくれました。
    私、ステーキにして食べたかったので、すぐ‘サーロイン’を選んだ訳です。
    思ってたよりズーッと安かったし、3回に分けて食べられる量でしたので、すぐ買いました。
    メンカームさんのおかげで、美味しい美味しいステーキを食べることができました。
    本当にありがとうございました。

  • #3

    NITTAYO (日曜日, 29 6月 2014 01:56)

    NAOさん

    いつもブログ更新ご苦労様です。

    この店で薄くスライスして頂き、センタンブラザ地階の日本野菜と残るは新鮮生み立て生玉子が手に入れば基本すき焼材料が入手可能になりますね、
    たまに生玉子かけごはんが食べたくなる時が有ります。

  • #4

    NAO (日曜日, 29 6月 2014 04:07)

    NITTAYOさん。本ブログへのコメント投稿、ありがとうございます。
    そうですね。牛肉はこの店、野菜は、センタン地下の“ロイヤルプロジェクト”、タマゴは‘CPのタマゴ’。これさえ仕入れれば、美味しい‘すきやき’が食べられますね。
    私も、‘タマゴがけ御飯’が大好きです。こちらウドンでは、生で食べられるタマゴが手に入り難く(CP製のならOK?)、余り食べることができないんです。
    ‘生タマゴかけ御飯’。私も偶には、食べたいですね。

  • #5

    MAU- (日曜日, 29 6月 2014 05:39)

    タイの食堂や屋台に行って料理を頼んでも鶏か豚肉ですね。イサーン地方では牛肉を使った料理もあると聞きましたがまだ本格的なイサーン料理は食べたことはありません。最も匂いがきついので、つい避けてしまいます。憶測ですが農耕用で水牛を使うので農作業に使えなくなった牛を食べる習慣からきたのかと勝手に解釈してます。やはり仏教国ですから宗教的な考えからか?(ヒンズー教のように禁じてはいないと思いますが)お釈迦様が布教のときに使ったしもべを普段は食べることはできなかったのかもしれません。今は高いですが収入が増えタイ人がもっと牛肉を食べるようになれば輸入や牧畜が増えるでしょうけど、まだ時間がかかりそうですね。

  • #6

    NAO (日曜日, 29 6月 2014 06:00)

    MAUーさん。又々のコメント投稿、ありがとうございます。
    イサーンの人々は、余り、牛肉を食べませんね。
    その理由は、MAU-さんの仰る通り、宗教上のことからかも知れませんね。
    食べる牛肉は、昔は‘水牛肉’だったようですが、現在は食肉用に育てられた牛の肉です。
    唯、この肉、「硬いのなんの!」とても爺さんの歯では噛み切れません。
    タイ人(イサーン人)の食習慣を変えるのは、難しいことを考えれば、‘牛肉’を習慣的に食べるようになるのは、まだまだ先のように思います。

  • #7

    メンカーム (日曜日, 29 6月 2014 06:21)

    卵はCPが殺菌済みの卵を売ってますね。
    1パック60バーツくらいでした。
    半熟はやりますが、
    まだ生は試してません。

  • #8

    NAO (日曜日, 29 6月 2014 09:21)

    メンカームさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    以前、我慢できずに、タラートで買ったタマゴで、‘タマゴがけ御飯’を食べたことが、あります。
    「お腹を壊しても良いや」ってな気持ちで食べましたが、美味しかったですね~。
    運が良かったのか、お腹が痛くなることもありませんでした。

  • #9

    NITTAYO (月曜日, 30 6月 2014 05:18)

    メンカームさん

    CPの生玉子情報有難う御座います。
    タイでもう食あたりによる入院を2回も経験しておりトラウマ状態ゆえ信頼おける産み立て新鮮玉子が欲しいです、ウドン郊外のタイ妻の実家に鶏を飼って頂き当日分を入手したいけどウドンで養鶏用の鶏が買えるのか判りません。

  • #10

    NAO (月曜日, 30 6月 2014 06:14)

    NITTAYOさん。再度のコメント、ありがとうございます。
    メンカームのコメントを差し置いて、お答えします。
    何も新鮮なタマゴを手に入れるのは、‘養鶏用の鶏’を買わなくても‘普通の鶏(牡と雌-若い方が良い)’を飼えば、できます。
    タイの田舎の農家では、普通にやってますよ。