2014年

4月

25日

今年も‘ソンクラン期間’中に、多くの交通事故死傷者が出てしまいました。

〈タイ情報〉

 

4月19日付けのタイニュースサイト“newsclip.be”誌に、‘ソンクラン(タイ正月)期間中の交通事故死は322人’との記事がありました。

その記事内容を転載しますね。

 

《ソンクラン(タイ正月)期間中の交通事故死は322人。

 チャルポン内相によれば、関係当局が「危険な一週間」として

  交通事故防止に力をいれた、ソンクラン祭(4月13日)を挟んだ  4月11~17日の7日間に、全国で2992件の交通事故が発生 し322人が死亡。3225人が負傷した。

 

 事故件数と負傷者は、昨年同期の2828件、3040人を上回っ

 たが、死者数は昨年同期の323人を1人下回った。

 

 事故原因は、飲酒運転が38,76%と最も多く、次いで速度違

 反が24,47%。事故を起こした車輌はオートバイが79,14%

 と最多で、次いでピックアップトラックが11,39%。

 午後4時~8時の時間帯に最も事故が発生していた。

 

 また。北部チェンマイ県が116件と事故件数が最多で、東北部

 ナコンラチャシマ県が死者数最多で14人となっている。》

 

以上ですが、この‘ソンクラン期間中’の交通事故死傷者の数、

毎年、殆ど変わりませんね。

つくづく、タイ人(特に若者)は、‘命知らずのヒト’が多いと思いますね。

お祭り好き、大騒ぎが大好きなタイ人気質を考えてみれば…、

又、彼らの日頃の故意の交通違反、交通(運転)マナーの悪さから見て、このソンクラン期間中の交通事故死傷者の多さも当然考えられることですね。

交通を取り締まる警察当局も、この時期、違反者が多すぎて、手の施しようがないのでは?と思います。

タイの‘ソンクラン期間中は、’毎年300人以上(若者中心?)の命が失われています。もったいないと言うか、とても、残念に思いますね。

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    JOSAN (水曜日, 23 4月 2014 20:53)

    タイ人のバイクの運転は自分本位で出鱈目です、そして無免許も当たり前で怖いです。
    もつと運転に対する考え方を子供の頃から厳しく教えないと駄目です。
    無免許の小さい子供にバイクを買い与え運転させる親が沢山いる現実が信じられません。
    この様は事が無くならない限りタイの若者はバイクの事故で大勢死に続けます。

  • #2

    NAO (水曜日, 23 4月 2014 22:12)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    JOSANさんの今回のコメント。私、全面的に同感です。
    交通の法律・法規・マナーを無視し、自分勝手にバイクやクルマを運転することしかしないタイの若者達。
    その親も含め、もう、どうしようもないですね。
    タイは、当に交通無法国。永遠に、その汚名を挽回することは出来ないですね。

  • #3

    JOSAN (木曜日, 24 4月 2014 23:41)

    タイも日本の様に交通違反の罰金を高くすれば、もう少し法律を守るのでは無いですか?。

    現行のタイの交通違反の罰金は安過ぎます、罰金が日本の20分の1もしないので、平気で違反を繰り返すのです、日本並みに罰金を高くすれば、必ず違反は減ると思います。

  • #4

    NAO (金曜日, 25 4月 2014 04:52)

    JOSANさん。再度のコメント投稿、ありがとうございます。
    罰金を少なくとも、今の5倍くらいに高くするのも
    有効と思いますが、その上にバイク没収するくらいのことは、考えても良いのでは?
    そのくらいしないと、タイ人の交通違反による事故は、決して減らないと思いますね。

  • #5

    浅草 (土曜日, 26 4月 2014 23:10)

    4年近く前、当時16歳の女の子が無免許で運転中、ドンムアン近くの高速道路でバンに追突、バンは高速道路下に転落し、9人が亡くなった事件がありました。

    控訴裁判所は、一審の禁固2年を支持、但し執行猶予期間を3年から4年に延ばす判決を出しています。
     
    女の子が王族の血を引く家系(父親は退役軍人?)であったこと、事故後にブラックベリー(当時流行っていましたね)でチャットしていたという画像も流出し、世間に非難を浴びていました。
     
    当時未成年だったとしても、無免許運転で9人が亡くなる事故を起こして、禁固2年で執行猶予付きとは軽い判決ですね。

    タイでは、ハイソ・金持ちが死亡事故を起こしても、無罪あるいは軽い刑罰になると言われていますが、この事件も典型的なパターンでしょうか。

    この事故の場合、日本なら最低でも懲役20年でしょうが、 この女子高生は豚箱に入ることなく、まさに、アメージング・タイランドですね。

  • #6

    MK (日曜日, 27 4月 2014 15:04)

    私の遠い親戚が随分前(約40年ぐらい)前に交通事故で亡くなっています。
    交通事故で亡くなった方のご冥福は、祈りたいですが、巻き込まれたくないですね…^_^
    お国柄もでるようですが、交通事故はなくならないのでしょうね…

  • #7

    NAO (水曜日, 30 4月 2014 10:00)

    浅草さん。初めてのブログコメント投稿、ありがとうございます。
    又、今回、インターネット(ケーブル)の故障で、返信コメントが遅れました。スイマセン。

    さて、4年前の‘16歳の少女が起こした交通事故(死者を9人出した)’。あの少女は、王族の家系
    (お金持ちの家?)だったせいか、酷く軽い罪で放免されたことを覚えています。
    タイは、法治国家である(ちょっと疑問)にもかかわらず、王室系、財閥系、社会的に有力な家(政治家など)の息子や娘が起こした罪に対しては、非常に甘い国です。
    全て、お金で解決するような国です。
    この点では、タイは、3流、4流の国ですね。

  • #8

    NAO (水曜日, 30 4月 2014 10:11)

    MKさん。インターネット(ケーブル)故障の為。返信コメントが遅れ、申し訳ありません。
    タイは、交通に関しては、無法国家です。
    タイ人の殆どは、交通違反をナンとも思わないほど交通法規を守りません。
    又、クルマやバイクの運転マナーもなってません。
    ですから、交通事故が多発するんです。
    こういうタイ人がいる限り、交通事故は、減らないし、死傷者も毎年、ほぼ1万人以上でてしまうんです。どうしようもありませんね。