イサーン(タイ東北部)の人々の食事は、開けっぴろげ?

昨日も、カミさんが、近所の人達と、我が家の隣の空き地で、昼食を食べていました。
昨日も、カミさんが、近所の人達と、我が家の隣の空き地で、昼食を食べていました。

〈タイ人の生活・習慣〉

 

私、今はもう慣れちゃっていますけど、初めてタイに来た頃(15年くらい前)、イサーンの人々の食事スタイルには、ビックリしました。

特に、昼食は、屋外(露天も)ですることが、結構多いんです。

家の中は、年がら年中暑いので、外で食事するのは、解るんですが‥。

外での食事スタイルは、2通りあります。

ひとつは、屋外の地べた(又は、ピロティ)にゴザを敷き、胡坐をかいての食事。

もうひとつは、農地を持ってる人々が、そこにある‘サーラー’と呼ぶ小屋で食事をするスタイル(やっぱり、ゴザ、胡坐)です。

(イサーンには、この‘サーラー’での食事スタイルを売り物にしているレストラン?がたくさんあります。)

両スタイルとも外から丸見え。実に、開けっぴろげな食事スタイルです。

気分的には、ピクニック気分とでも言いましょうか。

その食事の最中、通りかかった知人が、その食事に参加することもあるくらいです。こんなこと、日本じゃ考えられませんよね。

 

でも、私、この‘ゴザ、胡坐’の食事スタイルが苦手です。

腰痛持ちですんで、長く座っていられないんです。

この、開けっぴろげな雰囲気での‘美味しい食事’。コレは、やっぱり良いですね。

これが‘サーラー’スタイルのレストラン?です。涼しくて気分は最高ですよ。
これが‘サーラー’スタイルのレストラン?です。涼しくて気分は最高ですよ。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    JOSAN (土曜日, 09 11月 2013 01:58)

    NAOさん私の村では、外に竹で作つた縁台を置き、その上に自家製のゴザを敷き、食事をして居ます。
    勿論近くを知人が通ると、声をかけて食事に誘うのが礼儀です。
    中国では家の外にテーブルを出して、自分達はこんなに良い食事をして居ると、見せびらかし自慢しながら、食べて居るそうです、面白い国ですね。(笑)

  • #2

    NAO (土曜日, 09 11月 2013 03:11)

    JOSANさん。毎度毎度のコメント投稿、ありがとうございます。
    縁台にゴザを敷いての食事。良いですね~!
    私、以前、カミさんの故郷(ノーンブアランプー)に行った時、カミさんのお父さん所有の溜池
    に行き、養殖魚を獲り(獲るのは親戚のお兄さん達)、それをオカズにしての食事を、よくしました。
    これは、屋外での食事というより、ピクニックそのものですけれど‥。