`対タイ外国直接投資申請、1~9月19%減’だそうです。

〈タイ情報〉

 

10月17日付けのタイニュースサイト“newsclip.be”誌によると、

海外からの対タイ外国直接投資申請が、昨年に比べ、かなり、落ち込んでいるようです。以下記事のあらましを紹介します。

 

《対タイ外国直接投資申請、1~9月19%減。

 タイ投資委員会(BOI)が、1~9月に受理した外国直接投資事

 業 の恩典申請は、853件(前年同期1054件)、投資予定額

 は、年同期比19%減の3506.7億バーツだった。

 

 国・地域別では、日本が448件(前年同期586件)、投資予定

 額2113、5億バーツ(前年同期比23%減)と投資予定額全体

 の64%を占めた。

 

 中国から31件、377,1億バーツ(前年同期比267%増)、

 マレーシアからは24件、183,2億バーツ(同33%増)、

 オランダからは、18件、、109,3億バーツ(同48%減)、

 米国からは、44件、81,9億バーツ(同49%減)だった。》

 以上。

 

外国からのタイへの直接投資は、投資件数も投資予定額も、去年に比べて、20%くらい落ち込んでいますね。

経済オンチの私には、投資が減った原因が、何かは判りません。

もしかして、最近のタイの政治(政情不安)・経済の不安定さにその原因があるのでは?と思います。

又、上記の記事を読んで、判ったことは、日本の投資件数・投資予定額とも、投資国全体の60%以上を占めていることです。

やっぱり、日本とタイとは、切っても切れない絆のようなものが、

あるんですね。

でも最近のタイは、政治・経済的に中国との連携を深めているように見えます(中国の今年のタイへの投資が、昨年の2,7倍増)。

これ、ちょっと、タイに住む日本人としては面白くないですね。

コメントをお書きください

コメント: 12
  • #1

    カイ (金曜日, 18 10月 2013 08:47)

    経済に関してはタイバーツ為替レートにしか興味が無い私です(笑)
    進出している企業にとっては治水が大問題のようです。
    タイでは2011年の大洪水以降、水害に対しての保険契約が結べない事が進出している企業にとって大きなリスクになってると新聞に書かれていました。
    リンクありましたので張っておきます。
    http://www.nikkei.com/article/DGXNASGD1500R_S2A920C1MM8000/

  • #2

    NAO (金曜日, 18 10月 2013 20:26)

    カイさん。毎度のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    私もカイさんと同じように、経済に関する最大の関心事は、日・タイ為替レートの動向です。
    この日・タイ為替レートは、アメリカの金融経済状況に大きく影響を受け、又、日本、タイの金融経済状況も微妙に作用します。
    ですから、日頃、米・日・タイの金融経済動向、又、政治状況なども見ておく必要があると思うんです。

  • #3

    Dee (金曜日, 18 10月 2013 22:25)

    日本の投資額が全体の60%以上ということでまだまだタイを重要視して力を入れていることがわかりますね。でもタイに居住している日本人に対してはあまり恩恵がないような気がします。ビザの緩和、役所や公共の日本語表記、TVで日本映画がたまにありますが日本語音声のタイ語表記などがあればよいのですが、、バンコクやチェンマイは便利かもしれません。もっと英語を勉強しておけばよかったと今更ながら後悔しています。
    私も毎日為替レートを見てますがバーツが下がりませんね。昨年初め頃の4000Bぐらいに戻ってほしいです。手持ちの円を両替できず困ってます。

  • #4

    JOSAN (金曜日, 18 10月 2013 23:35)

    日本人観光客や居住者に恩恵が無いのは、タクシン時代からの事で、現在の首相もタクシンの言いなりですので、暫くはこの状態が続くでしょう。
    タクシンは日本嫌いで、中国寄りの政策を好むのでタクシン派の勢力が衰えなければ、いくら日本の投資が増えても日本に対しての、政策の改善は望めませんね。

  • #5

    piro (土曜日, 19 10月 2013 01:00)

    円で換算すると、日本の対タイ投資額は少し下がっただけではないでしょうか
    1万円=4000B→3000Bとすれば、23%減とほぼ一致します
    中国の投資額が増えていることは気になりますが、日本の投資についてはマイペンライだと思います

  • #6

    メンカーム (土曜日, 19 10月 2013 02:20)

    先日バンコクを見てきましたが
    新バンコク中央駅(バンスー)の工事が始まりましたし
    都内と郊外を結ぶ新路線は次々工事が始まります。
    民間の投資も再び動き始めたように感じました。
    個人の負債の影響が消費に出てますが
    タイ人の我慢はそれほど続きません。
    政治が安定していれば
    再び力強い経済成長をするだろうと思います。
    それにしても
    タイバーツが下がって欲しい人が多いようですね。

  • #7

    NAO (土曜日, 19 10月 2013 03:08)

    Deeさん。此処のところの連続コメント投稿、ありがとうございます。
    Deeさんのコメント内容に、全面的に同意します。
    20数年来、タイ社会は、日本からの投資、クルマや家電品の技術移転などの恩恵を得ていながら、又、(タイ社会に多額の経済貢献をしている)長期滞在日本人に対しては、ビザ等にものすごく厳しい制約を設けているんです。
    まあ、日・タイ相互の歴史的・政治的なことから、こういう事になってるので、しょうがないとは思いますが‥。
    私も、ビザ取得上、為替レートが、1万円が3500バーツ以上になって欲しいと、いつも、思っています。

  • #8

    NAO (土曜日, 19 10月 2013)

    JOSANさん。度々のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    JOSANさんの仰る通りですね。極めて中国寄りのタクシン政治が続く限り、日本人は、タイにおいての恩恵は、得られないですね。
    せめて、ビザ取得の緩和くらいやって欲しいんですがね。

  • #9

    NAO (土曜日, 19 10月 2013 03:40)

    piroさん。又のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    日本の国内産業の不振、経済不況などの理由で、ここ20年来、タイへの直接投資が、右上がりに上昇して来ていました。
    今年になって投資額が、20%も下がったのは、何も円安のせいだとは思えません。
    日本企業が、経済成長著しいミャンマーとか、インドネシア?にそのシフトを変えを考えているからではないでしょうか。

  • #10

    NAO (土曜日, 19 10月 2013 04:16)

    メンカームさん。いつもいつも、ブログコメント投稿、ありがとうございます。
    私も、この4月、バンコクへ行きましたが、相変わらずの建築ラッシュとクルマの大渋滞など、景気の停滞は、感じられませんでした。
    タイは、従来から、外国からの投資、技術移転(両方とも日本がメイン)などによって経済的に潤ってきた国です。
    ここへ来ての、海外からの投資減少、又、タイの輸出不振、消費者信頼度数の低下は、タイ経済にとっては懸念材料になるのでは?
    タイバーツが下がるのを望む日本人が多いのは、当然だと思います。
    タイで年金を受け取ってる日本人は、手取りの年金額が、バーツ安になった分だけ増えるからです。
    それと、日本人観光客も、日本円をバーツに両替する場合、より有利になるからです。

  • #11

    MK (日曜日, 20 10月 2013 00:35)

    お邪魔します。個人的に、支那とチョンは、大嫌いで、日本の現.安部政権の支那とチョンに対する対応は、応援しているところです。
    世界中で日本の悪口をいうのは、この両国だけです。
    特にチョンは、100対して0と言わなければ、温情を少しでも見せるものなら付け上がります。
    国家上げての泥棒国家と歴史を捻じ曲げる国と私は思っています。(竹島不法実行支配…問題他…)
    支那は、格差が広がりその内、バブル崩壊に向かうのではないでしょうか?…
    すみません……^_^ NAO さんのブログで、こんな事を語りまして…気を悪くしないでください。
    確かにタイへの支那の投資拡大は、懸念されますが、日泰の友好は不変だと思うひとりです。

  • #12

    NAO (日曜日, 20 10月 2013 06:33)

    MKさん。毎度毎度のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    中国と韓国に対する嫌悪の気持ち。私も、MKさんと全く同じです。
    以前から、この両国の横暴に対する日本政府の対応の拙さには、イライラしてました。
    唯、単に抗議声明を出すだけで、なるべく穏便に済まそうとする日本政府の姿勢は、おかしいと思います。もっと自衛隊を出動させたりの強硬姿勢を示すべきです。
    そうしない限り、この劣悪国家両国は、付け上がるだけです。
    このままでは、尖閣列島も竹島も、ひいては、対馬も‘泥棒国家’と‘歴史を捻じ曲げる国家’のモノになってしまいます。