タイの学校制度は、大体、日本と同じです。

警官に交通整理の指導を受けるガールスカウト(高校生?)。これも授業カリキュラムのひとつです。
警官に交通整理の指導を受けるガールスカウト(高校生?)。これも授業カリキュラムのひとつです。

〈タイ情報〉

 

タイの学校制度は、大体、日本と同じです。

即ち、保育園・幼稚園は、約3年(アヌバーン1~3と呼ばれています)。小学校は、6年(ポー1~6)、中学校前期3年・後期3年(モー1~6)、大学は4年制です。短期大学・専門学校もあり、就学年数は2年です。(勿論、大学院もあります。)

タイの義務教育は、小学校1年から中学校前期の3年までです。

コレは、日本と全く同じですね。

 

タイの学校カリキュラムの中には、日本の学校には無い特徴が、いくつかあるんです。

小学校では‘タイ仏教の学習’があります(中学校以上は不明)。

私、ある葬式で、小学生の男の子が、お経を口ずさんでいるのを

見たことがあるんです。さすが、「タイだな~!」と感心しました。

 

又、中学校では、ボーイスカウト、ガールスカウト授業(学外‐合宿、課内)があります。

(コレも、ガールスカウト姿の中学生・高校生?が、ウドン街中で、警官から交通整理の指導を受けていたのを、見掛けたたことがあります。)

 

高校(中学校後期)になると、タイ全校では、‘軍事教育訓練’の授業が行われます。(生徒全員対象かどうかは判りませんが‥)

この‘軍事訓練授業’を受けて全教程終了すると、(20歳から2年の)兵役が免除されるそうです。

 

以上がタイ学校制度の概略です。

因みに、私、カミさんから、‘アヌバーンシー’(幼稚園4年生)と、時々、呼ばれます。

私、昼飯を食べた後、毎日、必ず昼寝をしたりします。又、タイ語の読み書きは、全然できません。タイ語会話も幼稚園児以下。

これでは、‘アヌバンシー’と呼ばれても、しょうがないですね。

ウチのカミさん、上手いこと言います。

(でも、腹の中では、「ナニ言ってやんでー」って気持ちですが‥。)

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    アッキー (月曜日, 02 9月 2013 07:17)

    NAOさん、こんばんは。
    私もタイ語の読み書き全く出来ません!
    読めたらいいな~書けたらいいな~とは思うんですがやる気が湧いてきません、根っからの面倒臭がりです(^O^)

  • #2

    NAO (月曜日, 02 9月 2013 07:40)

    アッキーさん。毎度のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    私も、「タイ語の読み書きが出来たら良いな。」とは思いますが、根っからの勉強嫌いなんで、タイ語を勉強する気が無いんですよ。
    開き直る訳じゃないですけど、自分の意思が相手に伝わる程度の日常会話さえ出来れば、良いんではないでしょうか。
    勉強ではないんですが、TV番組を見て、出てくる
    タイ人の会話のヒヤリングは、良くしてます。
    結構、聞き取れるようにはなりましたよ。

  • #3

    カイ (火曜日, 03 9月 2013 07:36)

    こんばんは。NAOさん。
    タイではバスやソンテウ等が立派なお寺近くを通ったときに手を合わせてお祈りする若い方々をよく見ましたが学校教育の賜物だったのですね。

    私の場合はタイ人と話すときは英語とタイ語のまぜこぜで話してます。そのときは少しでもタイ語を多く使うようにがんばってます。
    そして文化と習慣を少しずつ覚えていきそれを守っていくようにしてから、みなさんとても親切にしてくれます。例えばお金の支払いの時は絶対右手です。
    ウドンタニでは一生懸命さが伝わったのか、あるタイ人に「今回のウドンタニ滞在たった3日だけなの?2ヶ月くらい滞在してよ」
    とても嬉しかったですね。

  • #4

    NAO (火曜日, 03 9月 2013 08:07)

    カイさん。又のブログコメント投稿、ありがとうございます。
    タイ人の約80%が、タイ仏教の敬虔な信者と言われていますよね。
    ですから、タイの何処へ行ってもお寺があるし、仏教色が満ち溢れています。
    タイで暮らすなら‘郷に入ったら郷に従う’のが楽しく生活する秘訣ですね。
    カイさんは、タイ旅行者でしたが、タイ人との付き合い方を良くご存知。感心しましたね。