私の趣味歴、その②《競馬 篇》

ウドンタニー競馬場の1コマ(パドック)です。友人に頼んで撮って来てもらいました。
ウドンタニー競馬場の1コマ(パドック)です。友人に頼んで撮って来てもらいました。

〈その他〉

 

私が‘競馬’に嵌ったのは、会社勤めをし始めた(24歳)頃でした。

丁度、公営上がりの快速馬“ハイセイコー”が、中央競馬にデビューした頃です。

この“ハイセイコー”。その後の‘競馬ブーム’の先駆けとなった‘馬’で、引退する時には、歌まで創られた超人気馬でしたね。

その頃の私の土・日の日課は、銀座や渋谷にある‘場外馬券売り場’に通うのが常でした。

メインレースしか買わなかったので、それほど、損はしてませんでしたね。

 

その後、本物の‘競馬’が見たくなり、休日の土・日のうち1日は、

府中競馬場、中山競馬場に通いつめたんです。

初めの頃は、競馬場の1階観客席で、レースを見ていましたが、

1階席では、走ってる馬群が全然見えず、又、レース展開も判りません。

それが判ってからは、朝早く競馬場へ行き(整理券を貰う為)、2階の指定席券を手に入れるようにしました。

私が、ダメなのは、競馬場に行くと、その日の全レースに手を出してしまうことです。

競馬場に行ってプラスで帰ってこれるのは、5回のうち1回だけ。

‘オケラ街道’(中山競馬場から西船橋)をよく歩きました。大損をコキましたね。

(因みに、その頃、活躍していた‘馬’は、前述の“ハイセイコー”

、“タケホープ”、4冠馬“トウショウボーイ”、関西馬“テンポイント”

、“クライムカイザー”、“メジロムサシ”、“カブラヤオー”などです。)

 

競馬場通いと平行して、“優駿ホースメンクラブ”が主宰する‘一口馬主’に、会社の同僚と一緒に入会したこともあります(入会金、一口30万円。一月の調教・カイバ料が2万円)。

この‘一口馬主’でも買った馬が全く走らず、大損しました。

又、懲りもせず、社内の‘ペーパー馬主’にも手を出し、これ又、大損をしてしまいました。

(おそらく、トータルで、ウン百万円の損失だと思います。)

この様に、私の‘競馬ギャンブル歴’(競馬にのめり込んだ7年間)は、32歳の時、惨々たる結果で終わりました。

 でも、後悔なんて、全然していませんね。今でも競馬は好きですよ。特に、馬が走る姿が素晴らしくきれいで、大好きです。

 

ウドンタニーにも競馬場がありますが、「タイの競馬は、ドンナンカナ~?」という興味はありますが、余り、行く気はしませんね。

(カミさんが煩いせいもありますけど‥。)

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    アッキー (火曜日, 18 6月 2013 08:19)

    NAOさん、こんばんは。

    私も大好きな馬がいたので数年間競馬を楽しんだ時期があります。
    その名はメジロファントム!
    昭和54年の秋の天皇賞で鼻差2着その競馬を見てからファンになりました。
    ファントムで馬券をとったのは3回54年の有馬記念、55年の秋の天皇賞、57年の目黒記念でした。
    昭和58年の引退後は競馬をしなくなりました。
    何故かと言うとファントムが種馬になれずファントムの子供が走らないと分かったからでした、ファントムは精子の数が極端に少なく種馬に適さなかった為だそうです。
    その点は私と似ているかも(子供いません)( ´∀`)

  • #2

    NAO (火曜日, 18 6月 2013 08:45)

    アッキーさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    アッキーさんの好きだった馬は、メジロファントム。
    私、名前だけは、覚えています。
    私が好きだった馬は、脚質が、‘逃げ’、‘先行’の馬で、“カブラヤオー”とか“ホワイトフォンテン’でした。又、ドンじり強襲型の馬“ドウカンオー”、“コウジョウ”なんてのも好きでしたね。

  • #3

    メンカーム (水曜日, 19 6月 2013 05:48)

    私は名古屋の出張時の休日に同僚に教えてもらって
    山口から益田競馬場へ何度か行きました。
    午前中で帰れば毎回勝ってたのですが
    1日居ると負けてましたね。
    益田だと子連れでも遊べるのんびりした雰囲気が好きでした。

  • #4

    NAO (水曜日, 19 6月 2013 06:54)

    メンカームさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    1日中、競馬場にいると、どうしても全レース、馬券を買ってしまうんですよね。
    10レース中、3レースは的中させなければ、勝てません。コレが難しい。
    私の場合。的中は、大体、5レース中1レース。
    だから、競馬場へ行くと、殆ど、負けて帰るのが常でした。

  • #5

    luk0904 (水曜日, 19 6月 2013 08:01)

    ナオ様 今晩は。♪ありがとう~ありがとう~さらばハイセイコーでしたかね。増沢騎手の美声に驚いた私でした。なつかしいですね。カツラノハイセイコーも応援していました。
    私は11PMで巨泉さんの予想を聞いて買っていたぐらいのオンチだしたから、当った経験は本当にすくないです。(苦笑)

  • #6

    NAO (水曜日, 19 6月 2013 20:56)

    luk0904さん。度々のコメント投稿、ありがとうございます。
    “ハイセイコー”は、私の印象では、‘皐月賞’を獲ったくらいで、後は、大した成績を残していなかったと思います。なのに、どうしてあんなに‘歌ができるほど’人気があったのでしょう?

    大橋巨泉と朝丘雪路の金曜‘11PM’。メチャクチャ懐かしいですね。
    ‘競馬’、‘ボーリング’、‘ゴルフ’、‘釣り’、‘麻雀’と何でもござれ(プロ級)の巨泉には、ちょっと憧れました。