‘タイ(ウドンタニー)の朝は、‘パートンコー’で始まる。’

コレが、‘パートンコー’です。この量で10バーツ、安いです。脇にあるのは‘豆乳’(5バーツ)です。
コレが、‘パートンコー’です。この量で10バーツ、安いです。脇にあるのは‘豆乳’(5バーツ)です。

〈タイ人の生活・習慣〉

 

タイの人々は、朝、起きるのが、とても早いです。

特に、勤め人は早起きで、AM5時頃、起きる人も珍しくありません。

早朝の市場へ行ってみると、出勤前の人々が、朝食を摂ってる光景が見られます。

彼らの定番の朝食は、‘パートンコー’(ドーナッツ?揚げパン?)に‘コーヒー’又は‘豆乳’です。

この‘パートンコー’。単にメリケン粉を練りあげ、薄く延ばし、油で揚げたものなんですが、たいへん美味しいです。

我が家では、この‘パートンコー’にコンデンスミルク、砂糖などをまぶして食べていますが‥。

味は、やっぱり、ドーナツと同じ美味しさですね。

最近のタイ人の朝食は、かなり、洋風化していて、パン食の家庭が増えてきています。その証拠に、大スーパーマーケットやコンビニでは、パンコーナーのスペースが広く採られ、様々なパンが売られています。(日本にあるパン屋さんと何ら変わりません)

 

でも、この‘パートンコー’。タイ人の、昔からの朝食習慣ですんで、地味に行き続けていってるようです。

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    メンカーム (日曜日, 09 6月 2013 10:01)

    私も砂糖をまぶして食べるのが好きですが、朝食とは別のところに収まります。

  • #2

    NAO (日曜日, 09 6月 2013)

    メンカームさん。度々のブログコメント、ありがとうございます。
    そうですね。私も、朝食と言うよりは、‘お菓子’感覚で食べていますね。
    何もつけないで食べても、香ばしくて、結構いけます。

  • #3

    JOSAN (月曜日, 10 6月 2013 09:46)

    このパートンコーは、華僑達が持ち込んだ中国文化です。

    中国本土では、大きな捻りの揚げパンが有名で、お粥に
    付けて食べて居ます。

    タイにも300年前から華僑が持ち込、タイ人も大好き
    ですね~。

  • #4

    NAO (月曜日, 10 6月 2013 20:14)

    JOSANさん。いつも気の効いたブログコメント、ありがとうございます。
    そうですか。‘パートンコー’は、昔、華僑がタイに持ち込んだモノですか。
    そう言えば、タイには、‘カオトム(雑炊)’、‘ジョーク(お粥)など中国から入ってきたと思われる食ベモノが多いですね。